国民ボタン 第6話ネタバレ 生存率は何パーセント?手の甲の悪魔のボタン

スポンサーリンク
国民ボタン
suu
suu

国民ボタン 第6話ネタバレと感想です!

 

 

国民ボタン  第6話ネタバレ

世界をパニックに陥れた国民ボタン。日本の命運は一人の男に託され、、そして国民全員生き残ることに成功した。、、はずだった。

悪魔は「そう簡単に人間は変わりません。そしてそれは全ての人間がいなくなるまでね。では二回戦と参りましょうか」と不気味に舌を出す。

太郎は「そんな、、もう嫌だ、、」と涙を流すと、悪魔は泣いてい佐藤を見下ろしながらボタンをさっと手に取る。
「ご安心ください、佐藤様」とタキシードの内ポケットにボタンをしまうと、太郎の前からスーっと消えていく。

太郎は「きっ、、消えた、、」と壁を見つめる。

 

手の甲のボタンの出現


翌朝

ピピピピ、ピピピピとアラームの音で目を覚ますカップル。
男性の方が「ヤッベ寝過ぎたおい、起きろよゆり!」と彼女を起こすと、彼女は「うーん、もうちょっと、、」とモゴモゴする。

男性が「ん、、?なんだ、、これ?」と自分の手の甲をじっと見つめる。
「お、。おい、ユリ起きろよ!!なんか手に変なボタンが!!」と起こそうとすると、彼女の手の甲に同じ悪魔の模様のボタンが付いており驚く。
「っな、、なんなんだこれは、、」

彼女が「やっぱりウチらだけじゃないみたいよ」とSNSの投稿を確認すると、男性が「ツブヤイッターもそのボタンがトレンド一位になってる!!」!!テレビつけてみろよ。ニュースでやってないか?」と言うと、彼女がテレビをつける。

朝の情報番組で司会者が「せっかく死の国民ボタンから逃れたと思ったら今度は謎の手のボタンですよ、、やはり昨日忽然と消えたボタンと何か関係があるのでしょうか?」と言う。

彼女は「あ!この人達にもボタンがついてる!」と言うと
男性が「全くどうなってるんだよ、、」と訳がわからない様子で言う。

その時テレビの画面がザザザッとなり突然プツッと消える。
彼女が「何?」と男性に抱きつくと、男性は「大丈夫だ、ただの停電だよ」と不安気に言う。
男性が「カーテンを開ければ明るくなるよ」とシャッとカーテンを開けると窓の外の景色に驚愕する。

男性が「な、、どうなってるんだ!?これは!!」と朝のはずが夜のように真っ暗な外を見てハッとする。
彼女が「ひっ、、カズくん、テレビ!!」

 

 

国民の前に現れる悪魔

 



テレビの中には悪魔が映し出されている。
悪魔が「ごきげんよう日本のみなさん。そしてはじめまして、私悪魔と申します。」

彼女は手に持っていた携帯を見ると、「ヒっ!!」と携帯にも映しだされた悪魔を見て落として液晶が割れてしまう。

悪魔が「ボタンの選択に成功し安心していたところ申し訳ないのですが、次のゲームを用意しました」と言う。

外を歩いていた人々が「は?新たなゲーム?ふざけんじゃねーよ!」と叫ぶ。

悪魔は「今度は国民のみなさんに参加していただきます」と言う。

テレビのを見て呆然とする夫婦のもとに、幼い兄弟が起きてきて「ねぇこれなぁにー!?」と手のボタンを見せる。

ある会社では「ダメです課長!パソコンも起動しません!」と真っ暗なオフィスは騒然とする。
「一体どうなっているんだ、、」

国民はドクンドクンと緊張を高めテレビを見つめる。

悪魔が「それでは二回戦をはじめましょう」
と不気味に笑って舌を出す。

 

第5話  ←→         第7話

suu
suu

二回戦も太郎がボタンを選択するのかと思いましたが、、全く持って違うものになりました。

手の甲に突如として現れたボタン。

一回戦は太郎のみの参加でしたが、今度は一人一人にボタンが現れました。詳細はどうなるんでしょうか。。

タイトルとURLをコピーしました