結婚商売第24話感想ネタバレ ビアンカに色目を使うジャコブ第二王子

スポンサーリンク
結婚商売
suu
suu

結婚商売第24話感想です!あらすじも含まれますのでネタバレしたくない方はご注意ください!

 

スポンサーリンク

結婚商売第24話感想ネタバレ

 

ビアンカに色目を使うジャコブ

 

ジャコブがビアンカの母は自分の母の遠い親戚の姪で親類だと言うと、ビアンカはブランフォシュールは王族との親類関係を鼻にかけたりせず、大して興味もないと言う。
はっとして謝ったビアンカに、ジャコブは今の様に正直に気楽に話してくれとラホズに滞在中は頼ってほしいとジャコブは明らかに色目を使った。

自分に対して明らかに色目を使うジャコブに嫌悪感を感じたビアンカはつい第二王子であることも忘れジャコブを跳ね除けましたが、この反応こそジャコブを燃え上がらせるような要因になるかもしれませんよね??ザガリーのモノだと思うと余計にちょっかいを出そうとしないか心配ですよね!

ビアンカはザガリーに疲れたので部屋に戻りましょうともたれかかると、二人はジャコブの前から去る。
ザガリーがジャコブには近づかないように言うと、ビアンカは第一王子を指示すべく結婚したのだと答える。

suu
suu

ザガリーも心穏やかではいられないですよね、、。目の前で妻にあんな態度を取られたらラホズに滞在中にジャコブと二人きりにならないようにと言うのも納得です!!明らかに嫉妬したような態度ではないものの、ザガリーも面白くないと思ったでしょうが、ビアンカの毅然とした態度は信用に値しますし、ジャコブのおかげでビアンカに旦那様と呼ばれもたれかかられたことにはまんざらでもなかったかもしれませんよね!!

前世でのジャコブの素行の悪さ



前世でも素行の悪かったジャコブは、敵国であるアラゴンと20年にわたり内通していた。
アラゴンの侵略はジャコブの起こした寸劇で、国王や第一王子亡きあとセブランの国王となったジャコブはアラゴンの王女と結婚した。

自国を欺き裏切ってラホズとアルノーを危機に追いやったのがこのジャコブなんですね!!ジャコブのせいで国王陛下含め多くの命が犠牲になったのかと思うと、今世では絶対に許しておけない存在です!!!

その後アラゴンの女王は不在ばかりのジャコブに寂しさを覚え護衛の騎士で寂しさを埋めるように不倫をした。
ビアンカがフェルナンで寂しさを埋めたように。
やがてアラゴンの王女の不倫が明らかになると、ジャコブの要求によりアラゴンは国をジャコブに差し出すことになる。
フェルナンもビアンカの元を去る時、もう必要なくなったと言うとその後アルノーはザガリーの本家ウィグ子爵家の手に渡った。

ジャコブなんて最低やヤツ、、、。自国を欺くような最低な男なので十分にあり得るとは思いますが、やることなすこと最低ですね。。本当に自分の権力のためなら手段を選ばない最低な男です。アラゴンの女王が不倫するように寂しさをわざと与えるような態度を取っていたのも目に見えますし、、。怖すぎます!!


ビアンカはザガリーの方がよっぽどジャコブよりもカッコいいと言いながら二人は談笑し部屋に到着する。
待ち受けていたイボンヌが、二人のために用意されたベットルームへ案内すると突然訪れた二人きりの夜にビアンカは戸惑った。

suu
suu

前世ではビアンカもザガリーとの関係に寂しさを感じフェルナンと不倫関係に陥って心もフェルナンに向けたものの、フェルナンはビアンカの力を利用しただけだったんですよね。アラゴンの王女の気持ちも痛いほどわかったでしょうが、そんなビアンカは今世ではザガリーとこのように関係を修復し、傍からみても幸せに過ごしてます。人間関係って努力で何とかなるんだなと思いましたが、ジャコブにはそんなこと通用するわけもないので、そう思うとザガリーのことを前世ではずっと勘違いしていただけなんでしょうね、、。突然訪れた二人の夜、ドキドキしますね!!!

第23話  ⇔  第25話

当サイトの記事では完全なネタバレはしておらず、感想をメインとし一ファンとして漫画を一緒に楽しむことを目標としております!完全に内容が知りたい方は購入してお読みいただけたらと思います!
タイトルとURLをコピーしました