破談のお値段 女たちのリアル 第10話ネタバレ 慰謝料と弁護士費用は高いの?安いの?

スポンサーリンク
破談のお値段
suu
suu

破談のお値段〜36歳で婚約者に逃げられました〜 第10話のネタバレと感想です!達也を訴える事にしたエミコ。

 

コミックシーモア読み放題コースがあるのはご存知でしょうか??

破談のお値段はコミックシーモア読み放題ライトコースで全話読むことが出来ます!七日間の無料トライアル期間があり会員登録も無料です!トライアル期間内に解約しても無料です!3万冊以上の漫画が780円で読み放題なのでかなりお得でかなり楽しめます!!人気コミック進撃の巨人なんかも読めちゃいます!破談のお値段の本編を無料でお楽しみいただけるのはコミックシーモアだけになりますので、ぜひ本編もお楽しみください!!

 

破談のお値段〜36歳で婚約者に逃げられました〜 第10話

 

弁護士が「ではまず、彼はあなたがエロ漫画家なのを承知で付き合ったと、証明できるものはありますか?婚約の成立は結納で証明できますが、彼が『あなたの仕事を知らずに交際した』と主張した場合慰謝料が減額になる可能性があります、例えばメールとかは?」聞くと、エミコは「じゃあ、、」とメールの履歴を探す。

エミコは「これならどうですか?」と携帯を差し出す。
『エミちゃんのマンガ見つけたよ!買えなかったけど(*´Д`*)』 
『成人コーナーだもんね!気にしないで♡』

弁護士は「うん!これは立派な証拠ですよ!」と喜ぶが、エミコは、
(メールハートだらけ。てゆーかプライベートなやりとりを他人に見られるのって辛いな。結構キツイ)

suu
suu

このメールを見られるとか地味にキッツイですよね。熟年夫婦ならともかく、付き合ってる頃のラブラブしたメールなんて、絶対読まれたくない!ましてや、その人ともう別れますって相談でそれ見られて。傷口に塩すり込まれますよね!!

まぁ弁護士さんからしたら、なれてるんだろうけど!


弁護士が「では具体的な金額ですが」と言うと、エミコは「はい」と答える。
弁護士が「こういう場合での相場は50〜100万です。結婚式の三ヶ月前ですから、交際前から提示していた仕事を理由という事で、100万円の慰謝料が妥当と言えます」と言うと、エミコは「はあ」と少し腑に落ちない様子で答える。

弁護士は「相手に経済力がなければ50万が妥当なところですが、彼には安定した収入があるようですし」と言うと、エミコは「え!相手の収入によって慰謝料が変わるんですか?」と驚く。

弁護士は「もちろんです!ない者から取ろうとしても時間の無駄ですよ」とビシッと言い切る。

(時間の無駄、、まぁわかるけど、シビアだなぁ、、)

弁護士が「その100万に更にあなたが被った被害を上乗せしていきましょう」と言うと、エミコが「被害?」と聞く。

 

エミコの被害額はいくら?

弁護士は「具体的にはあなたは結婚を理由に仕事を辞めていますね?」と聞くと、エミコは「まぁ、結婚しても辞めたくはないと思っていましたが」と言う。
弁護士は「でも、彼は北海道に転勤の話があったんですよね?結婚したらその保育園に勤めるのは不可能です。でもそれはつまり、彼の都合で退職したことになりますから、プラス50万!保育園の勤続年数は?」と聞くと、エミコが「15年です」と言う。

弁護士は「それだけのキャリアがあるなら何か役職があったのでは?」と聞くと、エミコは「一応主任でした」と答える。
弁護士が「15年の役職とキャリアを加味して、プラス50万!慰謝料200万でどうですか?」と聞く。

suu
suu

どうですか?と聞かれても確かに全くピンとはこないですよね。この破局で相手から取れる金額とか、、エミコの場合、達也のことを恨んでいるけどまだ気持ちの整理が全くついてないのが分かるので、、


(相場の2倍。でも、もっと、もっと復讐してやりたい)

エミコは「あの!もっと取ることって出来ませんか?例えばこの弁護士費用も請求する事はできませんか?」と言うと、弁護士が「それはちょっと、、」と返事を渋る。

エミコは「どうしてですか?だいたい取った金額の10%が弁護士さんの報酬になるんだから、お互いたくさん取った方がいいじゃないですか!」と立ち上がると、弁護士は「まぁそれはそうですが、、あっ!!彼に他の過失が認められればもっと取れますよ!」と答える。

エミコは「過失?」と聞くと、弁護士は「例えば彼に他の女性がいるとか」と聞く。
(やっぱり、弁護士さんもそう思うんだ、、)

エミコは「それはわかりません」と答えると、弁護士は「こちらで調べましょうか?追加料金はかかりますが、それ以上に慰謝料取れればいい事ですし」と言う。

エミコは手を震わせ「もういいです!調べなくていいです!!」と声を強める。
(それはお金もらえたって知りたくない。割り切った方が得だから私の仕事が理由よりかましかもだけど、それだけは知りたくない。知るのが怖い)

弁護士は「、、そう、ですか。ではこれより手続きに入ります。最後に確認します。これで彼との関係は本当に終わります。それでもいいんですね?」と聞くと、エミコは「はい」とうつくむ。

弁護士が「空いても弁護士をたててくる可能性が高いです。話がこじれて裁判になった場合、時間もかかるし何よりも彼から恨まれる事になります。それでも、、」と言うと、エミコは「かまいません!」と叫ぶ。

弁護士がビクッとすると、エミコが「構いません。わたしにはもうこうするしかないんです、恨まれたとしても」と顔を上げると、弁護士は「分かりました。今日はここまでにしましょう」と言う。

 

達也の反応


弁護士事務所からの帰り道、
(結婚式三ヶ月前の破談で100万円、保育園を辞めた事に100万円つまり、私の保育士としての価値は100万円、たっちゃんとの2年間も100万円ってことか、これって安いのかな?高いのかな?違う、、違うよ、保育士としての日々や、たっちゃんへの想いってお金で解決できる事じゃないのに、私が値段をつけちゃったんだ。。)
ボロボロと大粒の涙を流すエミコ。

数日後
弁護士からエミコに電話がかかってくる。
エミコが「もしもし」と言うと、弁護士が「ご依頼の件ですが、結婚式のキャンセルは無事に終わりました。それと桜井達也にこちらの意向を全てつたえました」と言う。

エミコは震える声で「、、はい」と携帯を握りしめると、弁護士は「結論から申しますと、桜井達也はこちらの条件を全て飲むそうです」と言う。
エミコはえ??と目がてんになる。

第9話   第11話

達也は全てを飲むと言ってます。でも悪かったと思ってるとかそんな感じにも思えないんですよねぇ。なんか、もう関わりたくないって思ってそうです!

タイトルとURLをコピーしました