降り積もれ孤独な死よ 第8話ネタバレ リッカの悪魔とノッポのアリバイ

スポンサーリンク
降り積もれ孤独な死よ
suu
suu

降り積もれ孤独な死よ 第8話のネタバレと感想です!

 

降り積もれ孤独な死よを無料で読むならまんが王国がおススメです!!

無料漫画が豊富!【まんが王国】一般コミックLP

まんが王国は無料漫画が豊富な国内最大級のまんがサイトで、圧倒的なポイント付与率とじっくりためし読みで無料で読めるまんがの多さとページ数の長かさが特徴です!期間限定で開催するキャンペーンの多さも魅力的で読みたい漫画がどんどん見つかります笑

降り積もれ孤独な死よはすでにまんが王国で2400件を超えるお気に入り登録されて、ランキング三位を獲得した人気コミックです!!ぜひこの機会にで本編もお楽しみください!!

 

スポンサーリンク

降り積もれ孤独な死よ 第8話

 

 

捜査を続ける仁と花音




仁は「俺は蒼佑を疑いたくないんです」と言うと、花音は「私は父の無実を信じます。でもたとえ家族の中の誰かが犯人だったとしても真実を知りたいです。なぜ妹や弟達が殺されたのか、なぜ今回の事件を犯人が起こさなければならなかったのか。その理由が知りないです」と言う。
仁はゴッと自分のおでこを殴ると、花音は「冴木さん?」と言うと、仁は「私情を挟んで捜査を躊躇するなんて。刑事失格ですね、刑事が真実を追わずに何を追うっつーんだよ!ああー情けねぇ!刑事でもないあなたにこんな大切なことを教わるなんて。それによく考えたら生き残っている子供達は容疑者でもあり今回あなたが狙われたように犠牲者になる可能性もある。捜査を続けることが蒼佑を救うことにつながるかもしれねぇ!これ以上犠牲者を出さないためにも俺たちで事件を追いましょう」と言うと、花音は「はい」と答える。



仁が「ところでああいうことはよくやるんですか?」と聞くと、花音は「ああいうこと?」と聞く。
仁は「その色仕掛けで男を誘ったり」と目を伏せると、花音は「初めてですけどどうしてそんなこと聞くんですか?」と言う。

仁は「ああそうだハンカチ。俺の車に忘れていってましたよ」と花音に渡すと、花音は「ああ、ありがとうございます。でもこれ忘れていったんじゃなくて置いていったんです」と言うと、仁は「え?」と聞き返す。
花音は「もう一度冴木さんに会えるかなと思って」とニッコリ笑うと、仁は「またまたーそういう冗談と言えるんですねー」と笑うと、花音と仁は一瞬沈黙すると同時に「え?」と言う。



花音が「おやすみなさい」とドアを閉めると、仁は「え、いや、ちょ」というと、どういうことだー?つまりどういうことー?と頭を抱えて座り込む。
花音はキュッとハンカチを握り微笑む。

花音の部屋のカーテンは開いており、花音の様子を遠くのアパートの玄関からじっと見つめる人影が立っている。
パーカーを深く被った人物はやがて雨が強まると部屋に戻って消えている。

 

 

ノッポのアリバイ


ノッポ 本名 東優磨25歳

小さい頃に父親が蒸発。母親の再婚相手と折り合いが悪く(身体的暴力の疑い)家出。
1991年頃灰川に拾われる。灰川が初めて引き取った子供であり一家の長男。
つまり灰川ともっとも付き合いの長い人物。まずはノッポからあたってみるか。

仁が「すみません、こちらで働いている東優磨さんについてお伺いしたいのですが」と警察手帳を見せる。

花音がノッポのアパートのインターホンを鳴らすと、ガラッと小さな窓を開けてノッポが花音を見る。
花音が「ノッポ?」と言うと、ノッポは「なんだ花音か。何の用だ?」と聞くと、花音は「近くまで寄ったからちょっと寄っていこうかと」と答える。

仁が「クビになった?」と聞くと、店長は「無断欠勤が続いたんでね。まぁもともと勤務態度に問題のあるやつでしたけど。ただ持病を持ってるとかで多少多めには見ていたんですけどね」と言う。


仁が「持病?」と聞くと、店長は「詳しくは分からないんですけどね、えっと確かどこかに医師の診断書のコピーが、、あったあった。どうぞ」とファイルから紙を取り出す。

ノッポはゴミ袋をグシャっと踏みつけると「悪いな散らかってて」とゴミ屋敷に花音を入れる。
花音は鼻を押さえるが、押し入れの戸に大きく書かれた六角形に思わず手を離して驚く。

ノッポが「ああ、、それ、、リッカのマークだよ」と言うと、花音は「リッカ?マーク?」とキョトンとする。


ノッポは「覚えてないか、、父さんが昔よく話してくれた、、子供を食らう悪魔の話。リッカのマークにはそれを寄せ付けない魔除けの効果があるんだ」と言うと突然ガタガタ震え出す。



花音が「ノッポ?」と言うと、ノッポは「花音。みんなを殺したのはリッカの悪魔だ!父さんが捕まったのもみんなアイツらの仕業なんだ!俺たちも殺される!皆殺しだ!!」と頭を抱える。

仁が「リッカの悪魔?なんですかそれは?」と聞くと、花音は「子供達への戒めのために父がよく話してくれたお伽話のようなものです。ノッポは今でもその話を信じているようで、、その悪魔が子供達を殺したと。」と答える。
仁が「なるほどね、、これを、、ノッポの診断書です」と診断書を花音に渡すと、そこには『妄想性障害』と書かれていた。

仁は「幼少期の心的外傷が原因らしいです。発症したのは屋敷を出た後らしいですが、、あの屋敷にいた子供達は皆どこか、、ただノッポにはアリバイがありました。アナタが襲われた11日の夜家にいたようです。無断欠勤が続いて様子を見に行った従業員からも証言が取れました」と言うと、花音は「ではノッポは共犯者ではない?」と聞くと仁は「まぁそういうことになりますね」と答える。

ノッポはフードを被りじっと壁の六角形を黙って見つめている。

 

第7話  ⇔  第9話

 

感想

この六角形はリッカの悪魔の魔除けの意味があったんですね・・。それにしても部屋にでかでかとこんなマークを描くほど、リッカの悪魔が恐ろしいと植え付けられているきがしますね・・

タイトルとURLをコピーしました