大蛇に嫁いだ嫁第14話ネタバレ 大蛇が僧侶を嫌う理由とキヌとの出会い

スポンサーリンク
大蛇に嫁いだ嫁
suu
suu

大蛇に嫁いだ嫁第14話ネタバレと感想です!

大蛇に嫁いだ娘はコミックシーモアで読むのがおススメです!無料会員登録で70%オフクーポンが必ずもらえるのでとってもお得!さらに第一話が無料で読めるのはコミックシーモアだけです!!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り

500年は生きていると言われる山の主の大蛇に供え物としてささげられたミヨと大蛇の暮らしを描きます!紳士的な大蛇の言う、「するのはまたにしよう」という『する』とは何を示すのか!??気になる続きは本編でぜひお楽しみください!!

大蛇に嫁いだ娘をコミックシーモアで読む

スポンサーリンク

大蛇に嫁いだ嫁第14話ネタバレ

 

大蛇を怖がらないキヌとの出会い



それは私の体が黒い時代の記憶。冬眠から目覚めた俺の前にあいつは現れた。
きっとこれが俺にとって最後の春だろう。

梅の花の木に登り昼寝するキヌに、キサマここになんの用だいますぐ出ていけと口を大きく開くと、キヌはスゴイ本物だと思わぬリアクションを取る。
大蛇が俺が怖くないのか?食っちまうぞと言うが、キヌは別にいいよそれに蛇より怖い物なんていくらでもいるしと言う。
キヌがそれにしても梅の良い香りで久しぶりにこんなにゆっくり寝たと言うと、この場所少し私にも分けてと言う。
大蛇がふざけるなと言うが、キヌは減るもんじゃないし明日も来るからと強引に約束しじゃあねと帰っていく。

翌日本当にまた梅の木の上で寝ているキヌを大蛇が池から顔を出しそっと見ているとそれに気づいたキヌが慌てて梅の木から降りようとして転倒しこんにちはと笑うが大蛇は池の中に隠れる。
ちょっと挨拶してるのにつまらないな、お腹空いて仕事も行きたくないとつぶやくと、大蛇が疲れてるなら家に帰れと言うとキヌはにやっと笑い家が安らげる場所とは限らないと言う。
大蛇が親はいないのか?と聞くと、キヌは親は死んで今は寺の住職さんが孤児だった私を拾って面倒をみてくれてるよ、雨風凌げて感謝はしてると言うが、また返答のない大蛇に黒蛇さん?と言う。

suu
suu

いまでは優しい大蛇ですがその昔は初対面でもかなり怖かった様ですよね。ただこの怖がらないキヌとの出会いには何かを感じていたと思います!

人々はまるで大蛇を神の様にあがめていたようですが、蛇が雨を降らすことなんて不可能ですよね!でも人間あるあるですよね、こういうのって。。

大蛇が人間から受けた仕打ち



黒蛇は池の中で昔の出来事を思い出していた。
人々は大蛇に黒蛇さま雨を降らしてください、また来年もよろしくお願いしますと供え物をした。
翌年は雨に恵まれず人々は恐ろしい目つきで雨を降らしてくださいと拝むが、大蛇はそもそも雨を降らせられたのかと疑問に思いだす。
その時一人の僧侶が村を訪れ、大蛇が水を横取りしているというと、村人は旅のお方どうぞ黒蛇を退治してくださいと僧侶をあがめだす。

大蛇の元にやってきた僧侶にすまない大蛇よ、私はもう腰を据えたいのだよと手を伸ばす。
瀕死の大蛇が横たわると大雨が降る。
自分が死ぬから雨が降るのかと思う大蛇だが、僧侶が天気も私に味方してくれた、愛されて憎まれてかわいそうに、この地は安心して私に任せなさいと言うと、大蛇ががあっと襲い掛かろうとしたが僧侶の持つ数珠で何かを唱えられると再びどしゃっと倒れそのまま池の中に姿を消す。
哀れな二度と顔を表すなと言った僧侶に、大蛇は人間なんて大嫌いだ畜生だあの時思い知ったじゃないか、だからたった一人の人間に期待するなとキヌをおもう。

suu
suu

大蛇が死ぬから雨が降るわけではもちろんなく、たんなる偶然です。そしてその偶然が自分に味方してくれたと一番悪いのは僧侶なんですよね。ただ人の何かを信じたい気持ちにうまくつけこんで村を乗っ取ったんですからね。そりゃ大蛇が僧侶をきらいになってもおかしくはありません。

キヌを利用する僧侶



僧侶のおじいさんが赤い顔のキヌにおはようと声をかけ、また仕事に行くのかと言う。
客を取ることを仕事にしているキヌはたった少しのお金しか払わなかった男にこれだけ?と言うが、男はだんまりでつまんねえくせに買ってもらえるだけありがたいと思えと言われる。

梅の木に身を寄せるキヌ。どさっと言う音に大蛇があいつまた木から落ちたのかと池の中から様子を見ると、気にもたれかかり発熱し朦朧としているキヌに声をかける。
キヌを狙う狼たちを見ると、全くと言いながら自分の体でキヌの周りをぐるぐると巻き、これっきりだぞといいながらキヌを守る。

起きたか小娘と言う大蛇に驚くキヌは、起こさないでいてくれて久しぶりにゆっくり眠れたと言う。
家に帰れと言う大蛇に、帰りたくないとぼやき私は子娘じゃなっくてキヌって言う名前だよとほほ笑んだ。

家に帰ったキヌにおじいさんの僧侶が声をかける。
疲れたからもう寝るねと言うと、お休みとほほ笑んだ。

大蛇は今夜は格段に冷えると思い、どうして寂しいなんて知ってしまったのか。蛇は嫌われる宿命。一人生きるものじゃないか。だが知ってしまったら孤独には敵わないとキヌの笑顔を思い出す。

キヌが寝床に入ると、僧侶がやってきて今夜もいいか?キヌといいながらキヌの首筋にキスをする。
老いさき短いものに若い女の命は毒にしかならない。

suu
suu

このじじいの僧侶最悪ですよね。。キヌを引き取ったのはかわいそうだからとかではなく都合よく抱くために育てたってことですか、、。なにが僧侶だって感じですよね。しかもこの僧侶ってもしかして大蛇から村を乗っ取った僧侶が年老いたとかですかね??若いころの顔がはっきりとわかりませんが、これがもし大蛇が僧侶を嫌いな理由ならうなずけますよね!

 

第13話  ⇔  第15話

タイトルとURLをコピーしました