国民ボタン 第3話ネタバレ 悪魔の目的は何?国民投票の結果が意外!

スポンサーリンク
国民ボタン
suu
suu

国民ボタン 第3話のネタバレと感想です!

 

 

国民ボタン 第3話


三時間は走っただろうか。雨はすっかり上がっていた。

(ど。どこだここ、、こんな不気味な場所が国の施設なのか?)
三十五と書かれた古びた部屋に連れてこられると、梅鉢が「しばらくはここで生活してもらいます」と伝える。

(窓もないじゃ無いか、、まるで刑務所だ、、)

梅鉢がパチンとテレビをつけると「そろそろ会見です」と時計を見る。
テレビのなかの内閣総理大臣が「全世界を騒がせている謎のボタンが日本でも発見されました。ですが安心してください。我々がボタン所有者を既に保護しています」と言うと、太郎が「ぼ、、僕の事だ」と驚く。

 

太郎を犯人扱いする国民



記者が「総理!その人物とはネットで拡散されている人物で間違いないでしょうか?一部では犯人ではとの声も上がっていますが」と言うと、太郎が「そ、、そんな」と驚愕する。

梅鉢は「ネットでは既にあなたは有名人です。あなたがSNSにボタンの事を投稿したことで、既に氏名、年齢、住所、家族構成に至るで特定されています。」と携帯を見せる。

「生まれは関西らいし」「こいつの住所」「早く捕まえてくんねーかな」
そして母親の元に記者が詰めかけている写真も投稿されている。

太郎が「なっ、、これ、、母さん!??」と顔面蒼白すると、梅鉢が「申し訳ありません。我々より先にマスコミが駆け付けてしまって、、。ご家族は我々が用意した隔離施設に保護しています。ただ弟さんが、、佐藤さんの弟と気づかれて追いかけられたようで足に少し怪我を、、」

太郎は「なっ!!家族と話せませんか?」と言うと、梅鉢は「すみません、今日はもう遅いので。今日のところはこちらでお休みください。後日お会いする機会を必ず設けますので」と言う。

俺のせいで、、
悪魔のボタンのことはあっとゆうまに全国に知れ渡り様々な憶測をよんだ。どこかの国によるテロ、悪魔による人種選別、いつしか国民はこのボタンをこう呼んだ『国民ボタン』と。

テレビで記者が「国会議事堂前では政府の対応に不満を持つ人で溢れています!政府で任せていられるか!とボタンのどちらかを押すのは国民で決めるべきだと訴えています!」

国会内では
「全く世論は勝手ばかりだな。簡単に国民投票と言うが実地には60日かかるんだぞ、とっくに死んでるよ」と皆が笑うと、
内閣総理大臣が「笑っている場合か。我々も死ぬかもしれないのだぞ。他国の状況は?」と聞く。
「既に国連加盟国とは連携をとりましたが、どこまで本当の事を言っているのか」というと、内閣総理大臣が「こういう時映画なら国が一つに団結するのだが、全くこんなボタンひとつでこんなに国が揺らぐとは。とにかく期限ギリギリまでボタンは押さず、各国の動向をみる。何か有力な統計が得られるかもしれん。幸い日本のボタンの選択権は先進国で一番最後。一か月後残っていれば世界の勢力図は一変しているはずだ」と言う。

 

 

国民投票の行方



こうして国民投票が行われることが決まる。

高校生が「聞いてよ、私のママ変な宗教にハマり出してマジやばい」と言うと、友達が「俺らも投票できるのかな?」と話す。
サラリーマンが飲みながら「2週間で国民投票間に合うの?」「間に合わなかったらやばいな」と笑う。

二週間後、日本初の国民投票が実施された。
一部デモ隊や、反対運動もあったものの、大きな混乱はなく無事投票は終了したものの投票率は七割を超えたこともあり、開票には丸二日を要した。

「総理総理!!開票結果が出ました!」と言うと、内閣総理大臣は「ようやくおわったか、で、結果は?、、っなっ、、これは?」
結果を見て驚愕する。

カラオケにいる若者が携帯を見ながら「ハァ?こんなことあるの?折角投票したのに!」「あっクリームソーダ一つ」と言う。
女子高生が、「ママ正気に戻ってよ!」と促すが、母親は「何を言っているの?エリカこそ早く目を覚ましなさい!これは偶然じゃなく必然なのよ!」と悪魔ボタンがプリントされたTシャツを着て天井に向かって拝む。

投票結果を手渡され太郎は目を疑う。
「こ、、こんなことってあるのか?」

白   36.322.431
黒   36.322.4319


こんなことってあり得ない。。驚愕する太郎。

梅鉢が「まさか全くの同数になるとは我々も想定外で、、そして大変申し上げてにくいのですが、国民投票をもう一度する時間はありません」とうつむくと、太郎は「結局どちらかを選ぶのは俺ってことか、、」と唖然とする。

その時耳の奥であの音が聞こえた気がした。
パチン!悪魔が指を鳴らし、舌を出す。

太郎が「うっ、ゲェェェェ」とその場で嘔吐すると、梅鉢な「佐藤さん!」と叫ぶ。

 

残り5日



残り5日

電車の中で若者が「あーあ、俺らどうなるんだろうなぁ」とひと事のように話している。
すると、「うっ、、ぐっ、苦しい、、」と胸を掴み中年男性が苦しみ出す。
「あの人なんかやばくね?」と言うと、エリカの母親が「どきなさい!ほら見なさい!彼は悪魔に選ばれたのよ!素晴らしい!次は我々の番よ!」と倒れた男性を見ながらうっとりする。

「あれ、エリカの母親だろ、完全悪魔にやられてんな」というと「だれか!車掌さん!!」と他の乗客が叫ぶ。

リポーターが「みなさんご覧ください。現在の渋谷スクランブル交差点の映像です。サッカーのW杯でもなければ、ハロウィンでもありません!」市民が暴動を起こし警察が集結している。

警察は「やめなさい!こんなことして何になるんだ!」と言うと「うるせー!2日後に死ぬかもしれねーんだ!好きなことして何が悪い!素直になれよ、あんたもそう思うだろ?」と言う。
警察が「そ、、それは、、」とたじろぐと、市民が炎のついた瓶を警察に投げつける。

「うわぁぁぁぁ。」と警察が叫び声をあげると、瞬く間に火が燃えあがる。
「誰か消化器!!」と叫ぶものも現れる。

その様子を悪魔が109のビルの上から笑って眺めている。
「くくく。人間とはつくづく醜いですね。まぁ、私がそう仕向けたんですけど、まだまだ狂い咲いていただきましょう」と不気味に笑う。

第2話  ←→         第4話

 

suu
suu

国民投票の結果が意外でしたねぇ。。まさかの真っ二つ。これももちろん悪魔に操作されたんでしょうけど、何にしても太郎が決めるしか無いということですね。。

片方押せば全員死亡、、めちゃくちゃ怖いですよね。

もしかしたらどっちも死ぬのかもしれないし。。

タイトルとURLをコピーしました