ほてりほてってファーストキス第一話ネタバレ感想 呉と椋ノ介の出会い

スポンサーリンク
ほてりほてってファーストキス
suu
suu

ほてりほてってファーストキス第一話感想です!あらすじも含まれますのでネタバレしたくない方はご注意ください!

 

ほてりほてってファーストキスを読むならコミックシーモアがお得です!初回無料会員登録で必ず、70%オフクーポンがもらえます!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

ぜひ本編もお楽しみください!

ほてりほてってファーストキスをコミックシーモアで読む

 

 

スポンサーリンク

ほてりほてってファーストキス第一話ネタバレ感想

 

呉と椋ノ介の出会い

 

呉は放課後部活に急ぐと、椋ノ介は書道室に一番乗りに現れた呉に本当に俺が好きだなとからかった。
呉は受験生で自由登校にも関わらず毎日登校している椋ノ介を心配したが、椋ノ介は成績優秀だと言う。

髪が長くなんとなく独特でミステリアスな雰囲気のある椋ノ介ですが、これで書道は天才的にうまく頭がいいとくればモテ要素満載ではありませんか??呉はもう誰が見ても椋ノ介を好きなのがバレバレですね笑

椋ノ介と呉が初めて出会ったのは呉が入部した初日で、椋ノ介の作品があまりに見事で見惚れ作品を書いた人に会ってみたかったと言うと、椋ノ介が突然現れ会いたいとか俺に惚れてんの?とからかった。

 

suu
suu

書道部に入部した呉は椋ノ介の作品を見た瞬間からその天才的な作品に心惹かれ部長に椋ノ介が書道室に現れるのかと聞くのですが、きまぐれな椋ノ介がいつ現れるかわからないと言われた瞬間後ろから声を掛けられるという偶然が起きます!

そしてすかさず俺に惚れてるの??って、初めて会ったわけなのですが、思わずはいと答えてしまいそうな状況ですよね!!

人前で作品を描かない椋ノ介



椋ノ介の卒業までに一度でいいから作品を書くところを見てみたいと呉は思っていたが、とっておきのことがないと人前では書かないと椋ノ介は書こうとはしなかった。

椋ノ介の言うとっておきとは一体どんな時なんでしょうね??それにしても人前では書かないようにしているというのがまたなんともミステリアスでよいですね!そういわれると益々見たくなるといいますか笑


呉はコンビニに立ち寄りとっておきのから揚げと書かれたからあげをつい購入し外を歩くと、前方から歩いてきた椋ノ介と遭遇し公園に入り話し出す。
図書館で勉強していたという椋ノ介に本当に勉強していたのかと言いうと、椋ノ介は呉のから揚げをつまようじから直接食べた。

 

suu
suu

家は二駅ほど先だという椋ノ介ですが、わざわざ図書館で勉強しているのですからやはり受験生ですよね!

頭もいいようですが、きっと遠くの大学へ行ってしまうのでしょうか??

何の気なしに椋ノ介は呉の使っているつまようじを使うのですが、こういうのって女子高生からすればドキドキですよね!つまようじ使ってくれた!!といったところでしょうか!!

第二話に続く

当サイトの記事では完全なネタバレはしておらず、感想をメインとし一ファンとして漫画を一緒に楽しむことを目標としております!完全に内容が知りたい方は購入してお読みいただけたらと思います!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

コミックシーモア

ほてりほてってファーストキスをコミックシーモアで読む

タイトルとURLをコピーしました