女性の死に方第七話ネタバレ DVでミイラ化した美帆はあざが原因で死亡

スポンサーリンク
女性の死に方
suu
suu

女性の死に方第七話ネタバレと感想です!

女性の死に方を読むならコミックシーモアが断然お得です!!初回無料会員登録で70%オフクーポンが必ずもらえ、更に第三話までが無料で読むことが出来ます!!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

様々な女性の死と向き合う『女性の死に方』は特に女性の方に参考になることが多く一度読んでいただきたい作品だなと強く思いました!ぜひ本編もお楽しみください!

女性の死に方をコミックシーモアでお得に読む

スポンサーリンク

女性の死に方第七話ネタバレ

ミイラ化した遺体の解剖


工事現場の作業員が異臭に気付き、あの車か?とだいぶ前から停まっていた一台の車のドアを開ける。
ぐちゃぐちゃでゴミだらけの車の中から人の手を見つけると慌てて警察を呼んだ。

検察が発見時すっぽりと頭まで毛布をかぶっており死後何者かによって故意に遺棄されたと言うと、ただこのような状態で身元特定にも至ってないとミイラ化した遺体を見せる。
ミイラの解剖はしたことがないと看護師が言うと、医師はいつも通りだと言うが、硬くなった遺体にメスが入らないと看護師が言う。
医師は腕力でガンバルだけだと、汗だくになりながら力ずくで胸を開いた。

臓器はほとんどカツオブシムシに食べられていたが、頭皮の裏側は通常真っ白なのに女性の遺体が真っ黒なことにきづき、出血したことがわかり生きていた時にしか出血は起こらないと言った。
看護師が生きている間に何か硬い物にぶつかり出血したんでしょうと言うと、医師は生前頭部に打撲を受けたことは確認できたが頭蓋骨の中に脳出血は見られなかったとし、頭部への打撲は死因には関係ないものであり頭蓋骨や肋骨にも骨折の後は見られなかったと言う。
ただミイラ化するには気温が低い冬場であり前年の冬であったことが特定できると言うと、検察官は我々警察は殺人の可能性も考えていると明かした。

suu
suu

ミイラ化した遺体の解剖、、。聞くだけで大変そうで、恐怖でもありますよね!ミイラ化しているためおばあさんに見えますが実年齢もまったく想像もつきませんし。

あざで人が死ぬ?

数日後
医師が彼女が遺棄されていた車の持ち主を特定し身元が判明し名前は木下美帆さん36歳だったと言うと、もう少しなぜ彼女が亡くなったのか考えないといけないとうつむいた。
医師によると美帆は車の所有者の男と内縁関係にありDVを受けていた疑いがあるそうで、この事件をうやむやにしたくないと言った。

医師が知り合いの大学病院の先生から参考資料を送ってもらえることになったと言うと、交通事故で体のあちこちを打撲した患者についての資料に目を通し、打撲するとあざができるが全身の面積のうちの何パーセントにあざができると人が死ぬかと言うことが書かれていたと言う。
看護師はあざで人が死ぬのかと驚き、医師は筋肉が損傷しあざができその際肝臓の機能を障害するミオグロビンが血液中に流れ出るのだと言うと、全身面積20~30パーセントのあざで人が死ぬと書かれていると説明した。
30代の美帆が突然死する可能性は低く、体にどれくらいの範囲であざができていたかわかればあざで亡くなったと証明できると言う。

suu
suu

ミイラ化しているためわかりませんでしたが、まさかの30代女性でしたね。なぜ車の中でミイラ化なんてしていたんでしょう。

車の中のゴミの量を見てみても生活していたであろう痕跡があるのかなというくらい物が散乱していましたが、、。

過酷な状態で過ごしていたには違いなさそうですよね。

美帆が送っていた生活


検察官が美帆が内縁関係にあった男から売春を強要されており、客となった人たちから聞いた話によると最初はなかったが二回目には体に大きなけががあり痛々しい姿が衝撃で覚えているという証言を集めており、医師はその証言を元にあざの範囲を推測したいと言う。
検察官が集めた結果美帆の体には30パーセント近い範囲のあざがあり、医師が腎不全は治療せず放置すると必ず死ぬと言う。
医師は全身打撲で起こった皮下出血による腎不全だと思うと言った。

外のベンチに座る医師と看護師。
看護師が裁判で内縁の夫が美帆を何度もビール瓶で殴ったことを認め傷害致死で実刑を受けることが決まったと言い、内縁の夫は定職にもつかず無職で家賃も払えず車中生活をし生活費の為に売春させたような最低な人間で、なぜそんな人から逃げられなかったのかと疑問に思った。
医師はDVの被害者はシェルターに入っても再び加害者の下に戻るケースが少なくなく、美帆には頼れる親族は他にもおらず逃げ出したところでどうやり直していいのか分からなかったのかもしれないと言うと、そういう状況に陥った方に何故と聞くのは酷なんじゃないかと思うとうつむいた。
僕たちにできることはなぜその人が亡くなり生きている時に出せなかった助けを究明することで、わかった事実はただのあざでも人は死ぬということでそれを周知することだと言う。

看護師がまさかあざで命を落とすことがあるとは思わなかったとし、せめて被害者の周りにいる人が気付いて救われる人が増えるようにと目を閉じた。

suu
suu

ミイラ化してしまった美帆の生活の背景にはかなり悲しい暮らしがあったようですよね。あざで亡くなることがあるなんて私も知りませんでしたが、美帆のようにDVを受けていても戻ってしまう人が少なるためにはどうしたらいいのか考えさせられました。

第6話  ⇔  第8話

タイトルとURLをコピーしました