氷の城壁第11~20話ネタバレ こゆんにミナトが五十嵐の話題を振る

スポンサーリンク
氷の城壁
suu
suu

氷の城壁第11~20話ネタバレと感想です!あらすじも含まれますのでネタバレしたくない方はご注意ください!

氷の城壁はコミックシーモアでお得に読むことが出来ます!初回無料会員登録で必ず70%オフクーポンがもらえますので是非ご利用ください!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

4人の交差する想いが可愛くかなり面白く描かれた断然おススメの作品です!コミックシーモアでもランキング上位を継続中です!ぜひ本編もお楽しみください!現役高校生が読んでももちろんのこと、アラフォーの私が読んでも俄然面白く、様々な人間模様や恋にトキメク気持ちを楽しめる作品です!さすがはランキング上位を持続している作品で満足度は圧巻です!!!ぜひ本編もお楽しみください!

\ 氷の城壁をお得に読む /

氷の城壁をコミックシーモアで読む

スポンサーリンク

氷の城壁第11話~第20話ネタバレ

 

氷の城壁第11話ネタバレ 中学時代から仲良しな美姫と陽太




美姫は公民館につくと、小雪と陽太が隣同士で勉強している姿に驚いた。陽太は駅まで二人を送る途中、家にはまだ3歳の双子がいてうるさく集中できないから公民館をよく利用しているというと、自販機に二人にジュースをおごってくれる。


そもそも小雪が誰かと仲良くしているのが珍しいのに、それが自分の友達ともなれば更に驚きますよね!陽太はずいぶんと歳の離れた兄弟がいるんですね!!

陽太が美姫とは中学の頃ミナトと一緒の塾で仲が良くなったと言うと、ミナトとも接点があることに美姫は更に驚いた。明日も公民館で会おうと約束し陽太と別れる。一人部屋でもやっとしているミナトの元に彼女から電話があり今から会えないか?と言われると、ミナトは分かったと電話を切り思ったより早かったとつぶやいた。

 

氷の城壁第12話ネタバレ感想 彼女から別れ話をされるミナト


彼女の元に現れたミナトがどうしたの?と聞くと、彼女が別れたいと言いながらミナトの反応を見ていた。ミナトは俺何かした?と聞くと、彼女は気持ちが向いてないのは分かってるし自分の気持ちを話してくれないミナトは本当に自分がないと言う。


彼女はミナトの反応を見ているようですが、やはりあまり表情を変えないミナトは自分に気持ちがないと確信した様子です。思春期ですし恋で頭がいっぱいになって彼氏の気持ちが小さいと不安になりますよね!!


翌日はやと達がミナトの別れ話で盛り上がる。
ミナトは昼休みに陽太と廊下を歩きながら小雪と仲がいいのか?と聞いていると、保健室から出てきた小雪と遭遇する。ミナトが小雪に声をかけると顔をこわばらせるが、陽太が顔をだしこゆんと呼ぶと小雪も陽太と笑顔になった。


あからさまにミナトのことは警戒しつつ陽太が顔を出した瞬間に安心した様子の小雪。これ結構傷つきますよね笑
陽太と談笑する小雪の前にミナトが乗り出し話しかけると再び顔をこわばらせるが、陽太に笑顔を向け去っていった。ミナトはたまたま会っただけでなぜ二人が仲良くなったのか疑問だった。

 

氷の城壁第13話感想 翌日も勉強する約束をする三人


美姫が帰り道にまだ分からない所があるというと、陽太は明日は俺のクラスで勉強する?と聞くと、小雪が6組の雰囲気に顔を曇らせたのに気づきうるさいやつは帰るからと笑う。


陽太はまだしっかりとは知らない小雪のことですら顔色を見て空気を読めるのがすごくないですか?高校生とは思えない機転の利く性格だなと感心してしまいます!

