いつわりの愛~契約婚の旦那さまは甘すぎる~第3話ネタバレ 家政婦になる遥菜

スポンサーリンク
いつわりの愛
suu
suu

いつわりの愛~契約婚の旦那さまは甘すぎる~第3話ネタバレと感想です!

 

スポンサーリンク

いつわりの愛~契約婚の旦那さまは甘すぎる~第3話ネタバレ

 

理人のところに案内してくれる海斗




遥菜は綾瀬常務が会ってくれることになったけど気が重いとうつむいている。

湯川海斗が桜井さん今日は打ち合わせ?と声をかけると、遥菜がこの後実は綾瀬常務に退職のご挨拶をというと僕が案内してあげると言う。
海斗は理人の前の担当者でとても好意的で話しやすい。

海斗が桜井さんなら理人ともうまくやれそうだったから残念だよと言うと、理人と呼び捨てしたことに遥菜が驚くと、実は二人は幼馴染なのだと言う。
どうしてそんな風に思われたのかと不思議に思いながら、すみませんお気持ちにそえられなかったと思いますと言うと、海斗はそんなことないと思うけどと答え退職理由を聞いた。

遥菜は言葉に詰まり広告の仕事って毎日がすごく忙しくて満員電車のストレスとか疲れてしまってと言うと、海斗はそっか大変だったんだねと理解を示すと、次の仕事はもう決まっているの?と聞く。
遥菜はこのとき初めて次の仕事のことを考え、ずっと頭がいっぱいで何も考えていなかったことに気付く。
将来についてしっかり考えなければと思った。

遥菜が自宅から近い場所で今までとは全く違う仕事がしてみたい、自分に何が向いているのか考えてみたいと言うと、海斗はそれはステキなお考えだと言いちなみに家はどこかと聞く。
横浜と答えた遥菜に、希望の条件はあるのかと聞くと遥菜はあまり他人と関わらない仕事をしてみたいと言う。

なんだか湯川さんと話すだけで少しだけ前向きになれると感じる遥菜だった。

suu
suu

見た目が似ていたので二人が兄弟なのかと思いました!幼馴染なんですね!二人ともイケメンです!それにしても海斗は遥菜に根ほり葉ほり次の仕事についてなど聞いているのでとても親切なのか?家事はできる?と聞いていた当たりが内容が具体的すぎますよね!

遥菜は浮気され破断し嫌がらせまでうけて、次のことまで考える余裕それはないですよねえ。でも28歳という半端な年齢も手伝いきっといろいろ悩んでしまうんではないでしょうか??

突然の提案



海斗がスノー・エージェンシーの桜井さんが挨拶に来られたぞと言うと、理人がどうして海斗が?と聞く。
海斗がロビーでたまたま会ってね桜井さんどうぞと言うと、遥菜が綾瀬常務突然申し訳ございません、退職をすることになりましてご挨拶をさせていただきに参りました、当面は弊社の町田が担当をさせていただきますと頭を下げた。

やっぱり最後まで口を聞いてもらえないんだろ、うな、と思いながら頭をさげる。
海斗が突然、家政婦を探していただろ?桜井さんはどうだ?と聞くと、理人も遥菜もえ?と驚く。
理人がお前いきなり何を言ってるんだ?と言うと、海斗が彼女の家お前の家に近く、次の仕事が決まっていないみたいだし、ネ?桜井さん?と遥菜を見る。
遥菜は全力で首を横に振ると、できません、私家政婦なんてやったことありませんし、他人と関わる仕事はと言うが、海斗はそれなら理人はほとんど仕事で留守だから大丈夫とにっこり笑う。

理人が勝手に話を進めるなと言うが、海斗が長年勤めていた家政婦がやめて困ってるんだろ?若い女性だと理人に近づこうとするし年配の人はかなりの審査が必要になる、その見た目で御曹司そして独身ってのは人選が難しいんだ、でも彼女の答えを聞いただろ?桜井さんは適任だ、彼女はお前に興味がないと言い切る。
そして仕事は真面目で正確、一緒に仕事をしたならわかるだろ?と聞く。


そんな風に言ってもらえるのは思いがけず嬉しかったが、遥菜は理人に嫌われている自覚があった。

海斗が待遇と条件は俺が保証するからと言うが、遥菜は困惑し私にはできませんと断る。
その様子をみた理人は、また過去に言われた言葉を思い出していた。

遥菜が尚も自分にはと否定していると、理人が俺に興味がないならちょうどいい、桜井遥菜、君にうちの家政婦をお願いすると遥菜の目を見て言う。

初めて目が合った?

この強引な提案が私たちがあの契約を結ぶことになる始まりだった。

suu
suu

今まで何度もあっているのに逆に目も合わなかった理由がなんだったんでしょうね?それも気になるところです。若い女性はすぐ自分に狙いを定めると思って遠ざけていたんでしょうか?まあもちろんモテるでしょうけど、ここまではっきりと興味がないと言われたら逆に興味を持ってしまいそうですね!

いきなり家政婦の仕事と言われても、長年勤めていた家政婦さんもいたようですし、結構なプレッシャーではありますよね!でも海斗がそこまで中身を褒めてくれてそれは素直にうれしいですよね!

 

第2話  ⇔  第4話

タイトルとURLをコピーしました