あなたがしてくれなくても 家に帰ると寝ているみちが何?陽介の広告を解説!

スポンサーリンク
あなたがしてくれなくても



こんにちは!suuです!
よく目にすると思う広告の漫画のシーン。良い感じに気になるところで終わるんですよねぇ。。 
コミック『あなたがしてくれなくても』そんな気になる広告のシーンについて解説したいとおもいます!気になっている方がみえたら是非!

 

「あなたがしてくれなくても」を無料で読むなら、動画配信サービスU-NEXTの利用が特におすすめです!!期間限定で登録するだけで第一巻が無料で読めるんです!!

U-NEXTなら600ポイントがもらえるので、好きな漫画が自由に読めてしまうからです♪そして、漫画だけでなく動画配信も楽しめます!

お試し期間中の31日以内に解約をすれば無料な上、解約後も購入した漫画はそのまま読むことができますよ!!無料トライアルから継続して利用するともらえるポイントが毎月1200円分に増えるだけでなく、最大40%のポイントバックもあります!U-NEXTは継続利用をしたい方にも嬉しい特典が豊富です!!

とりあえずお試しに登録しても絶対損はありません!!!登録も1、2分ですぐできますし、完了と同時にポイントがもらえるのも嬉しいですね♪


 

スポンサーリンク

あなたがしてくれなくても 広告シーン

 

家に帰る前


ではまずはみちが寝ている家に帰る前陽介はどこにいたのでしょうか??帰ってみちの寝顔を確認したくなった気持ちになった理由を解説します!

陽介の広告シーンが出てくるのは、第46話のことなのですが、その前の第45話で実は陽介は一度体の関係を持ってしまった会社の同僚であり先輩の三島と2人で飲みに行ってるんですよね!!
私がみちならそんな相手と再び2人で飲みにいく時点でマジでアウトです!!

2人は一度体の関係を持ってしまったのですが、その後陽介が失礼にも無かったことにしてください、と言いいます。
それだけならまだ、既婚者なので仕方ないかもなんですが、陽介は人に無関心なところがあり知らないうちに無神経に人を傷つけてしまうところがあるんですよね!!

既婚者に心惹かれる三島の体質もいかがなものかと思うのですが、少なからず陽介に好意をもっている三島の気持ちには全く気づいていない無神経さから、関係を持った後も好きな人いないんですか?とか言ってしまうんですよねぇ、、。それで三島の怒りに火がつくのですが、、。

そんなこんなもあり、陽介はみちとの関係に悩みもあったので、自分の無神経さと向き合い改めようと努力します。それで三島にも無神経に傷つけてごめんなさいとあやまったことで、2人は前の様な関係に戻るのでした。

三島に告白される陽介


しかし、第45話では何気に元気のない三島に気づき、気遣った陽介が飲みに行こうと三島を誘います!
その席で、前の不倫相手の妻から2年も前に別れたにも関わらず訴えるための通知が届いたことを伝えるんですね。
これには陽介も驚きますが、三島もこれほどまでに誰かに恨まれ傷つけていた自分を再確認し、幸せになる資格は自分に無いと陽介に言うのでした。

三島は続けて「私吉野くんの奥さんにも訴えられちゃうかも」といいますが、陽介はこれを否定。
自分が全部悪いことだから三島さんには払わせません、と言い切ると同時に、「三島さん、幸せになれないって言ったけど、なれますよ。いい女だし」と励まし部屋を出ようとします。 



まぁ、、あの過ちをおかした陽介からするとかなり成長しましたよねー!!!とは思いますが、その時点の三島には焼け木杭に火ですね。
陽介をいいなぁと思う隠していた気持ち爆発です!!

部屋を出ようとする陽介を後ろから抱きしめて、好きとストレートに告白。


もうこの時点で、私からすると成長してねーな、三島さん。ですよ。
でもそのストレートな告白も陽介は妻以外考えられないと、綺麗にかわし、何をすることもなく部屋を出ます。
この時点では、陽介は成長していると言っていいかと思いました!

 

部屋に帰ると寝ていたみちが??

 


そして、あの広告のシーンになります。

三島の部屋を出て家に向かうまでも、陽介は他人に興味のない自分がどれだけかみちにはこだわっていて、みちしかいないという気持ちを再確認しているんですね。

とにかく自分のそんな薄情な部分も、みちとすごしたことでどれだけか変わり譲り、自分にとってみちが大切な存在であることを痛感しています。

第46話になるとセックスレスに悩んでいたみちも、陽介のことを求めなくなってきているので、それにうっすらと寂しさも覚えてはいると思いますね!!

そして、寝室で1人眠っているみちの寝顔を見ると、ケンカしてもなにをしてもめんどくさがりの自分がみちを思っているか気持ちが昂るんですよね。

そして眠っているみちをぎゅっと抱きしめます。



これは三島とセックスしてしまったり、セックスレスを悩み泣いていたみちにうんざりしていたこほの陽介からしたら信じられない行動でもありますね。もはや気持ちは逆転したと言ってもいいくらいです!!



そういうことで、陽介はみちを愛している気持ちを痛感しているというシーンでした!!

まとめ



広告の家に帰るとのシーンは特に何かがあったというよりは、陽介がみちの大切さをより強く感じている気持ちを再確認していたシーンでした!
このまま2人は丸く収まるといいんですけどね!!

タイトルとURLをコピーしました