電車に乗った美姫と小雪は空いた座席を男性に次の駅で降りると言って譲るが、本当は次の駅で下車するわけではなく電車が停まった瞬間ダッシュで隣の車両にうつり笑い合う。家に帰った小雪はふと陽太と美姫と過ごした時間が楽しく顔がにやけていた自分を見て、自分は人と関わりたくないのか一人でいたいのか分からなくなった。

 

氷の城壁第14話感想ネタバレ ミナトと二人きりになる小雪


翌日6組に到着した小雪に陽太が美姫は遅れてくると言う。その時ミナトが入ってくると二人に付き合っているのかと聞くが、陽太は着信が入り小雪はミナトと二人きりになる。


小雪は霧の島出身で遠くの校区から通っており、なんで明天に来たのかと踏み込んだ質問をされたいたが、なんとなくと壁を作った返答で誤魔化した。


このプライバシーにずかっと踏み込んでくる感じが小雪タイプの人にはめちゃくちゃ嫌でしょうね!人気者タイプの人が万人受けするわけでもないんだなと感じます。


美姫が到着すると、ミナトが彼女にフラれたと言いだすが、小雪はフラれたらもっと落ち込むものかと思ったと言う。ミナトはあっけらかんと好きでいてくれてありがとうと思うと言うと、小雪に慰めてくれる?と近づいた。

 

氷の城壁第15話感想ネタバレ 小雪とミナトの関係を気にする美姫



小雪は4人で和気あいあいとしている状況を不思議に感じていた。美姫は応用問題が分からないと言うと、小雪は基礎問題が分からないと解けないと言う。美姫は難しい方が分かれば基礎は楽勝じゃない?と言うが、ミナトはよくここの高校受かったなと感心していた。


基礎が分かってこその応用なのに、応用が分かれば基礎なんて楽勝と逆の発想を行く美姫は勉強の基本が全く分かっていない様子ですね笑 美姫に気長に勉強を教える陽太は優しく、頭がいいんでしょうね!

陽太はもっと上に行けたはずなのに何でここにしたのかとミナトが聞くと、陽太は少し間をおいて家が近いからと答えた。それを見て小雪が笑うと、ミナトは案外普通に笑うんだと感じていた。


陽太も少し間を置いて答えましたが、きっと家が近いからという理由ではないんでしょうね。もしや陽太もあまり踏み込まれるのは好きなタイプではないのでしょうか??

美姫たちと別れると、陽太はパンをかじりまた公民館で勉強するとミナトと別れる。美姫にミナトとはいつから友達なのかと聞かれ、小雪は最近話しかけられてと答えると、美姫ってもしかして?と考えていた。

 

氷の城壁第16話感想ネタバレ 小雪に踏み込んでくるミナト


翌日寝坊でいつもより遅く登校した小雪は早朝の誰もいない学校までの道が好きなのだが、案の定ミナトに話しかけられると返答に困っていた。ミナトは小雪との共通点を探るべく、突然霧の島中なら五十嵐翼知ってる?とよりによって小雪が一番嫌いな五十嵐の名前を出した。


ただでさえミナトに苦手意識を持つ小雪ですが、ここにきてなんとか共通項を探そうとしたミナトが絞り出した答えがまさかの五十嵐翼、、。一番失敗してますし、小雪の警戒心を更にかきたてるワードが出てしまいましたね、、。

小雪は更に固まるが、ミナトは同じサッカー部で来週練習試合があるため五十嵐たちが高校に来るのだと言う。小雪はますますミナトの会話が入ってこなくなった。


これによって小雪が更にミナトと距離を取ろうと思うのは普通のことですからね、、。小雪は五十嵐とは接点がないと言ったものの本当の二人の接点は何でしょうね??

昼休み職員室で時間を潰す小雪を教師が追い返すと、学生なんだから学生らしく楽しめばいいのにと言うが別の教師は大人と話す方が楽な子もいると言った。

小雪は下駄箱でミナトを見かけるが、わざわざ小雪の方に来たミナトにまた苦手意識を持つがミナトに連絡先教えてと携帯番号を聞かれた。

 

氷の城壁第17話感想ネタバレ 美姫の気持ちが分からない小雪


携帯番号を交換したミナトと小雪だが、小雪は視線の先に美姫を見つけるとお互いが携帯を持っている状況を見られるのが気まずくその場を逃げ去った。ミナトは陽太に対する態度と自分への態度があまりに違い、好きな人以外のその他にくくられた自分に不満を持った。


純粋に疑問なのが、小雪と美姫はすごく仲がいいですが、恋愛系の話はしないんですかね??もし美姫がミナトを好きだとしても小雪に今まで話してこなかったということなのか、単に小雪の勘違いなのかどちらなのでしょうか??

