破談のお値段 36歳で婚約者に逃げられました 第7話のネタバレ エロ漫画がバレたエミコ

スポンサーリンク
破談のお値段
suu
suu

破談のお値段 第7話のネタバレと感想です!義母の呼び出しに急いで新潟に向かうエミコ。

 

コミックシーモア読み放題コースがあるのはご存知でしょうか??

破談のお値段はコミックシーモア読み放題ライトコースで全話読むことが出来ます!七日間の無料トライアル期間があり会員登録も無料です!トライアル期間内に解約しても無料です!3万冊以上の漫画が780円で読み放題なのでかなりお得でかなり楽しめます!!人気コミック進撃の巨人なんかも読めちゃいます!破談のお値段の本編を無料でお楽しみいただけるのはコミックシーモアだけになりますので、ぜひ本編もお楽しみください!!

 

破談のお値段 36歳で婚約者に逃げられました 第7話

 


達也の母が「今すぐ新潟に来てちょうだい!」とだけ言って電話をがちゃんと切る。

そのただならぬ様子に、私はたっちゃんの故郷に向かいました。駅に着くとたっちゃんが居て、、

エミコが「たっちゃん一体何が?」と言うと、達也が「喫茶店にでも入ろうか」と言う。
エミコが「あの、、私なにかお義母さんの気に触るような事、、」と言うと、達也が「単刀直入に言うと、漫画の仕事を辞めて欲しい」と言う。

それは全く予想もしてなかった、最悪の要望でした。
「なんで、、」とやっと絞り出した言葉にたっちゃんは、「なんでって、恥ずかしいからに決まってるでしょ。母さんに泣かれちゃったよ、エロ漫画家の嫁なんて恥ずかしくて有り得ないって」と一番あり得ない言葉を重ねてきました。

でたよー。今更でたよー。最初に言ったやろー!ってやつですよ!

なんか雲行き怪しかったもんなぁ、達也。



エミコは「でも私付き合う前に言ったよね?エロ漫画書いてもいいかって。それでもいいっていったよね?」と怒ると、達也は「それは、感情的にならないで!」と言う。
エミコは「そうさせてるのはたっちゃんでしょ!なんでお義母さんの肩もつのよ。なんで私の味方じゃないの?」と泣き出してしまう。

エミコは「自分の仕事がうまくいかないからって、当たらないで。だって転勤の話が出てからたっちゃんおかしいよ」と言うと、達也はハッとなり「じゃあ!エミちゃんがお母さんを説得してよ、僕と結婚したいんでしょ?」

こいつ、もはや、、優しかった達也とは別人ですね。僕と結婚したかったらお母さんを説得って、、お前が結婚したかったら自分のオカン説得しろよ!!!

母親は了承する?

 


私はたっちゃんと結婚したい一心で彼の実家に向かいました。

達也の母が「エミコさん、うちは代々続く旧家なのよ。そういう家に嫁ぐ嫁なのにそもそも仕事を続けたいって。達也の祖父へ市長で、父も議員で」とまくしたてると、エミコが「聞いてください!」と大きな声で言う。

エミコは「私は確かに性的な漫画を描いてます。それが受け入れられない人がいるのもわかってます。でもまんががすきで、漫画家になりたくて、やっと掴んだ仕事です。たとえエロ漫画でも誇りを持ってやってきました。だから、自分の仕事を恥ずかしいとは思ってません」と言い切ると、義母が「漫画家ってどういうこと?あなたが仕事を辞めないっていうからてっきり保育士の仕事の事だと」と興奮しだす。

エミコが「え?たっちゃんどういうこと?お母さんが漫画の仕事をよく思ってないからって、たっちゃんあなたが漫画の仕事反対してるんじゃ」と言うと、義母が「そういう問題じゃないでしょ!保育士っていうから結婚許したのに、エロ漫画家?しかもそれを、誇りに思ってる?ご両親はどういう教育をなさったの?じゃあ逆に達也がエロ漫画家なら結婚できるの?できないでしょ?あなたは達也が一流企業に勤めてるから結婚したいのよ!」と言い放つ。

痛いところを突かれたと思いました。エリートを捕まえたと思ったのは事実だし、愛だ、恋だで突っ走れ歳はとっくに過ぎてたし、、でもそれだけ?私がたっちゃんと結婚したいと思ったのってそれだけ?

達也は「えみちゃん、見損なったよ。結局君が僕と結婚したかったのはお金が目当てって事だね?」と言うと、エミコは「それは違う!」と前に乗りだす。

達也は「じゃあなぜ何も言わないんだ?大体話が違うんだよねえ。考えを改めて家庭に入ると母さんを説得するって言ったじゃないか。君には失望したよ」と冷めた目で言う。

私はここでようやく彼にはめられた事に気付きました。

完っ全にはめられましたね。やっぱり大手企業というだけあって、頭の回転が早いんでしょう。きちんと段取りしてしっかりと、エミコと破局できるように仕組んでるのが伝わりますね。。怖い男だ。サイコパスなの??


義母が「出て行け、アバズレ!」と玄関の外にエミコを投げ飛ばすと塩をまく。

ボーゼンとしたエミコ。

そこへ兄の嫁が犬の散歩から帰ってくる。
兄嫁が「この犬ね、昔はみんなに可愛がられていたわ。でもある時お母さんに噛み付いたんですって。それから誰にも可愛がられず名前すら忘れられているわ。エミコさんこの家では、一度でもお母さんに逆らったらこの犬と同じよ」と言いながら去っていく。

エミコはぞくっとし、私もあの犬と同じ運命なんだろうか。それでも、私はたっちゃんが好きだから、、、
と涙を流すエミコ。

 

第6話   第8話

犬ー。そういう事だったんだ。一度噛んだら無視するなんて。家族総出でやるなんて。なんて可哀想な運命。犬は逃げられないから、エミコは一刻も早く縁切ればいいのに!

タイトルとURLをコピーしました