悪魔はそこに居る第20話ネタバレ 詩が記憶喪失?紘はなぜ謝った?

スポンサーリンク
悪魔はそこに居る
suu
suu

悪魔はそこに居る第20話ネタバレと感想考察です!あらすじも含まれますのでネタバレしたくない方はご注意ください!

悪魔はそこに居るはコミックシーモアで読めます!初回無料会員登録で70%オフクーポンが必ずもらえます!ぜひ本編もお楽しみください!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

悪魔はそこに居るを読む

スポンサーリンク

悪魔はそこに居る第20話ネタバレ



住人達が人が落ちたとパニックしています。
ごめん詩、、、のせいで、、、のせいで詩はとされていますが、一見みそのかと思いますが、美園のせいでないとしたら誰のせいなんでしょう?

詩は遠のく記憶の中で嫌な思い出はけしてしまえばいいとやんわり思っているのでした。

病室で目を覚ました詩の目に飛び込んだのは、心配そうに詩に声を掛ける紘。
医師に名前を聞かれフルネームを答えた詩ですが、火災で階段から落ち頭を打った衝撃で半日ほど意識を失っていたんですよね。
今のところ脳に異常はないようですが、精密検査を受けるためそのまま入院となりました。

詩が火災の被害を心配しましたがゴミ置き場が少し燃えただけで詩以外の住人にけがはなくほっとした詩ですが、紘に美園に呼び出されマンションにむかったの?と聞かれますが、詩は記憶がおぼつかず、美園のことは覚えているようですが、特に恨み合っていた印象がなくなっているかのような薄い反応です。
これには紘も不安がマックスになっているようで、火事のショックはそこまでなさそうな詩が敢えて覚えていないふりをしているかと勘繰っています。
そしてまさか詩の方になにかあると思わなかったと言い残し、病室を出た後俺のせいでごめんと自分を責めるのでした。
これには一体どういった意味があるのか??

 

suu
suu

『悪魔はそこに居る第20話ネタバレ』はここまで!気になる続きは電子書籍でお楽しみください!電子書籍のコミックシーモアならスマホで簡単ダウンロード、1分で無料会員登録が完了!読みたい本が読みたいその場ですぐに読めるのが最大のメリットです!!楽しく便利に漫画を楽しめます!

\ 悪魔はそこに居るをお得に読む /
※コミックシーモアは初回無料会員登録で必ず70%オフクーポンがもらえます!

悪魔はそこに居る第20話感想

 

詩が階段から落ちたのは誰のせい?



ごめんー-のせいで、と繰り返された冒頭。これがすごく気になりますね。通常で考えると美園が当てはまりそうなのですが、なぜか美園ではない気がするんです!

美園ってそもそもごめんって何度も言わなそうじゃないですか??笑

この火事や階段から落ちたことが誰かの仕業ということなのか??とにかく詩は頭を打ってけがをしたものの、命に別状もなく無事だったことが何よりでしたが、、。階段から詩が落ちてしまったのは誰かの仕業には思えませんでしたが、誰がここまで詩に謝罪しているのか??

 

詩が美園の記憶を忘れている?

 

意識を取り戻した詩が美園というワードに対し、反応がかなり薄いんですよね!!紘に心配かけまいとわざと忘れたふりをしているというよりは、本当にこのところの美園の本性とケンカをすっかりとわすれているかのような、ぼんやりとした反応。
嫌なことをむしろすっかりと階段から落ちた影響で忘れ去ったかのようなその反応。
詩は紘に心配をかけまいと演技している??それとも事故の後遺症でしょうか??

このところ美園と詩はあまりにも激しい愛憎劇を繰り返していたので、詩はその反動で嫌な記憶をすっかりとどこか脳の片隅に封印してしまったのかもしれませんよね!!

 

俺のせいと言った紘の意図



病室を出た紘のセリフがかなり気になるところではないですか??
ごめんー-のせいでと言っていたのは紘だったんですね!!
しかしこの火事と詩が階段から落ちたのがなぜ紘のせいだったのか??そこに居て守ることができなかったと言う意味なのか、はたまた別の意味があるのか??気になる続きは次話ですね!!

 

suu
suu

ラストシーンは紘が詩の記憶から美園の嫌な記憶がなくなっているのか、詩が演技しているのか分からず何かを焦っているように見えましたが、一体どういうことなのか分からなかったです!裏で紘は美園とつながっているとか??それは考えすぎかと思いましたが、とにかく気になるところで終わってしまいました!!

第19話  ⇔  第21話

\ 悪魔はそこに居るを70%オフでお得に読む /
※コミックシーモアの無料会員登録は簡単4STEP!1分で登録完了、どこでも好きな場所で漫画を楽しめます!
 
当サイトの記事では完全なネタバレはしておらず、感想をメインとし一ファンとして漫画を一緒に楽しむことを目標としております!完全に内容が知りたい方は購入してお読みいただけたらと思います!
タイトルとURLをコピーしました