放課後4人で勉強していると、ミナトが小雪に彼氏がいるのかと唐突に聞いたが、陽太がこゆんを狙うのはやめてねと手をだした。小雪ははっとして美姫を見るが無表情のため美姫の心が読めずにいた。

美姫が突然自販機でジュース買ってくると席を立つと、ミナトも一緒に来るように呼びつけた。
陽太がそう言ったのは小雪を狙っているからというわけではなさそうで、小雪の性格をみこしてカバーしている感じですよね!ミナトってこんな無反応は小雪によくここまで言えるなと感心してしまいます!

ミナトが小雪を前に驚かせカレードリンクを買わせてしまったから小雪の分を買うと言うと、美姫は単調直入に小雪をどう思っているのかとミナトに聞いた。

 

氷の城壁第18話感想ネタバレ 美姫に話しかけたミナト


中三の美姫は望みが高いとされた今の高校に合格すべく市外の塾に通いだすと、一人ぽつんと座りながら女子とのいざこざを思い出し感傷的になっているところにミナトに隣いい?と声をかけられた。
高校受験のために通った塾でぽつんとしていた美姫に先に話しかけたのはやはりミナトのほうだったんですね!


そして陽太とも仲良くなったが、ミナトはいつも誰かと話しており陽太はミナトは一人の人をほっておけないんだと言う。ミナトの携帯には頻繁に彼女からの着信があり、陽太と美姫はミナトの彼女はいつも依存気質だと言った。

美姫は何でこゆんを気にかけてるの?と言い換えると、ミナトはいつも一人でいた小雪を思い出しあの子かわいそうだなってとつぶやくと、美姫は顔色を変えそんな理由でこゆんに近づかないでと言った。

 

氷の城壁第19話感想ネタバレ 元バスケ部だった小雪



ミナトは自分に依存させたいだけでこゆんが可哀想なんて傲慢だと美姫は明らかに怒りをあらわにすると、ミナトは確かに最初はそうだったけど今は別の興味だと言う。美姫はとにかくこゆんを傷つけないでというと、ミナトはもしかしてあのこがバスケ部の子なの?と聞くと、美姫はだからミナトとこゆんを近づけたくなかったと言う。


小雪と美姫は中学の時バスケ部だったんですね!でもそれを他校だったミナトも知っているとなると、美姫が中学時代になんらかの小雪の話をしていたということになるんでしょうか?

小雪と陽太は手の大きさを比べながら、小雪はバスケの時もボールを掴めず憧れたと言うと、陽太は小雪がバスケ部だったと知りあれ?と考えていた。


ミナトが美姫が言った同情される虚しさって塾で声かけたこと言ってる?と聞くと、最初はそうだったけど美姫と友達になって陽太も加わってすごく楽しかったし可哀想なんて目で見ていないと言うと、美姫は泣きながら私も楽しかったと言うと、ミナトはニットの袖で美姫の涙を拭いた。


もしですけど美姫がミナトを好きであったとしたら、このミナトの行動って本当に罪深いですよねえ、、。これをされたらみんな好きになるに決まってませんか?ニットの袖で涙を拭いてくれるとか優しい!!陽太達の元に戻ってきた美姫の目が腫れているのに、陽太と小雪はすぐに気付いた。

 

氷の城壁第20話感想ネタバレ ミナトが苦手な小雪


小雪は美姫に自販機に行った時ミナトと何かあったかと聞くが、美姫は核心には触れなかった。テストが終わると美姫が陽太と小雪をランチに誘うが、ミナトがのけ者にするなと言い4人でランチに行く事になる。


美姫も言葉を濁していますが、ミナトとの関係性や小雪のことを言ったことは少し言いにくかったようですね!ミナトが小雪にバイトしているのかと聞くと、小雪は飲食店でバイトしていると答えるがミナトは休みの日は何をしているのかと質問攻めをした。小雪は未だに質問されるのは苦手だと感じていた。


これ私も少しわかりますね!すごくストレートにあれこれ聞かれると少し圧倒されてたじろいでしまいます!小雪ほどではないですけど、、。

テスト最終日、五十嵐が明天高校に練習試合に訪れると、友達に知り合いがいるかと聞かれるが、こんな遠い学校にいるわけがないと言う。

suu
suu

氷の城壁第11話から20話ネタバレ』はここまで!気になる続きは電子書籍でお楽しみください!電子書籍のコミックシーモアならスマホで簡単ダウンロード、1分で無料会員登録が完了!読みたい本が読みたいその場ですぐに読めるのが最大のメリットです!!楽しく便利に漫画を楽しめます!

