ハリのある人生 第三話ネタバレ 謝る父を殴る母 坂本家の長年のわだかまり

スポンサーリンク
ハリのある人生
suu
suu

ハリのある人生 第三話ネタバレと感想です!

 

スポンサーリンク

ハリのある人生 第三話ネタバレ

 

謝罪する父




父はバンッと机を叩くと無言で退室する。
坂本は大みそかにこんなすみませんと母たちに謝ると、母はあの話聞いていたんだね辛かったねと言うと、20年であんたも大人になったねと涙を流す。
坂本はすみませんと号泣する。


翌朝6時過ぎ坂本が目覚めリビングに行くとすでに母と父はお茶を飲んでいる。
父が突然真一今まで悪がったと床に手をついて頭を下げると、昨日あれから考えたいたのだと話し出す
正直昔から坂本が何を考えているか分からず、でもそれは自分が意見を押し付けたせいでもある。
家族を所有物とまで思ったことはないが、実際それに近いものもあったと、母にも悪かったと頭を下げる。
言いすぎてしまうのにはうすうす気づいていた、強く言い返さない母の優しさに甘えていたのだと反省する。

suu
suu

坂本さんのお父さん単なるガンコ親父かと思いましたがなかなかここにきて謝るのって難しいですからきっと本心で反省したんでしょうね!

坂本さんの涙にきっと後悔の念が押し寄せたはず。

そして母への謝罪も口にした、ここが実は坂本さんにとっても大きかったのではないでしょうか?

母が泣いていた姿はトラウマだったでしょうから。

母の平手打ち



坂本が黙っていると、父はさあ一発殴ってくれと言いだす。
坂本が躊躇していると、突然母が立ち上がりパアンと父に平手打ちする。

あっけにとられる二人をよそに、母はすっきりしたと涙を流すと、父と母は涙を流しながら笑い合う。
何も知らず起きてきた妹が驚いていると、四人は新年のあいさつをする。
酒をすすめる坂本に父はしばらく酒はやめてみると宣言し坂本にお酒をつぐと、俺も髪伸ばしてみようかと言いだす。
その後は母が父の赤くなったホホを冷やし、友子が坂本の髪をツインテールにして家族は笑い合う。

suu
suu

お母さんの平手打ち綺麗に決まりましたねえ笑

お母さんの言う通りすっきりしたでしょうねえ!長年のいらだちや悔しさもあったでしょうけど、そこまで一緒にこれたのはやっぱり子供たちのためでもあり、ほかならぬお父さんのいい所も知っていたからと言えるでしょうね!!

その後の家族団らんを見ても大みそかに帰ったりしなくてよかったですよね!!

父のお願いごと



元日からパソコンを開き農園のホームページを更新しようとする友子に代わって、坂本が無料のテンプレで年賀状を作ると手早く投稿する。
友子は驚きで化け物と言いながらも助かったと礼を言う。

すると父がもう一つ頼んでいいかと言い、なぜか坂本にリンゴのマークの入ったスーパーマンのコスチュームを着させると自身も赤いパンツ一枚になる。
坂本は困惑していると、父は台風被害でリンゴが落ち、それらのリンゴが廃棄になるのが無念で長年落ちたリンゴも縁起物にしたいと考えており、そこで思いついたのが落ちたリンゴは男の戦いで落ちたってことにするんだ、と至って真剣な顔でいう。

にこやかに意味が分からないと言う坂本に、父はポーズだけでいいから俺にヘッドロックをかけてくれと言う。
こうですかと首に手をかけると、父はなるべく苦しい顔をするようにと言うと母に写真を撮ってもらう。

「男たちの戦いで落ちた坂本クラッシュ」という謎のラベルには、いかにも戦っているような父と坂本の姿が映っている。
友子はいいと思うが嘘はいけないと、母が提案して坂本クラッシュだけ使うことにした。
父がまず親戚用の年賀状にと言うと、友子はあえて親族におくるのかと言うとそのやりとりを坂本は微笑ましく見ていた。

実家に三泊すると翌日の仕事のため帰宅する坂本を父が駅まで送ってくれた。
父は改めて悪かったと謝ると、いつでも帰って来いと言う。

動物病院にたわ美を迎えに行くと、獣医が新年のあいさつをするとたわ美はとてもお利口だったと言い坂本に帰省は楽しめたかと聞くと、坂本は笑顔でとってもと答える。

suu
suu

ほんとにあのがんこ親父なのかってくらいいいキャラしてました笑

さすが坂本さんのお父さんです!!

落ちたリンゴと坂本さんたちの写真が結びつきにくいですが、取りあえずこの写真はいい写真ですね!!

長年のすれ違った思いが解消されとっても良かったです!!

第二話  ⇔  第四話

タイトルとURLをコピーしました