ハリのある人生第6話ネタバレ 迷惑な隣人に大家が鈴木の家を見せると言う

スポンサーリンク
ハリのある人生
suu
suu

ハリのある人生第6話ネタバレと感想です!

 

スポンサーリンク

ハリのある人生第6話ネタバレ

 

 

休日の朝の大音量




休日の朝、柔道着に着替えた坂本はアパートの前で太極拳に励み体を動かしていた。
その時またもや新しいお隣さんの部屋から大音量の音楽が流れ出す。
坂本はたわ美の安全確保のため大家さんへの報告を考えるが、まず先にやめさせなければとお隣さんを訪ねようとする。
鈴木が寝ぼけた顔で部屋から出てくると坂本さんおはようございますとあくびしながら挨拶をし、うちのアロアナちゃん驚いちゃうんで大家さんに報告したいんですけどねと二階から流れてくる大音量に迷惑をしていた。

坂本が実は昨夜と話し出すと、鈴木は逆切れして坂本さんのところに乗り込んできたんですか?と非常識なお隣の行動に驚く。
坂本が私にも落ち度はあったと言うが、鈴木は真下に居てもそれは感じたことがなく単なる生活音じゃないですか、それこそお互いさまの範疇ですと笑うと、この騒音と同じに語るもんじゃないですよと言う。

suu
suu

休みの朝にまでこんなのやられたらたまったもんじゃないですよね!しかも二人ともペットがいるから気が気じゃないですよねえ。完全に男性のやってる事は迷惑行為以外の何でもないと思いますね。

とにかく俄然ムキになってわざとやってるかんじですよね!こんなお隣さんができたら毎日憂鬱になりますよね、、。

男性の部屋のインターホンを鳴らす

坂本はそうですね、直接行きますかと二人は男性の部屋のインターホンを鳴らす。
何度か鳴らしても男性は出てこず、坂本はまさかあまりの音量に中で倒れているのでは?と心配すると、鈴木は居留守か聞こえてないんだと思いますよと言う。
二人が困っていると、突然困ったもんだねと大家さんが現れインターホンを鳴らし反応がないと、あんた無事かい?中で死んでるんじゃないだろうね?生きてるかい?生きてたら返事しなとどんどんとドアを叩くが、応答がなくああ大変だこれだけ呼んでも反応がないなんてこれは緊急性が高いねえ、悪いけど開けるよとスペアキーを取り出す。

扉をあけると男性は玄関の前で座っており三人をみておどろいている。大家さんが男性に顔を近づけ、耳をふさいで大きくバツ印を作った。音量が大きいから止めろという意味だ。
男性は音を止めると何だよ大家でも勝手に入るのは不法侵入だろ?と聞くと、大家さんはいやああんた何度鳴らしてもでないからねえ、、中で倒れてるかもと思ってやむなく入らせてもらった無事でよかったねえとほほ笑んだ。
坂本が本当にとほっとしていると、鈴木は大家さんは緊急性が高かったということにしたかったんだと思いますと耳打ちする。

suu
suu

大家さんナイス!!もう無理にでも入って話を聞かないと拉致があかないですよね!永遠と居留守を使われて大音量の音楽ながされたところで困りますよねえ。。

この男性も一旦音楽を流し出した手前、消すタイミングを失いそうです!変な意地はすてないと、、。とにかくいいタイミングで大家さんが現れてくれてたすかりました!!

大家さんの提案



男性はそれにしたってそいつらはなんだ?人数そろえて脅すつもりか?と目くじらを立てると、大家さんが休日の早朝に突然の大音量、老齢の大家は他の入居者に付き添ってもらい安否確認のために合鍵で入室確認のどこかおかしいかい?と聞く。
鈴木があの音楽を聞くのは分かるんですけど、どうして大音量にするんですかね?と聞くと、大家さんは近所迷惑以外にあんた自身も体に悪いだろ?と言う。

男性はほんとうにアンタら何一つわかっちゃいねーよとため息をつくと、音楽に必要なのはライブ感で、耳だけじゃなく全身で音を受け入れるのはすばらしい事なんだ、俺は音楽のすばらしさを最大限に味わいつつも近所のやつらにも伝えてやってんだよと言う。
鈴木が伝えてやってる?と聞くと、男性は三人はフェスやライブも行ったことなさそーだしわかんねーよな可哀想にと言うが、大家さんはあたしゃ推しのヴィジュアル系のライブ全通だよと全国ツアーなどに全部通うほどの音楽好きであることを主張した。
男性がなら大家さんは全身で音楽を浴びるすばらしさが分かるだろ?と同意を求めると、そりゃそうだけど到底家で音量上げてもライブには敵わないさと言い切る。

男性はまあ、でも俺は家でもできる限りのことをして音楽に敬意を払いたいと言うと、坂本がその敬意を少し周りにも払っていただけませんか?と聞くが、男性は好きな女性の彼氏が坂本だと思い込んでおり、うっせーバカお前にゃ分からん!とキレる。
男性はべつに法に触れてねーし、多少の騒音はお互い様だろと譲らない姿勢を取ると、大家さんは主張はわかったからそれを踏まえてきてもらいたいところがあると言う。
男性が警察か?と聞くと、大家さんはこの子の家さと鈴木を指すと、戸惑う鈴木に急にごめんねお邪魔しても平気かい?と聞く。
男性がえ?そいつの家?と意味が分からずにいるが、三人について一階の鈴木の部屋に向かう。

suu
suu

伝えてやってるってこれは迷惑この上ないお話ですよねえ、、。相手が求めているであればやることに意味がありますが、誰も望んでいないし大音量の音楽なんて迷惑以外の何物でもないのに、、。大家さんのいう通りライブって、会場だからいいわけで、生で本人の歌が聞けたり一体感が味わえたりで私も大好きですけど、家で大音量で聞く必要もないし、普通に見たり聞いたりできたら十分なんですけどね!大家さんは鈴木さんの家に行く提案をしましたが、鈴木さんの家で一体何を見せるんでしょうか?

第5話  ⇔  第7話

タイトルとURLをコピーしました