氷の城壁をコミックシーモアで読む

※コミックシーモアは初回無料会員登録で必ず70%オフクーポンがもらえます

1~10話  ⇔  21~30話

氷の城壁第11話~20話感想

 

ミナトを警戒する小雪

 

ミナトはそこまで知り合って長くもない陽太とは小雪が警戒せず話していたり笑顔を見せたりすることに、面白くない気持ちを抱いているようですね!

自分は基本人気者ですから、なぜ小雪がここまで自分を警戒するのか納得いかないのもあるんでしょうね!

 

ジワリと高校生活に楽しさを感じる小雪

 

小雪は人付き合いにトラウマを抱えている部分があり、高校生活を平穏に送るべく高校では人とあまり関わらずにやっていこうと選択をしたのですが、思わぬことで陽太と仲良くなり、美姫と陽太も仲が良かったことで、高校生らしく放課後が充実しているような気持ちに突然なったんですよね!

思わずにやけた小雪から、やっぱり人と関わっていたほうが充実している気持ちが伝わりますね!思い出し笑いって、よっぽど嬉しい時とか楽しかった時に出ますもんね!!

小雪はかたくなに自分を守るべく防御してきた部分がありますが、これを機に高校生活が充実していくんではないかと思います!!

 

ミナトが小雪の地雷を踏む

 

とはいえ、小雪の高校生活の充実を危ぶむ者が一人。ミナトは小雪が最も苦手とするタイプのぐいぐいと人の領域に踏み込んでくるタイプ。

ミナトはシンプルに小雪のことを知りたいと感じているのが分かりますが、小雪としてはなぜそんなに小雪について質問するのかが分からないと言った感じですよね!

ミナトみたいに気さくで人の心を開くのに長けているタイプからすると、いつまでたっても自分は蚊帳の外みたいに扱う小雪に意地のような気持ちにもなってお互いが悪循環を迎えそうな雰囲気で危うい!!

よりによって小雪が一番触れられたくない五十嵐翼のワードを出したり。その人との繋がりが実はよく思っていないこともあるので、やたらと自分もこの子と友達だアピールされて嫌な気持ち私もめちゃくちゃ分かります!!

 

美姫はミナトが好き?

 

ここで意外な事実が判明するのですが、小雪と美姫はこれほど仲が良いにも関わらずお互いの恋愛の話を共有していないと言うことなんですよね!女子にしては恋愛話を共有していない友達って珍しいなというのがまず第一の感想です!!

思春期ってそんな話がコロコロと代わる代わる日々話題だらけという風だったので、仲が良いのに恋愛の話をしていないのは美姫がボーイッシュだったからなのか?

小雪はもちろんミナトのことは苦手なだけなので、恋愛感情はないものの万が一美姫が好きだったら携帯番号を聞かれたり何かと小雪に興味を持っているミナトの気持ちに気づかれるのは確かに気まずいでしょうかね、、。

\ 氷の城壁をお得に読む /

氷の城壁をコミックシーモアで読む

見どころポイント

第11話~20話の見どころはやはり小雪の気持ちの変化かなって思います!

もうこれで正解なんだと、毎日顔をこわばらせていた小雪が美姫や陽太と過ごすうちに、無理しなくても楽しんでもいいんだという気持ちを持ちつつあるところがこれから大きく変化していく前段階なんではないか??と思います!

もちろん、苦手な人もいます。集団生活だからそれは当たり前としても、みんなと壁を作りまくってそのまま高校生活が終わっていくのもなんだか寂しいですからね!

ただ、ここで陽太と美姫とは仲良くなれそうだけど、ミナトはどうかな・・?というこの時期の団体生活あるあるですよね!どうしてもグループになりやすい高校時代の友達関係って、合う合わないってありますし、かといってこの子とだけ仲良くなりたいってのも難しいですよね!!

ここからこの4人の男女混合の友情がどう展開していくのか楽しみです!!

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました