破談のお値段〜36歳で婚約者に逃げられました〜 第3話ネタバレ オタクに告白?

スポンサーリンク
破談のお値段
suu
suu

破談のお値段のネタバレと感想です!ダメ元で達也を食事に誘うエミコ。

 

コミックシーモア読み放題コースがあるのはご存知でしょうか??

破談のお値段はコミックシーモア読み放題ライトコースで全話読むことが出来ます!七日間の無料トライアル期間があり会員登録も無料です!トライアル期間内に解約しても無料です!3万冊以上の漫画が780円で読み放題なのでかなりお得でかなり楽しめます!!人気コミック進撃の巨人なんかも読めちゃいます!破談のお値段の本編を無料でお楽しみいただけるのはコミックシーモアだけになりますので、ぜひ本編もお楽しみください!!

破談のお値段 第3話

達也が「来週末あたりお時間はありますか?」と聞く。
(こ、これはもしかして、デートのお誘い!?これが人生最大にして、『最も悲しい恋』になるなんて、その時のわたしには相続もつきませんでした)

1週間後
ひらひらプラスふわふわのファッションに身を包むエミコ。
服はハナさんセレクトの最強モテコーデ。メイクはリマちゃん直伝120%愛されメイク。

やっぱり盛りすぎじゃない私、、ていうか、ちゃんと『オタク』隠せてる?オタク女子ファッションの最大のキーワード。
って何日も前から悩んでて、今朝も5時に起きちゃって。結局待ち合わせ場所に1時間も前に着いちゃった。中学生がわたしは。

待ち合わせ場所に着くと、達也がすでに来ていて時計を見ている。
達也が「あ」と言うと、エミコは「お、お待たせして申し訳ございません」とあわてふためく。
(最悪、。私時間間違えた?)
達也が「あ、、イエ違うんです。僕が勝手に1時間半前に来てただけで?なんだかソワソワしちゃって」と、頬を赤らめる。

suu
suu

あれ!?お相手も1時間半も前から来ている?!1時間半前ってめっちゃ早いですよね笑笑

もしかして、同じタイプの人なのかなぁ?

 

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT> に登録で電子書籍限定の破談のお値段を実質無料で読む事ができます!!

 

オタクを隠すエミコ

レストランに入った二人。
エミコは「改めてまして。先日はありがとうございました」と言うと、達也が「いえ、こちらこそ。今日は来てくださってありがとうございます」と言う。

(てかこの先何を話したら、、ぜんっぜんわかんねぇ。イヤイヤわたしの場合何を話すかよりも、「しゃべっちゃいけないこと」の方が重要だ。とりあえず、漫画、アニメの話はNG。とにかく余計なことは言わないように。)

達也が「田口さん」と呼ぶと、エミコはどっきーんとしながら「はいっ!」と言う。
達也が「あの田口さんは保育園の先生なんですよね。小さい子の相手って大変ですよね。僕も帰省したとき兄の子供の相手をさせられるんですが、それがもう大変で」と話し出す。

「、、それでその姪っ子が」「あはは、それ子供あるあるですよ」
あれ?大丈夫だ、私ちゃんと喋れてる!この人とはオタク隠しながらでも楽しい!

suu
suu

自然と相手の職業の話から振ってくれたり、話しやすい雰囲気にしてくれるって、嬉しいですよね!初デートはとにかく緊張しますからね!



すっかり日暮れになりエミコは「今日はありがとうございました」とお辞儀をすると、達也は「いやこちらこそ、それじゃあまた」と帰って行く。
(またって、次期待していいのかな?)

 

そのままのエミコでいい?


翌日、ハナとリマが「で、どうだったの昨日は?」と興奮気味に聞くと、エミコは「うん、とりあえず、オタクはバレなかったと思う!」と言うと、二人ははぁ?という反応をする。

エミコが「私にとってはすごいことなんだよ!オタバレしないで一般男子と食事できるなんて!」と言うと、リマが「つーかエミさん、私オタクじゃないんでわからないっすけど、オタバレってそんなにヤバいんですか?今はアイドルでもオタク趣味公表してる人も多いし」と聞く。

エミコは「顔面偏差値高い人と一緒にしないで!!」と言うと、リマは「でもエミさん一押し漫画プロでしょ?別に隠さなくても、、」と言う。
エミコは「世の中そんなあに甘くないよ。オタク同士でもうまくいかないのに」と肩を落とす。

私には2年前まで、5年も付き合った彼氏がいた。アニメイベントで知り合って、定職にもつかずあれだったけど、見た目もアレだったけど。自分を隠さなくてもいい相手は心地よかった。でも、、

エミコは「いい加減ちゃんと、働きなよ!このままじゃ私達結婚できないよ!」と言うと、元カレは「、、俺みたいな趣味のやつ雇ってくれるところねーよ」と寝転がったまま言う。

エミコが「私はちゃんと働いてるよ!!」と更に怒ると、元彼は「えらそーに。保育士としてはブラック企業で薄給。漫画家としてもちょっと雑誌に載ったくらいで、全然売れない三流のくせに」と言い放つ。

これは、、どうしよもない、クズ!!別れて正解!!!定職にもついてない単なるヒモに、三流とか言われても何とも思わねー!!

なのに、引きずってるの?嘘でしょ?

そんなブ男の言うこと一瞬で忘れ去れー!


何も言えなかった。言いたいことは山程あったけど。もし逆の立場だったら。保育士としても漫画家としても底辺の男。結婚相手には選ばない。

リマが「キー!あんなクズとっとと忘れましょうよ!!マジでクズ!!ガチでクズ!」と言うと、エミコが「人の元カレをクズクズ言うな!」とぎゃあぎゃあ言い合いする。

ハナが「まぁまぁ男運の悪さはお互い様でしょ。でもエミちゃん。私もリマちゃんも、エミちゃんがオタクだからっえ馬鹿にしないよ。電車の彼もそうだといいね」と笑う。

ブラック企業でも頑張れたのは、いい友達に恵まれたからだと思います。でも正直友達じゃ埋められない寂しさはいろいろあって。そんな中彼とのやりとりはまさに救いでした。

達也からLINEを受信するエミコ。
(映画のチケットを貰ったのでご一緒しませんか?)

達也と映画を見に行くエミコ。
達也が「僕、、アニメ映画って久しぶりに観ました。田口さんのご趣味に合いましたか?」と聞くと、ガタッと立ち上がり、「めっちゃ面白かったです!」と息を切らして言う。

達也が「良かった僕も面白かったです、ラストシーンよかったですよね」と笑うと、エミコは「ええ、あれは声優の力量ですね!あつ、作画の力も強いですね。あのクオリティーは他ではなかなか、、」とペラペラ話しながらハッとする。

(つ、ついオタ魂に火がついて)両手で口を押さえるエミコ。
達也が「映画お好きなんですね」と笑うと、エミコは「じゃ、私そろそろ」と立ち上がる。
(変なこと言っちゃう前に退散しよう)

達也が「あの!」とエミコの腕をつかむと、「うわぁ!すみません!!」と掴んだ手を振り解く。
「あの、もしよろしければこれからも時々会って頂けないでしょうか?お、お友達からでいいので、僕と付き合ってもらえませんか?」と告白する。 

 

 

 

 

第2話   第4話

suu
suu

おぉー!何たる快挙!!大手企業のエリートからの告白!!!ついに、春がきた!?

タイトルとURLをコピーしました