破談のお値段〜36歳で婚約者に逃げられました〜 第9話のネタバレ 達也の慰謝料はいくら?

スポンサーリンク
破談のお値段
 
suu
suu

破談のお値段〜36歳で婚約者に逃げられました〜 第9話のネタバレと感想です!

コミックシーモア読み放題コースがあるのはご存知でしょうか??

破談のお値段はコミックシーモア読み放題ライトコースで全話読むことが出来ます!七日間の無料トライアル期間があり会員登録も無料です!トライアル期間内に解約しても無料です!3万冊以上の漫画が780円で読み放題なのでかなりお得でかなり楽しめます!!人気コミック進撃の巨人なんかも読めちゃいます!破談のお値段の本編を無料でお楽しみいただけるのはコミックシーモアだけになりますので、ぜひ本編もお楽しみください!!

裁判を決意

 


エミコが「弁護士?裁判?」と言うと、チカが「そうよ、こうなったら戦うよ!」と言う。

母が「ちょっと待ちなさい!そんな大袈裟にしたらもう復縁できないわよ!」と言うと、ズキンと、胸が痛むエミコ。

チカが「いいよね。お姉ちゃん!」リマが「そっすよ!戦いましょ!」と言うと、エミコは「えっと、、」とうつむく。

ハナが「イヤ、よく考えた方がいいわよ。バツイチの経験上別れる方が大変よ」と言うと、母が「私達也さんと話してみるわ。だってあんかいい人がそんなこと言うわけないもの」とまだ信じられない様子で言う。

(タッちゃんを気に入っていた母は、彼を信じようとしていました。)

エミコの母が達也に電話をかけるとガチャッと通話になる。
母が「もしもし、達也さん?エミコの母ですけど」と言うと、達也が「お話することはありませんので」と言う。

母が「待って!何か事情があるんでしょう?」と聞くと、達也は「別に事情なんてありませんよ」と言う。
母が「嘘よ!だってこの間まであんなに仲良くしてたのに。、、もしかして好きな人ができたの?そうなんでしょ?だから」と言うと、エミコも(考えたくないけど、私もそれは思ってた)と思う。

達也が「チッ。めんどくさいなぁ。ハッキリ言います。エミコさんは僕と不釣り合いなんですよ」と切り捨てると通話が切れる。
母は受話器を持ったまま膝から崩れ落ちる。

母が「酷い。大切な娘をまるで犬ネコ捨てるみたいに。」と涙を流すと、エミコは「チカ!私弁護士頼む!!」と言う。

チカは「お姉ちゃん。いいんだね?」と聞くと、エミコはコクンとうなずく。

(最初からたっちゃんにとっては、私はあの犬と同じだったんだ。だったら本気で噛みついてやる。)

毒母と一緒で自分だけじゃ判断できず、お母さんの単なる言いなりの不甲斐ない男、達也。。そんな男に自分の娘がこんな仕打ちを受けるなんて許せん!クズ!最高にクズ過ぎる!!

達也を絶対許さない!

三日後、弁護士事務所
弁護士が「なるほど。話は分かりました」と言う。
私はチカが紹介してくれた弁護士のところへ行きました、

弁護士は「私に任せてください!ではいくつか質問してもいいですか?その婚約者の彼とはセックスしましたか?」と質問すると、「はぁ?」とエミコは驚いてぽかーんとする。

(何これ?セクハラ?)
エミコが「あの、」と立ち上がると、弁護士は「あぁ、セックスしたかしないかで慰謝料が変わってくるんで。まぁ、大人だししてますよね。ちなみに妊娠、中絶は?」と淡々と聞く。

エミコはきっぱりと「それはしてません!」と言うと、次は「あなたはエロ漫画家と言うことですが、ちょっと何か書いてみてください!はい、紙と鉛筆」と紙と鉛筆を渡される。

(こ、、これって裁判に関係ないよね!?何ハラスメント!?)
と思いながらサラサラと絵を描く。
弁護士が「へぇ、さすがはプロ。上手ですね!ところで彼はこの絵のどこに問題があると?」と聞くと、エミコは「え?」と聞く。

弁護士が「出版されているということはなんの問題もありませんよ!法に触れていません。つまり彼の言い分は『個人的な感情論』であって、あなたには何の落ち度もありません」と言うと、エミコはホッとする。

弁護士さんにそういってもらえたのは本当に心強かったです。

弁護士が「ではこれから具体的な話をしていきますね。まずは式場のキャンセル費用の支払いと手続きは全て彼にやってもらいます。次に婚約指輪や、お返しの時計についてはお互い返却しても気持ち悪いだけたので、各自処分でいいですね?」と言うと、エミコは「はぁ」とうつむく。

「気持ち悪い」って、あんなに嬉しかった結婚指輪が今はそんな扱いなんだ。

弁護士が、「あとは結納金いくらもらいましたか?」と聞くと、エミコが「200万です」と答える。
弁護士は「えっ!?多い!普通は50万から100万が相場ですよ!」と言うと、エミコが「私彼に指輪にお金かけないでいいって言ったんです。そしたらお義母さんが、結婚指輪に五万だなんてみっともないわ!だったら結納金倍出します!桜井家がケチとおもわれたくないので!って。なので結婚式のお金に当てようと思ってて」と話す。
弁護士は「それはラッキーですね!結納金の場合は返却しないのがセオリーなので、200万はあなたのものです!」と言うと、エミコは「、、指輪、、安いのにしといて大正解ですね!!」と勢いよく立ち上がって言う。

suu
suu

すごーい!結納金200万マジラッキー!笑笑。あの毒母変なプライドが高いからしめしめですよ!貰えるもんは、全部貰っちまおうですよ!

だってそれくらいしか、何もないんだから。傷ついて捨てられて、達也が何のダメージもないなんて、おかしいですよね!?


弁護士が、ククッと笑い「あははは!そうですね」と声を出して笑うと、エミコもくすくすと笑う。
弁護士は「やっと笑ってくれましたね!
弁護士は「やっと笑ってくれましたね!弁護士やってるとね、離婚や破談なんてよくある話なんです。だから思い詰めないで、あなたはまだ若いんだから、次の相手を探せば済む話です」ときっぱり言う。

(弁護士さん。。そんな私もう36だよ?簡単に次なんて見つかるわけないじゃん。)ギュッとスカートを握りしめる。

きっと弁護士さんは私を励ますために言ってくれたけど、その時は到底そうは思えませんでした。初対面のおっさんにセックスの事聞かれたり漫画書かされたり。許さない、たっちゃんのこと絶対に許さない!

エミコは「それだけですか?彼への破談の制裁はそれだけですか?」と泣きながら聞くと、弁護士は「いえ、、今までのはあくまで前置き。ではあなたを傷つけたことに対する慰謝料について説明しましょう」と説明しだす。

suu
suu

弁護士さんからしたら、本当よくある話でありがたい励ましだけど、張本人のエミコがそうも思えないのは無理もないですよ。新しい出会いとか現時点で切り替えられてたらすごい話だし。

第8話   第10話

タイトルとURLをコピーしました