降り積もれ孤独な死よ第21話感想 タケルは灰川を恨んでいた?

スポンサーリンク
降り積もれ孤独な死よ
suu
suu

降り積もれ孤独な死よ第21話感想です!あらすじも含まれますのでネタバレしたくない方はご注意ください!

降り積もれ孤独な死よを無料で読むなら【まんが王国】がお得!第一巻が丸ごと無料で全て読めます!!

無料漫画が豊富!【まんが王国】(コミックホーム様専用)

『親愛なる僕へ殺意を込めて』のヒット作で話題の井龍一先生と伊藤翔太先生が描く、待望の新作が話題です!私のこの作品の大ファンで、読めない展開と犯人考察が止まりません!

降り積もれ孤独な死よはすでに【まんが王国】2400件を超えるお気に入り登録されて、ランキング三位を獲得した人気コミックです!!ぜひこの機会にで本編もお楽しみください!!

 

スポンサーリンク

降り積もれ孤独な死よ第21話感想

 

タケルは灰川を恨んでいた?


タケルは灰川が死んだことによりあの男の正体があいまいになって残念だと言うと、花音にも今さら会いに来て家族ごっこは反吐が出ると吐き捨てた。
屋敷も家族もあの男も飾られていた贋作の絵と同じで偽物であり、自分が捕まっていなければ自分があの男を殺したという。

現在詐欺容疑で服役中のタケルですが腕から和彫りが見えたり、首には絞められたのが自殺未遂なのか真っ黒い痣がありかなり不気味な目つきだなと思いましたね。何かしらの闇を見た人間なんだろうというのが一目瞭然。6人の子供の中では唯一灰川の死を悲しんでおらず、さらに自分が殺したかったという、、。

花音がタケルを訪ねた数時間前に仁と五味がタケルに面会し、『わが子を喰らうサトゥルヌス』を『真珠の耳飾りの少女』にすり替えたのはお前だろと尋ねていた。

 

suu
suu

仁たちもすでに目をつけているタケルに事件との関係を探るべく接触している様子ですね!それにしてもタケルからは灰川に対する並みならぬ恨みのような感情を感じますがどの段階で父さんと慕っていた灰川をそこまで恨んでしまったんでしょうか?やはりどれだけ父と慕っても自分は偽物の子供だったのが引っかかったのでしょうか??

 

飾られていた『真珠の耳飾りの少女』の真実


笑いだすタケルは次のように語る。
・『真珠の耳飾りの少女』は別名『青いターバンの少女』と言われる。
・『真珠の耳飾りの少女』は『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』を元ネタに描かれたと言われている。
・モデルとなった貴族の娘ベアトリーチェは父親から激しい虐待を受けていた
・耐えかねたベアトリーチェは家族と共謀し父親を殴り殺し、その罪で斬首刑に処せられた。

あの有名な『真珠の耳飾りの少女』にそんな裏話が存在したなんてかなり驚きではありませんか?そしてあの微笑みからは想像もつかないような壮絶は人生がそこにあったなんて、、。そして実は虐待に苦しんだストーリーが詰まった作品があの屋敷に灰川のお気に入りの作品として飾られていたというのがまた意味ありげですよね、、!


タケルはその絵の意味を知った時灰川の闇を見たようでショックだったが、サトゥルヌスの贋作を描いた奴はどう思ったのかと薄ら笑う。
それは誰かと聞いた仁たちに、顔に瑕のある男だというと俺たち贋作とは違う灰川の本物の子供だという。

suu
suu

ここで登場してきたのが顔に瑕のあるあの男です。仁と花音を襲ったあの犯人こそが灰川の本物の子供だとタケルは言います!!誰も知らないそんな事実をなぜタケルだけが知っているのか、、。またそれが本当であれば、顔に瑕のある男は本当の子供にも関わらず灰川と一緒に暮らすこともなく大勢の子供を自分の子供として養育していた灰川にも屋敷にいた子供たちに恨みを持つのは自然なことかもしれませんよね、、。真実はいかに??

第20話  ⇔  第22話

 

当サイトの記事では完全なネタバレはしておらず、感想をメインとし一ファンとして漫画を一緒に楽しむことを目標としております!完全に内容が知りたい方は購入してお読みいただけたらと思います!
タイトルとURLをコピーしました