降り積もれ孤独な死よ第20話感想 贋作家『四葉不詳』の正体と詐欺事件

スポンサーリンク
降り積もれ孤独な死よ
suu
suu

降り積もれ孤独な死よ第20話感想です。あらすじも含まれますのでネタバレしたくない方はご注意ください!

降り積もれ孤独な死よを読むならコミックシーモアがおススメです!!初回無料登録で70%オフクーポンが必ずもらえるのでお得に読むことができます!無料ためし読みページも50pと充実の読み応えが体験できます!!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

灰川邸で起きた13人の子供たちの大量殺人の犯人は誰なのか?なぜそんな事件を起こしたのか!?『親愛なる僕へ殺意をこめて』が大ヒットとなった、原作井龍一先生と漫画伊藤翔太先生でおくるサスペンスとなります!ぜひ本編をお楽しみいただけたらと思います!

降り積もれ孤独な死よを今すぐ読む

スポンサーリンク

降り積もれ孤独な死よ第20話感想

灰川邸から押収した絵の真実

花音たちの北海道での襲撃事件はニュースで報じられ、犯人の似顔絵が公開された。
花音は仁にまだ信用されていないと思うと、自分も覚悟のうえでやれることをやろうと決心していた。

仁たちを襲った顔中瑕だらけの男は大々的なニュースで報じられ始めています。顔の瑕はかなり特徴的なので一目に触れたらすぐに捕まりそうなものですが、、。

警察署に呼ばれた鑑定士が、仁たちが押収した数々の絵は天才贋作家の『四葉不詳』の作品だというと、1975年に起きた贋作詐欺事件について話し始める。
・大手四葉デパートが主催した西洋画展覧会に贋作が混じる
・名のある芸術家たちが真作とお墨付きを与えた
・贋作を販売した四葉デパートは経営難に陥った

現在で言う松坂屋のような大手デパートで真作として売られていた絵画が贋作だらけだったということですよね、、。かなり高価な金額でお金持ちの人たちが買っていくでしょうからデパートの信用ががた落ちし経営難に陥るのも致し方無いかもしれんが、名のある人達の目をも欺く出来栄えってすごくないですか??

四葉不詳の贋作はあまりに精密で、空前の西洋画ブームだった当時贋作と分かった後も仁たちが押収した名画には一枚臆単位の値がついたとされた。
四葉不詳の素性は全く知る者がおらず、ある画廊の店主が絵を譲り受けあまりの出来栄えに店主が四葉デパートに真作として売りつけたが事件後に店主は死亡されたとされているが遺体は見つからず迷宮入り事件として捜査は打ち切られた。

suu
suu

贋作と分かった後も臆単位の値がつくってすごくないですか?ブランドのコピー品が本物と同等の価格で売られていたらなんて考えられないですけど、もはやそれって『四葉不詳』としての価値が見出されてますもんね、、。それほどに精密で美しさがある絵だったどいうことになりますが、やはり贋作なので闇取引きとなりますよね。

店主はその後死亡したとされているものの、遺体は見つからないまま捜査は迷宮入り、、。もし店主がどこかで生きていたら事件の真相に近づけそうですが、本当に亡くなっているんでしょうか?

ゴヤ作品の贋作詐欺グループにたどり着く

『四葉不詳』の正体は犬山秀二だとピンときた仁が、フェルメールの絵が取引されたか知らないかと聞くが、鑑定士からは取引があったとしても決して表には出てこないと言われる。

あの連続殺人の犬山秀二が四葉不詳だとしたら一目を避け暮らしていたこともあり素性が知られていないというのも納得ではありますね。灰川邸にもフェルメールが飾られていたので、やはり灰川と犬山秀二には接点があったと考えてよさそうですよね!

『サトゥルヌス』も四葉の作品なのかと聞くが、鑑定士は不詳の作品とはくらべものにならず2,3年前に描かれたものだと推測したが、ゴヤの作品は珍しく、2,3年前にゴヤの贋作騒動があり詐欺グループが捕まって服役中だと言う。

サトゥルヌスも贋作であるものの、四葉不詳の作品ではなく2.3年前に描かれた新しい作品の陽です。このゴヤの作品は一目で贋作と分かるガラクタだと表現されていましたが、こちらに関しては詐欺グループが捕まっているので話が聞けそうです。詐欺で逮捕というと思い浮かぶ人物が一人いますが、、関係してるんでしょうか?

詐欺グループの資料を見た仁はまさかこいつが灰川邸の絵を差し替えたのかと驚愕した。
そのころ花音が服役中のタケルと面会し、ようやく会ってくれたタケル兄さんと声をかけた。

第19話  ⇔  第21話

suu
suu

仁が探している絵は19話で犯人がどこかの倉庫のような場所で発見していましたが、あれは北海道なんでしょうか?フェルメールの絵は長らく灰川邸に飾られていた絵であり、サトゥルヌスの絵にすり替えられていたのですが、詐欺グループの目的はフェルメールの絵だったんでしょうか?

詐欺といえばタケルが詐欺を働いて服役と最初からされていたのでピンときましたがやはり!!!すべてが複雑に絡み合っていて難しい~!!

成人後のタケルは一度も出てきていませんでしたが、花音が灰川邸に初めて足を踏み入れた時に最初に出会ったのもカーテンに隠れたタケルでしたし、タケルめっちゃ気になってたのでやっと見れました!

ただタケルの曇った無表情を見ていると心が病みそうです涙

タイトルとURLをコピーしました