癒しのお隣さんには秘密がある第21話ネタバレ 告白を決意も藤子にバレ絶望の蒼真

スポンサーリンク
癒しのお隣さんには事情がある
suu
suu

癒しのお隣さんには秘密がある第21話ネタバレと感想です!

 

スポンサーリンク

癒しのお隣さんには秘密がある第21話ネタバレ

 

ストーカーと自覚していた蒼真




藤子の部屋の隣が空いた時蒼真がどれほど歓喜し興奮したか。
遠い存在だったはずの藤子が自分の隣にいる、奇跡だと思った。
初めて挨拶に行ったとき、初めて自分にだけほほ笑んでくれた時、毎夜語り合う関係になれた時藤子が家族のことや進学を諦めたことなど、胸の内を打ち明けてくれると、心臓が壊れるんじゃないかと思うくらい蒼真は嬉しかった。
藤子が話しかけてくれるたび、何度も抱きしめたいと思った。

さすがに蒼真も藤子の会社の様子を知るすべはなく、会社の情報まで盗んでききたいわけではなかったので、ベランダでの時間が藤子を知れる唯一の時間だった。

藤子がある日言った、自分の愚痴に付き合ってくれる仁科さんも内面の良さが表に出ていますよねと言った言葉がひっかかった。
蒼真はいい人でもなんでもなかった。
極秘護衛なんて、良心の呵責に耐えられない自分が勝手に名付けただけだった。
ちゃんと分かっていた。
分かっているのにやめられなかった。
藤子の声を盗み聞くことも、使ったものや髪の毛を収集すること、居場所を把握することや尾行すること、すべてやめられない。
自分は単なる浅ましいストーカーだ。

suu
suu

蒼真は自分のしている行為がストーカー行為だと分かっている様子です。何か危害を加えたわけではないので、蒼真なりに見守っていたのはあるんでしょうが、藤子の気持ちからすると盗聴や物の収集とかを考えたら恐怖に感じてしまうでしょうね。。蒼真はやめなければいけないと気持ちは葛藤していたようです。好きが止まらなかったのは伝わりますが、よくあるシンデレラストーリーなのかと思っていたら大どんでん返しに驚きますね!!

藤子に告白する決心をする



正体を隠し近づいた蒼真を藤子は全く警戒しず、蒼真はずっと藤子をダマし続けた。
藤子の一日が知れたらそれでよかっただけなのに、日に日に藤子への想いは深まってしまった。
もっと知りたい、触れたいと。蒼真は藤子を心から好きになっていた。
むしろ最初の出会いの時から蒼真の心には藤子しかいなかったのだ。

藤子を求めてしまったがそれは自分だけではなく藤子も同じだった。藤子の言葉を思い出すとまた仕事が手につかなくなった。
もう末期だ、自分の気持ちを抑えられない。好きだと告白し気持ちを打ち明けていい加減にこのストーカー行為を辞めようと蒼真は決心した。

アパートに帰りドアを開けると、蒼真の部屋はブワッと風が吹いた。
空いた窓を見て言葉を失う蒼真。
空いた引き出しに開いたノート。まさか藤子さんに見られた?蒼真はさーっと血の気が引いていくのを感じた。

隣の部屋の藤子のドアをノックする蒼真。灯りはついているが返事はなかった。
藤子さんと名前を呼びドアに蒼真はもたれかかった。

suu
suu

うーーーーん。。これは何といタイミングか、、。せっかく藤子と両想いだったのにやはり嘘はばれてしまうと言うことでしょうか。とにかく藤子がすぐ隣にいるのに壁一面に写真を貼っているのは劇的にまずかったですよねえ、、。藤子が見なければ告白は成功したかもしれませんが、いつかきっとばれたかもしれないので、それを知ってしまったうえで藤子が出す答えが気になります!

第20話  ⇔  第22話

タイトルとURLをコピーしました