氷の城壁第9話ネタバレ感想 陽太がキリンに見える小雪

スポンサーリンク
氷の城壁
suu
suu

氷の城壁第9話感想です!あらすじも含まれますのでネタバレしたくない方はご注意ください!

氷の城壁はコミックシーモアでお得に読むことが出来ます!初回無料会員登録で必ず70%オフクーポンがもらえますので是非ご利用ください!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

氷の城壁をコミックシーモアで読む

スポンサーリンク

氷の城壁第9話感想

 

おっとりした陽太



早朝誰もいない教室で一息ついている小雪は、美姫のノートを持っている事に気付き美姫の5組に向かう。
以前5組に行った際あまりに美姫のキャラが違い過ぎそれ以来近づかないようにしていた。

美姫の現在のキラキラまぶしいアイドルキャラを見るのは小雪も苦しい反面笑ってしまいそうになるので、無駄には近づいていないんですね笑

教室に入ろうとすると、陽太が現れぶつかると倒れかけた小雪を支えしかめっ面で顔を近づけた。
小雪が昔動物園でキリンにのぞき込まれたことを思い出し固まると、陽太がコンタクトをしていなくて見えなかったと言うと、美姫のノートを持っていることに気付き美姫の席を教えてくれた。

陽太はおっとりしており、小雪は陽太には変な警戒心が発動しないようですね!こういうのを人同士の相性というのでしょうね!

ホームルームの最中美姫からのLINEでなかなか終わらないから先に公民館に行っていてと言われ、小雪は一人公民館へ向かう途中男性二人組に声をかけられ車に乗らないかと絡まれる。
どうにか逃げようと思うと、道の反対側を歩く陽太を見つけるが名前が分からずスッと手を挙げた。

suu
suu

公民館へ行く途中男性二人組に絡まれてしまった小雪。しかも相手は車持ちn

年上であり絶対に乗ってはいけない車だと察した小雪の前に現れた陽太。救世主ですが、反対車線を歩いていますし、名前も知らない大ピンチ笑

小柄の小雪に気付いて助けてくれるんでしょうか??

第8話  ⇔  第10話

当サイトの記事では完全なネタバレはしておらず、感想をメインとし一ファンとして漫画を一緒に楽しむことを目標としております!完全に内容が知りたい方は購入してお読みいただけたらと思います!
タイトルとURLをコピーしました