白紙の上でさようなら第一話ネタバレ感想 恵と漫画家雲水との出会い

スポンサーリンク
白紙の上でさようなら
suu
suu

白紙の上でさようなら第一話感想です!あらすじも含まれますのでネタバレしたくない方はご注意ください!

 

白紙の上でさようならはコミックシーモアで独占配信中です!コミックシーモアでしか読めません!初回無料登録で70%オフクーポンが必ずもらえます!!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

漫画大賞を受賞した過去を持つ恵は、自信の才能のため壊れてしまった家族関係に悩み自信を隠すように暮らしていたが、売れっ子漫画家の雲水との出会いで運命が変わっていき!??ぜひ本編もお楽しみください!!

白紙の上でさようならをコミックシーモアで読む

スポンサーリンク

白紙の上でさようなら第一話ネタバレ感想

 

雲水と恵の出会い

 

恵がカフェで漫画を描いていると、女性客たちが漫画家さんですか?と声をかけるが恵は否定し慌てて店を飛び出す。
店を飛び出すと雲水に勢いよくぶつかり手に持っていたタブレットを落とし液晶が割れてしまうが、雲水が今からタブレットを買いに行こうと言うと22万円もする新機種のタブレットを購入し恵に名刺と共に渡し去っていった。

恵の反応がとっても過剰すぎて驚きますよね!知らない人から声をかけられるほどに漫画の才能があるわけで、しかもこんな経験は一度や二度ではないようですがそのたび逃げるように飛び出していたら相手もなに??ってなりますよね!!飛び出してぶつかった恵が悪いと思いましたけど雲水優しすぎませんか??突然ぶつかってきた恵にタブレットを購入した大人な雲水気になりますね!


担当の武井が雲水に締め切りを急かすと、雲水はある漫画を読み始める。
アシスタントが雲水が集中する前にこの漫画を必ず読むと教えるが、武井はそんな漫画の作家名は検索しても出てこずデビューして消えた人だろうと推測した。

 

suu
suu

漫画が描けるのに恵は何故かそれを自分自身で否定しているようですよね、、。

たぐいまれなる才能のはずなのになんでなんでしょうね?冒頭に出てきたように母親との関係が強く関係しているのは間違いなさそうですが、、。

それにしても恵の方から勢いよくぶつかっていったにも関わらず即恵にタブレットを新規購入してしまう雲水ってすごいですよね!これは確かに恵が思ったように新手の詐欺かなにかかと勘違いしてしまいますよね!!

雲水は忙しい漫画家のようですが、集中するために毎度読む漫画があるようですね!!

 

 

夫の環の想い



恵は雲水が顔出し絶対NGの売れっ子漫画家であると知ると動揺している。
そこに夫の環から着信がはいり夕食に誘われる。
環はタブレットを見ると22万もしたタブレットはアシスタントの仕事でペイするには時間がかかり漫画家として活躍する恵を見たいと言った。

環と恵は婚活パーティーで知り合い、営業マンである環は恵の漫画を褒め、やがて関係を持つと漫画家として活躍する恵を子供に見せたいと言った。

suu
suu

恵の夫である環ですが、なぜか恵がいつもおどおどしているのが気になりますね。環は夫としても恵の漫画家としての才能をかっているようですが、ベースとしては自分が安定して暮らさせてあげる感がすごい気がしますが、、。

あとは子供ができても自分の母親はすごい人なんだと教えたいと強めに願っていますが、恵が母との関係に悩んでいることは知っているのか、、。恵はあまり環には本心を言えていない様子、、。

 

恵と母親の関係

 

しかし恵と母親との関係は複雑で、母はいつも成績優秀な姉を可愛がり、恵が絵画コンクールで入賞しても一切興味を示さなかった。

思いっきり姉妹間で差別があるようですね、、。姉は成績優秀でそれを猫かわいがりする母親。これでは努力しても恵かわいそうですよね。。


恵はますます漫画に没頭すると、漫画大賞を受賞し漫画家デビューが決まった。
母親に泣いて報告するが、姉が国立大学の受験に失敗し、恵のように才能がないから勉強したのにと引きこもるようになると、母は姉がおかしくなったのは恵のせいで一生許さないと言ったのだった。

このシーン可哀想すぎました、、。姉は姉で自分には恵のような才能が何もないから勉強だけは頑張ってきたのに国立大の受験に失敗した自分に生きる意味を見つけられなくなってしまったようですね、、。姉も恵に対するコンプレックスがあったんですね、、。

環は恵がピルを常飲していることに気付く。

suu
suu

恵と家族の関係がいかに複雑かが分かるシーンが続きました。母がなぜ姉の方ばかり可愛がったのかは分かりませんが、姉は姉で恵の漫画の才能をライバル視して勉強を頑張っていたようです。一見してみれば切磋琢磨できていいような気もしましたが、お互いがその思いを知らずに単純にすれ違っていただけで、母親も姉が受験に失敗すると、頑張った恵の才能を認めるわけでもなく恵を責めたててしまうという、、。これはひどすぎますよね、、。姉は姉だし、恵は恵なのに、、。

恵の漫画を読み続けていた雲水

 

恵はタブレット代を手に雲水の事務所を訪れるが、内心はアシスタントを希望していた。
事務所の中で『我聞恵』と名乗ると、雲水たちは固まり漫画大賞を受賞した我聞先生ですか?と雑誌を取り出した。
恵は先生なんかじゃないと雑誌を叩きつけるが、雲水は唯一の同期だとその時の大会で審査員特別賞を受賞していたのだった。

恵はこのときの雑誌も捨ててしまっていたため、隣のページに雲水が特別賞を受賞した特集が組まれているのも覚えていなかったんですね!なんと二人のデビューは同時で雲水にとっては唯一の同期にあたるのが恵だったと言うことになりますね!!

雲水は16歳にこんな熱量の漫画を描かれ足元が崩れたが、それ以来恵の漫画に負けたくないとどんな時も心の支えにしてきており、すっとこの漫画を描いてくれたお礼を言いたかったと言った。
恵は涙を流すと皆で鍋を食べることになった。

これはすごくいいシーンですよね!!恵はずっと心につっかかる気持ちを抱えながら漫画を描き続けてきたのですが、自分の作品をこんな風に読み続けてくれていた人がいると知ったら涙が出るのは当然ですよね!!

雲水にアシスタント希望はどうしますか?と聞かれ、皆が期待すると恵は皆とここで働きたいと決意し一緒に仕事することが決まった。
そのころ恵の引きこもりの姉が、パソコンで恵の漫画について検索していた。

 

suu
suu

雲水と恵が同時にデビューしていたとは驚きでした!母親に言われて以来すぐに本を焼きデビューを断った恵は雲水のことを知らずに過ごしていましたが、二人がまさか同期だったとは。

そして雲水が集中する際に呼んでいた漫画は恵の漫画だと言うなんだか奇跡のような展開ですが、ちゃんと出会い直しているのもすごくないですか??

これによって恵の漫画家人生が動き出すことは間違いないでしょうし、今後どんな展開を迎えていくのか続きが気になりますね!!

第二話に続く

当サイトの記事では完全なネタバレはしておらず、感想をメインとし一ファンとして漫画を一緒に楽しむことを目標としております!完全に内容が知りたい方は購入してお読みいただけたらと思います!
タイトルとURLをコピーしました