降り積もれ孤独な死よ第22話感想ネタバレ 蒼佑が何者かに殴られる

スポンサーリンク
降り積もれ孤独な死よ
suu
suu

降り積もれ孤独な死よ第22話感想です!あらすじも含まれますのでネタバレしたくない方はご注意ください!

降り積もれ孤独な死よを無料で読むなら【まんが王国】がお得!第一巻が丸ごと無料で全て読めます!!

無料漫画が豊富!【まんが王国】(コミックホーム様専用)

『親愛なる僕へ殺意を込めて』のヒット作で話題の井龍一先生と伊藤翔太先生が描く、待望の新作が話題です!私のこの作品の大ファンで、読めない展開と犯人考察が止まりません!

降り積もれ孤独な死よはすでに【まんが王国】2400件を超えるお気に入り登録されて、ランキング三位を獲得した人気コミックです!!ぜひこの機会にで本編もお楽しみください!!

 

スポンサーリンク

降り積もれ孤独な死よ第22話感想

 

男の目的は復讐?

 

鈴木は手配書をじっと見つめ、仁たちを襲った男は顔に瑕がありこれほど特徴的なのに目撃情報がないなんておかしいという。

確かにこれほど特徴的な見た目であればすぐに目撃情報がありそうなものですが、誰かにかくまわれているのかというくらいに目撃されていませんよね!??

五味はタケルが言うように指名手配された男が灰川の本物の子供かもしれないが捜査をかく乱するために自ら瑕をつけたかもしれないというが、仁はそのために顔を瑕だらけにするのは考えにくいという。

捜査のかく乱のためだけにあれほどの瑕をつけることは考えにくいですよね、、。さすがにあれほど自分を痛めつけることはできないんじゃないでしょうか??

タケルは男は自分を捨てた灰川を心から憎んでおり、アイツは復讐しにくる次は花音かもなと花音に不気味な笑みを浮かべた。

 

suu
suu

もしそれが本当だとして男が灰川の子供であれば、血がつながっていないにも関わらず屋敷で養育されていた子供たちを恨むのは当たり前の感情かもしれませんよね!!だとすれば屋敷で起きた大量殺人もその男の仕業ということになり、本当の子供の犯行をかばった灰川が罪をかぶって死んでいったということで納得もできますが、そう素直に終わらないのがこの物語な気がします、、。大どんでん返しがまだ待ち受けるのではないかと考えています!

 

父親のルーツを探る蒼佑

蒼佑は父親の故郷を訪れ父親の育った家を知る男性の元を訪れた。
蒼佑の父親の真和の父は大工の棟梁でそれは厳格だったそうだ。
一度野球の試合を見に来た父親に喜んだ真和は張り切って結果を出したが、父親は男が浮かれるなと真和を殴ったそうで、今だから言えるが虐待は日常で当時はみなが生きるのに必死で仕方なかったという。

仁と蒼佑の父親も日常的に父親から虐待を受けていたようです。今まで父親のルーツに触れてこなかった蒼佑ですが、父親にも心に抱えた闇があったと知り少し腑に落ちたようですね。

東京に戻った蒼佑は少し胸のつかえがとれた気がすると、仁に話がしたいと留守電にメッセージを残すが、次の瞬間後ろから何者かに殴られ倒れる。

 

suu
suu

やはり自分の受けてきたことは繰り返しやすい傾向にありますよね。虐待を受けていた場合虐待しないようにすると、脳は自分は虐待を受けてきたことと虐待をしてはいけないという気持ちが戦ってすごく苦しいと言いますから蒼佑も少しほっとしたのかもしれません。

しかしそれを仁に伝えようとした矢先蒼佑が何者かに襲われてしまう事態が起きてしまいました、、。蒼佑はどうなってしまうのか、、。仁早く気づいてほしいです!!

第21話  ⇔  第23話

当サイトの記事では完全なネタバレはしておらず、感想をメインとし一ファンとして漫画を一緒に楽しむことを目標としております!完全に内容が知りたい方は購入してお読みいただけたらと思います!
タイトルとURLをコピーしました