いつわりの愛契約婚の旦那様は甘すぎる第23話感想 嫉妬する清貴

スポンサーリンク
いつわりの愛
suu
suu

いつわりの愛契約婚の旦那様は甘すぎる第23話感想です!あらすじも含まれますのでネタバレしたくない方はご注意ください!

 

スポンサーリンク

いつわりの愛契約婚の旦那様は甘すぎる第23話感想

 

遥菜の結婚に嫉妬する清貴と香里

 

佐山が結婚が理由で辞めたとは知らなかったと言うと、理人はどうしても遥菜と離れたくなくてプロポーズしましたと遥菜の肩を抱いた。
香里は嫉妬で顔を歪めた。

元上司の佐山にも事情を話せていなかったため返事に困ってしまった遥菜をしっかりとフォローする理人はやはりかなり頼もしいですよね!頼りになるできる旦那様!香里が嫉妬で顔を歪めるたびにしてやったりな気分になります!!


理人は遥菜のおかげで仕事に専念できると言うと、清貴は遥菜がいなくなり大変な自分とは対照的なその言葉に腹を立てていた。

 

suu
suu

もともと仕事の能力がなかった清貴なので、結局そのとき仕事がうまくいっていたのは遥菜が頑張っていたからなんですよね!!!そこに気付いていないのが痛すぎます!!理人は遥菜のサポートや優しさで更に仕事に精を出せると言うだけで、遥菜は理人の仕事を手伝っていませんし根本的に支え方が違うのですが、どちらにせよ遥菜は相手を支える能力が高いのは分かりますよね!!

 

理人の言葉に涙を流す遥菜



佐山たちが遥菜をお願いしますと言うと、理人は自分の人生をかけて遥菜を幸せにしますと言う。
演技と分かっていても遥菜は気持ちが溢れ涙を流すと、理人は遥菜の涙を拭いこんなところも可愛く守ってやりたくなると言う。

遥菜が流した涙は嬉し涙なんでしょうが、今の状態だと嘘の結婚であるわけなので複雑な気持ちの表れである涙な気もしてしまいますよね、、。


香里は清貴よりも断然理人が上だと内心悔しがっていると、清貴はあることを思いついていた。

清貴、、。何かを思いついたようですが、悪知恵だけは働きそうなので、、。理人と遥菜に何かしらの被害が及ばないといいんですけどね、、。

理人と遥菜は先に会場を抜け何か食べて帰ろうと理人が言うと、エレベーターでぶつかった男性と偶然会うが、理人はまたわざとぶつかって口説こうとしているかもしれないから目を合わせるなと言って遥菜の手を引いた。

 

suu
suu

最後のシーンは理人も遥菜に対する好きが溢れてしまっていますが、手を引かれた遥菜もまた理人を好きな気持ちが更に加速していますよね!!男性特有の独占欲というか、理人はあまり肌の露出の多い服装も遥菜を他の男性に見られたくないという気持ちが強かったので、独占欲は強いタイプにも思えますが、その意外性もまたいいですよね!!

それにしても何かを思いついた様子の清貴が気になります、、。一体何を思いついたのか、、。今頃になってかなり遥菜を失ったのが痛かったと気づいているようではありますが、時すでに遅いんですけどね!!!

第22話  ⇔  第24話

当サイトの記事では完全なネタバレはしておらず、感想をメインとし一ファンとして漫画を一緒に楽しむことを目標としております!完全に内容が知りたい方は購入してお読みいただけたらと思います!
タイトルとURLをコピーしました