降り積もれ孤独な死よ第23話感想ネタバレ じゅんにさつきを贈るのは誰?

スポンサーリンク
降り積もれ孤独な死よ
suu
suu

降り積もれ孤独な死よ第23話感想です!あらすじも含まれますのでネタバレしたくない方はご注意ください!

降り積もれ孤独な死よを無料で読むなら【まんが王国】がお得!第一巻が丸ごと無料で全て読めます!!

無料漫画が豊富!【まんが王国】(コミックホーム様専用)

『親愛なる僕へ殺意を込めて』のヒット作で話題の井龍一先生と伊藤翔太先生が描く、待望の新作が話題です!私のこの作品の大ファンで、読めない展開と犯人考察が止まりません!

降り積もれ孤独な死よはすでに【まんが王国】2400件を超えるお気に入り登録されて、ランキング三位を獲得した人気コミックです!!ぜひこの機会にで本編もお楽しみください!!

 

スポンサーリンク

降り積もれ孤独な死よ第23話感想

 

児童養護施設の前に捨てられた男の赤ん坊

後ろから何者かに殴られた蒼佑はその場に倒れる。

蒼佑完全に意識をなくしてしまっていますが大丈夫なんでしょうか、、。

1986年、児童養護施設の前に男の乳児が捨てられているのが施設のスタッフによって見つけられると、服にはJUNEというネームタグがつけられたいた。

1991年5歳になったその男の子はじゅんと名付けられ施設で育っていた。

赤ん坊の時に児童養護施設の前に捨てられたその男の子はすでに5歳になりました。JUNEと書かれていたネームタグを未だ大切そうに持っているのが心痛くなりますよね、、。


じゅんは最初にじゅんを発見したゆみこ先生に、僕はいらない子でお父さんもお母さんも僕が嫌いなのかと聞くと、ゆみこはじゅんを慰め今年もじゅんの誕生日にさつきの花が届けられていたと花を渡す。
さつきの花にはto juneと書かれており、じゅんはいつか親が自分を迎えに来てくれると信じていた。

suu
suu

児童養護施設の前に捨てられた男の子の赤ん坊は無事に育ってはいるものの、ずっと両親がいつか迎えに来てくれると信じている。誕生日に届く真っ赤なさつきの花がその証だと信じて疑っていないようです。さつきの鉢植えを毎年贈るとは珍しい気がしますが、果たして鉢植えの送り主はじゅんの本当の親なんでしょうか??

花の送り主に接触するじゅん

 

1996年10歳の誕生日前日じゅんはじっと外を眺め児童たちの遊びの誘いも断っていた。
女の子がじゅんがスケッチブックに書いたさつきの絵を見て上手というが、じゅんは見るなと女の子を突き飛ばした。

じゅんは毎年贈られてくるさつきの花をきれいにスケッチブックに書き残していますが、相当絵が上手で驚きました!毎年きれいにさつきを描いているようです。


じゅんは毎年裏門に置かれる花の送り主に今年こそ自分から会いに行くと決めていた。
夜中12時過ぎうとうと眠い目をこすっているとさつきの花を手に持ちヘルメットをかぶった男が現れる。
じゅんは思い切って男にお父さんなんでしょ?と声をかける。

suu
suu

眠い目をこすってずっと起きていたじゅんの前に現れたヘルメットをかぶった一人の男性。お父さんなんでしょう?と声をかけるとじゅんの方を振り向きましたがヘルメットをかぶっているのでしっかりと顔は見れませんでした。。

ただ毎年じゅんの誕生日の深夜12時過ぎにさつきの花を送りにくるのですからじゅんの親で間違いなさそうですが、母親ではなく父親なんだという驚きもありました!じゅんがずっと焦がれていた父親なのか、男性はなんと返答するのかすごく気になりますよね!

第22話  ⇔  第24話

当サイトの記事では完全なネタバレはしておらず、感想をメインとし一ファンとして漫画を一緒に楽しむことを目標としております!完全に内容が知りたい方は購入してお読みいただけたらと思います!
既婚者マッチングアプリ - Cuddle(カドル) | 出会い・セカンドパートナー・オープンマリッジ
「Cuddle(カドル)」は結婚後に異性と交流したい方を応援する、既婚者専用マッチングアプリです。既婚者同士お互いを理解しあえる理想の関係を創り出せます。セカンドパートナーやオープンマリッジ、婚外恋愛など、既婚者による新しい形での出会いが広まっています。

 

タイトルとURLをコピーしました