女性の死に方第8話ネタバレ 認知症で妻の死に気付かない夫 老々介護を考える

スポンサーリンク
女性の死に方
suu
suu

女性の死に方第8話ネタバレと感想です!

女性の死に方を読むならコミックシーモアが断然お得です!!初回無料会員登録で70%オフクーポンが必ずもらえ、更に第三話までが無料で読むことが出来ます!!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

様々な女性の死と向き合う『女性の死に方』は特に女性の方に参考になることが多く一度読んでいただきたい作品だなと強く思いました!ぜひ本編もお楽しみください!

女性の死に方をコミックシーモアでお得に読む

スポンサーリンク

女性の死に方第8話ネタバレ

妻の死に気付かない荒川


夏の暑い日、ヘルパーが荒川の家を訪ね玄関を開けるが静まりかえっており、すぐに異臭に気付くとまさかと思い家の中に足を進めた。
荒川はソファーに座りぼーっとテレビを観ておりほっとしたヘルパーが話しかけるが、すぐに荒川の後ろに倒れハエがたかって亡くなっている妻を見つけ悲鳴をあげた。

検察官がかなり腐敗が進んでおり早い方がいいかとと言うと、荒川初美76歳の遺体をみて看護師は孤独死かなと思うが、検察官の夫との二人暮らしだったという言葉に驚く。
自宅にエアコンはあったと言う検察官に、医師は高齢の方は節約志向でエアコンがあっても使用しないケースもあると言い、外傷もないので熱中症の可能性も考慮し解剖を始めた。

医師が死後一週間は経過しており腐敗により臓器はどれも柔らかく脳はドロドロに溶けていたが、脳の組織の中に血の塊を見つけ死因は脳出血だと思われると言うと、看護師が夫と同居していたのになぜ一週間も放置されたのかと聞いた。
検察はご主人には認知症があり初美さんが倒れたのを見たとしても救急車を呼ぶという判断能力がなく、妻が亡くなったことを理解できなかったと言う。

suu
suu

認知症になった夫の介護をしながら妻が急死してしまう。怖いですよね。。夫は妻の死に気付けず何日もそのまま暮らし週一でもヘルパーさんが来てくれたからいいものの、考えるとぞっとしますが、老後のこういったことに不安を覚える人も少ないないでしょうね、、。

老々介護の終わらせ方を考える


その夜のみに出かけた二人。
看護師は今日の案件は堪えたと言うと、医師も考えさせられることがあったと言う。
高齢化社会が進む日本では認知症患者は増えていくだろうし、認知症を患った伴侶の介護をする人、老々介護がどんどん増えると思い、認知症患者は正常な判断が難しい場合が多々あり外因死することが多いと言う。
外因死とは病気ではなく、事故や殺人などで外傷を受けたことによって死亡することだ。
フラッと外に出て帰り路が分からないママ転落、転倒、溺死中には焼死体で見つかる方もおり、介護する側も年をとっているから認知症の妻の入浴を手伝う際バランスを崩し妻がおもりとなって溺死した高齢男性もいてね、老々介護は本当に大変なことだと言う。

それを聞いた看護師は長生きしてもいいことがないと落ち込んだが、医師は大切なのは老々介護の終わり方を知っていることで、今回のようなことはこれから増えるから認知症のある家族の介護する人もされる人も穏やかにその時を迎えられるように孤立しないよう親族や社会とつながり公的な介護サービスを使い、日々の負担を減らしてほしいなと思うと言う。
看護師は電車の中でぼんやりと一緒に居られる日を最後まで楽しめれるように過ごせばいいんだと思いなおし、改札を出たところで仲良さそうに歩く老夫婦を見て笑顔になり運命の人がいつ来てもいいからなと叫んだ。

suu
suu

でもほんとうにそうですよね、二人きりでいて抱えきれなくなってしまう場合、施設やデイサービスに通ったりといろいろと頼れる場であったり話せる場があるのが一番大切ですよね。

二人で暮らしてきたことは幸せだったことなので、終わり方も笑顔が見られたらいいなと思う話でした。

第7話  ⇔  第9話

タイトルとURLをコピーしました