いつわりの愛~契約婚の旦那さまは甘すぎる~第四話ネタバレ 仕事を始める遥菜

スポンサーリンク
いつわりの愛
suu
suu

いつわりの愛~契約婚の旦那さまは甘すぎる~第四話ネタバレと感想です!

 

スポンサーリンク

いつわりの愛~契約婚の旦那さまは甘すぎる~第四話ネタバレ

 

ホテルの様なマンションに住む理人




ここか、綾瀬常務ラ・フェリーチェシリーズのマンションに住んでるんだと遥菜はマンションを見上げた。

あのあと理人が俺は仕事が忙しく家に割く時間がなく困っていると言うと、仕事内容は部屋の掃除に洗濯と説明し始めた。
それを断りきらず遥菜は家政婦の仕事を引き受けた。思えばそれが今まで目も合わなかった理人との初めての会話だった。

エントランスに入るとまるでホテルのロビーのような素敵な空間と広さに驚きながらコンシェルジュに桜井と申しますと声をかける。
女性がほほ笑んで少々お待ちくださいと言うと、早川がお待たせいたしました、綾瀬常務の秘書を務めております早川と申しますと自己紹介した。
早川が業務内容などは僕から説明しますねと言うと、遥菜がお願いしますと頭を下げた。

早川がコンシェルジュからICカードと家事をお受け取りいただいたら居住者用入口へ向かいますと案内するとエレベーターの乗り方についても説明した。

マンションに入るまでに三回もカードが必要でありすごいセキュリティだと遥菜は思っている。
12階の理人の部屋の階でエレベーターが止まると、ゴミ置き場の場所を教えられ各階にゴミ置き場まであることに驚いている。
理人の部屋に通されると遥菜はモデルルームみたいと思わず言ってしまう。早川がリビングは25畳ありシリーズの中でも最高級だとお笑う。

suu
suu

シンプルに羨ましいです笑

こんな暮らししてみたいと思うようなきれいなマンションに住んでいる理人。いいですよね。毎日がホテル暮らしみたいじゃないですか?だって身の回りの世話は誰かがしてくれるからいつでも家の中もきれいでまさにホテルですよ!!秘書もいて御曹司ってすんごいんですね!!これは誰もが結婚をあこがれてしまうかもしれません!笑

仕事に取り掛かる遥菜



ラ・フェリーチェシリーズは東京だと3億近いって聞いたけどここは、、。遥菜は息をのみこんなところ購入できるなんてすごいと言うと、早川がいえここは常務が個人として会社から借りているのだと言うと、常務は実際に住むことでラ・フェリーチェシリーズの改善点を見つけ反映されてるんですと言う。

遥菜は仕事のためにと関心し、綾瀬常務との打ち合わせは気が重かったが仕事への熱量やストイックさはずっと尊敬していたことを思いだすしやっぱりすごい人だと痛感する。

早川は寝室以外の3部屋とトイレやお風呂の掃除そして洗濯、クリーニングはコンシェルジュに渡していただき仕上がったものはクローゼットへ、時間がある時でかまわないのでマンションや戸建ての広告整理もお願いしますと言うと、遥菜は食事の支度はしなくていいのですか?と聞く。
早川は常務は基本的に外で食事をしますし、ご自宅では簡単な物をとコンビニで済まされます、ほかに質問はありますか?と聞かれると、遥菜がいえ大丈夫ですと言う。

それから必死に掃除を始めるとあっという間に終業時間を過ぎ広告整理は次に回そうとするが、ただ抜き出すだけっていうのもなと何やら作業を始める。
その日の遅くに帰宅した理人は疲弊し寝不足かと、ネクタイを緩めるとテーブルの上に置かれたメモに気付く。
メモには次回必ず整理いたします。桜井遥菜と書かれており、理人は真面目かとつぶやいた。

suu
suu

理人の場合は単に御曹司という立場に甘えず、自らマンションに住み住みやすさや改善点を考えているようですね!きっとそこは遥菜と同じで真面目なんではないでしょうか??どれほどお金持ちだからと言って毎回高級なものばかり食べているわけではないと思いますが、コンビニで済ましたりと体の管理に関しては少しずぼらかもしれませんよね?!でも遥菜にとっては食事がない分仕事内容としては楽かもしれませんが、マンション内が広すぎてなかなか大変な仕事ですよね!

第3話  ⇔  第5話

タイトルとURLをコピーしました