結婚商売第23話感想ネタバレ ラホズでゴディエと対面する

スポンサーリンク
結婚商売
suu
suu

結婚商売第23話感想です!あらすじも含まれますのでネタバレしたくない方はご注意ください!

スポンサーリンク

結婚商売第23話感想

 

ラホズに到着したザガリーを歓迎する民

 

ザガリー達がラホズに到着すると、アラゴンからの侵略を最前線でいつも守るザガリーをセブランの民は熱烈に歓迎した。
国王陛下がいる本城までは巨大な関門を三つ通り、太陽に届きそうなほど更に上にあがるとようやく乳白色のラホズ城に到着する。

セブランの民の歓迎の仕方が相当なものですね!これには驚いてしまいました!ザガリーは英雄として扱われているようで、ビアンカも惚れ直すポイントになったんではないでしょうか??

ラホズ城の庭園にいる国王陛下に挨拶に行こうとするもビアンカは緊張で震えてしまうが、ザガリーに手を握られると気持ちを落ち着かせ挨拶へ向かう。
ラホズの庭園は様々な植物を集めた有名な場所で、国王陛下からひときわ寵愛されるオデリー王女と第一王子妃殿下が管理していたが、その庭園でザガリーに会おうとするくらいザガリーに対しての信頼は厚いことを意味していた。

 

suu
suu

ビアンカは国王陛下やその他のラホズ城内の誰とも面識がなく、挨拶するのだってかなり緊張するに決まってますよね!強気なビアンカがいつになく震えている様子に、ザガリーはやはり優しく手を握り行かなくてもいいと言いますが、いつもビアンカの気持ちを優先して考えてるところが素敵な旦那様って感じですよね!!

 

国王陛下とゴディエに挨拶するビアンカ



庭園でセブランの国王ビクトル・ド・セブランにビアンカが挨拶すると、第一王子のゴディエも続いてビアンカに挨拶した。
ゴディエが手にしていたバラは妻に渡すものだと言うが、じきにザガリーがビアンカに永遠に枯れないバラを贈るだろうというがビアンカにはその意味が分からなかった。

国王陛下も第一王子のゴディエもとてもビアンカに対して優しくすごく会ってみたかったという気持ちが伝わりますね!ザガリーはビアンカの体が弱いという理由でラホズに連れてきていなかったようですが、単純に一緒に行けるような関係性ではなかったんでしょう。

ビアンカの前世の記憶ではゴディエは結局権力を握れずこの世を去り、王位を継ぐのは弟のジャコブ第二王子殿下だ。
いっそこの機会に少しでも第二王子とのつながりを作った方がいいのかと、悶々と考えながら広い屋敷の中を歩いていると足の速いザガリーにビアンカはおいていかれてしまう。

suu
suu

ゴディエの言っていた永遠に枯れないバラをザガリーがビアンカに贈るとはいったい何を意味しているんでしょうか??

第一王子が通常なら王位を継承する権利が一番強いと思うのですが、ゴディエは見るからに優しそうで確かに巨大な力を保持するタイプには見えなくもないかもしれません。ビアンカは前世での流れを知っているため、第二王子のジャコブについて気になるのは当然と言えますよね!

 

第二王子のゴディエとの対面



その時ビアンカは一人の男性にぶつかり、男性はビアンカを抱きかかえ手を握るとどちらの家門の美しいご令嬢かと尋ねた。
ザガリーがビアンカの名前を呼ぶと、足が速すぎると怒りながら駆け寄るビアンカの手をしっかりと握りゴディエを睨みつける。
ゴディエが君が伯爵夫人かとにやりと笑うと、ビアンカはこの男がゴディエなのかとゴディエを見つめた。

suu
suu

これはこれはこの人が第二王子のジャコブなんですね!!ビアンカに対する距離めちゃくちゃ近い!!見るからに女性をたらしこむタイプでルックスも端正ですよね、、。ビアンカは全く興味がなさそうですし、明らかに敵意をむき出しにしたザガリーの視線がむしろかっこよかった!!このゴディエが王位を継承するのであればビアンカは何かしらの計画をもって近づくことはあるかもしれませんが、容易に近づくのは気を付けた方がよさそうな相手ですよね!

第22話  ⇔  第24話

当サイトの記事では完全なネタバレはしておらず、感想をメインとし一ファンとして漫画を一緒に楽しむことを目標としております!完全に内容が知りたい方は購入してお読みいただけたらと思います!
タイトルとURLをコピーしました