降り積もれ孤独な死よ 第6話ネタバレ 灰川が犯人と自供!六角形の意味

スポンサーリンク
降り積もれ孤独な死よ
suu
suu

降り積もれ孤独な死よ 第6話のネタバレと感想です!

 

降り積もれ孤独な死よを無料で読むならまんが王国がおススメです!!

無料漫画が豊富!【まんが王国】一般コミックLP

まんが王国は無料漫画が豊富な国内最大級のまんがサイトで、圧倒的なポイント付与率とじっくりためし読みで無料で読めるまんがの多さとページ数の長かさが特徴です!期間限定で開催するキャンペーンの多さも魅力的で読みたい漫画がどんどん見つかります笑

降り積もれ孤独な死よはすでにまんが王国で2400件を超えるお気に入り登録されて、ランキング三位を獲得した人気コミックです!!ぜひこの機会にで本編もお楽しみください!!

スポンサーリンク

降り積もれ孤独な死よ 第6話

 

 

リッカの悪魔



灰川が「どうした花音?眠れないのか?」と聞くと、花音は首を横に振り「十三、森の中に人がいた。」と言う。
灰川が「人?こんな夜中にか?」と聞くと、花音は「本当だよ、私見たの」と答える。
灰川は「『リッカの悪魔』かもしれないな、、リッカの悪魔は無から生まれ無に還る。その生涯を一人ぼっちで生きる孤独な悪魔だ。自分では子を成せぬ憤りから闇夜に紛れて子を攫い喰い殺してしまうんだ」と説明すると、花音は「ふーん」と言う。



灰川は「ふーんて。怖くないのか?」と聞くと、花音は「全然!だってそんな悪魔が来たとしても十三が助けてくれるんでしょ?」と言うと、灰川は「ふ、そうだな」と花音の頭を撫でる。

灰川の逮捕をネットで知った花音は「お父さん」とつぶやく。

 

取り調べを受ける灰川

 



仁が「五味先輩!灰川への取調べは?」と聞くと、五味が「おい冴木今始まるところだよ」と答えモニターを見つめる。

コイツが!!

川相が「灰川十三子供達を殺したのはお前か?」と聞くと、灰川は「警官にしてはいいネクタイだな。その割にシャツにシワが多い。指輪をしていないところをみるとアンタ独身か?いや子供がいるな3〜4歳の。襟と肩に赤いシミができてる。、、ケチャップか。子供を抱いた時についたんだな。かすかに牛脂の匂いが残ってる。今朝子供をつれてハンバーガーショップに立ち寄ったんだな。バツイチで子持ちと言いたいところだが目の下にクマができている。眠れないようなことがあるんだな。それを踏まえると現在離婚調停中、もしくは別居中と言ったところか」と分析する。

五味が「おいおいおいマジかよ川相さん、なんなんだコイツ!!」
と驚く。

 

子供を殺したと自供する灰川

 


川相が「私の事はどうでもいい質問に答えろ!」と言うと、灰川は「ハヌマンラングールという猿を知っているか?」と話だす。

ハヌマンラングールは一頭のオスが複数のメスを引き連れ一夫多妻の群れを形成する。しかし別のオスがこの群れのオスを追い出し群れを乗っ取った時、新しいオスは群にいる赤ん坊猿を皆殺しにするそうだ。



「一見残酷に思えるがハヌマンラングールのメスは赤ん坊がいなくなると発情して交尾が可能になる。つまりオスにとって子殺しは自分の遺伝子を残すため合理的な行動になることだ。人間はどうなんだろうな。自分の遺伝子を残すため自分がこの世界に存在したという証を残すために、どこまで残酷になれるなら」と言う。

川相が「いい加減にしろ!訳の分からん話をペラペラと!お前が子供達を殺したんだろ!?灰川」と怒鳴ると、無言になる灰川にチッと舌打ちする。

灰川は「あぁそうだ、子供達は俺が殺した」と自供する。

五味が「拍子抜けだなー、まさかあの灰川のヤローがこんなにあっさり完落ちするとはよ。でもまこれでこの事件も一件落着か」と言うと、仁は「だといいんすけどね」とタバコをふかす。
五味が「ああん?どういう意味だよ?」と聞くと、仁は「いや別に、じゃあ俺は別の事件があるんでそっち戻ります。例の虐待家庭ばかり狙った暴行事件てやつ」とタバコを消す。

蒼佑が「兄さん」と仁を呼び止めると「兄さん!父さんが逮捕されたって本当?父さんはなんて言ってる?父さんは犯人じゃないよね?」と肩を掴むと、仁は「お、おい、蒼佑落ち着けって」と蒼佑の剣幕に驚く。


蒼佑は「あ、、ご、ごめん、捜査状況を言えるわけないよね」と手を離すと仁は「悪いな、、」と謝る。

仁は蒼佑と一緒にいる花音達の4人を見ると「今日もこれから事情聴取か?」と聞くと、「蒼佑その手どうした?」と包帯で巻かれた蒼佑の右手を見ると、蒼佑は「あーこれ?ぶつけたんだ」と右手をかばう。



被害者が「だから顔なんて覚えてねーよ!相手は全身黒尽くめで目出し帽被ってたんだ!身長はあんたくらいだったかな?」と言うと、仁は「全身黒尽くめに目だし帽、、犯人は用意周到にあなたを襲った可能性がありますね、、誰かに恨まれるような心当たりはありますか?」と聞く。
被害者が「あるわけねーだろ!」と言うと、仁は「近所の人の話ではあなたが息子さんに暴力を振るっていたと言う衝撃もあるんですが」と聞く。


被害者が「ああ!?それは近所のやつが言ってるだけだろ!?警察にももうそのことは話した!つかその話は今回のことと関係ねーだろ」と激昂する。

仁は車に乗ると「ふう」とため息をつき、グシャっとタバコの箱を握りつぶす。

仁が「ん?なんだこれ?女性もののハンカチ?」とハンカチを拾うと、「あの子のか、、あの時忘れていったんだな、しょうがないな後で署に届けておくか」というと考え込む。

あれ?でもまてよ、、女性は時に気のある男にお近づきになるためにわざと忘れ物をして、再び会う口実を作ることがあるって聞いたことがあるぞ。このハンカチわざと忘れていった可能性が?どっちだ?これどっちなんだ?
心臓がバクバクとする仁。

 

花音を狙ったのは誰?



その時駅のホームで電車を待つ花音は、電車が来ると本をしまい電車に近づいたその時、誰かに後ろからドンっと押されホームに転落する。



灰川は右の親指をガリッと噛むと、自分の血で左掌に模様を描きグッと握りしめ一人で笑う。

 

 

第5話  ⇔  第7話

 

感想

蒼佑の手のけが怪しくないですか??虐待を受けていた自分たちで襲撃しているのでしょうか?そして誰が花音をホームから突き落としたのか・・

灰川が手に描いた六角形の意味はなんでしょう・・謎が多すぎて混乱します!

タイトルとURLをコピーしました