大蛇に嫁いだ娘第4話ネタバレ ミヨと友達八兵衛を救う優しき大蛇

スポンサーリンク
大蛇に嫁いだ嫁
suu
suu

大蛇に嫁いだ娘第4話ネタバレと感想です!

大蛇に嫁いだ娘はコミックシーモアで読むのがおススメです!無料会員登録で70%オフクーポンが必ずもらえるのでとってもお得!さらに第一話が無料で読めるのはコミックシーモアだけです!!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り

500年は生きていると言われる山の主の大蛇に供え物としてささげられたミヨと大蛇の暮らしを描きます!紳士的な大蛇の言う、「するのはまたにしよう」という『する』とは何を示すのか!??気になる続きは本編でぜひお楽しみください!!

大蛇に嫁いだ娘をコミックシーモアで読む

スポンサーリンク

大蛇に嫁いだ娘第4話ネタバレ

 

 

大蛇に不満をためるミヨ



出かけようとするミヨに大蛇が出かけるのかと尋ねると、ミヨが山菜を採りに行ってきますと答える。
私は食後の昼寝をするからきをつけてと声をかけた大蛇に、ミヨはむすっとして山に出かけていく。

ミヨは山菜を採りながら今朝ミヨを押しつぶしながら寝たくせに昼寝なんてと言い、食事の後始末も大変だし火加減にもいちいちうるさいと不満を口にするともう!!と不満を爆発させ、こんなときじいちゃんがいてくれたらと膝を抱える。

私の話聞いてよとつぶやいたミヨの様子を大蛇が見ていた。
ガサガサっとミヨの後ろにタヌキが現れると、ミヨを見ても逃げず額にけがのあるタヌキに私と同じと額の傷を見せて笑う。
タヌキが突然一緒にすんなと言うと、俺は八兵衛と名乗りこの山に80年もいると言う。
ミヨは大蛇以外にも話せる生き物がいるのかと驚くと、長寿の生き物が話すのは当たり前だと言う。
私を見ても逃げなかったのは人慣れしてるからなのねと言うと、ミヨが弱そうだったからだと言うとよくそれで大蛇に嫁いで殺されないなと言う。

suu
suu

完全に口に出した不満を聞かれてしまっていたミヨ。

全くそのことには気づいていませんが、大蛇はミヨの様子がおかしかったことをきにかけており大切にしているのが伝わってきますよね!

人間と蛇との共同生活、きっと身の回りの世話は全てミヨの仕事でしょうし、イライラすることも多いでしょうね!

周りに話せる人がいないことも淋しさが募る原因になるでしょう。

大蛇に助けられたミヨと八兵衛



八兵衛は大蛇は俺達を食う残忍なやつでお前もよくあんなのに嫁いだなと言うと、ミヨは無理やりだったと否定する。
その後ずっとついてくるミヨに八兵衛がついてくるなと怒るも、ミヨは話し相手がおらず嬉しくてついと言う。
逃げようとした八兵衛を捕まえ、少しでイイから話し相手になっててとぎゃあぎゃあいう二人の前にクマが現れ今にも襲い掛かりそうに手をあげる。

腰を抜かした八兵衛をミヨがぎゅっと抱きしめる。
八兵衛がミヨの行動に驚いていると、大蛇が現れクマに思い切りかみついた。
ミヨたちが驚いていると、クマはあっという間に息の根を止められ大蛇はクマを丸飲みしていく。
その様子に八兵衛がとんでもない化け物だどれだけ腹空かせてやがるんだと言うが、ミヨは大蛇は今食後でお腹はいっぱいのハズだと知っていた。

大蛇がそこに居るタヌキはなんだい?と聞くと、八兵衛は食われねえうちにと一目散に逃げる途中でミヨのことを変な奴だと思っていた。
ミヨは大蛇に助けてくれてありがとうございますとお礼を言うと、大蛇はミヨが無事でよかったと言う。

後日
ミヨは八兵衛に何人兄弟なのかと聞くと、自分には弟がいると言って呆れ気味の八兵衛に身の上話をし友達が出来たと思っていた。

suu
suu

大蛇はミヨと八兵衛を助けたんですよね!!八兵衛からしたら腹をすかせた化け物が食事をしてクマを丸飲みにしたといったように見えたのでしょうが食後の大蛇はお腹がいっぱいで、特に自分がお腹が空いているわけでなければ狩りをする必要がないことを知っています。

大蛇はずっとミヨのことをつけ、更に八兵衛がミヨにとっての話し相手であることを知り今後も襲うことはないでしょうね!

それにしてもクマを丸飲みする大蛇圧巻でした笑

 

第3話  ⇔  第5話

タイトルとURLをコピーしました