氷の城壁第6話感想ネタバレ 小雪の2組は静かでミナトの6組とは対照的

スポンサーリンク
氷の城壁
suu
suu

氷の城壁第6話感想です!あらすじも含まれますのでネタバレしたくない方はご注意ください!

氷の城壁はコミックシーモアでお得に読むことが出来ます!初回無料会員登録で必ず70%オフクーポンがもらえますので是非ご利用ください!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

氷の城壁をコミックシーモアで読む

 

スポンサーリンク

氷の城壁第6話感想

 

小雪を気にかけていたミナト



陽太はろくなパンがなかったとフランスパンをかじりながらミナトたちと教室に戻っていく。

2組に戻った小雪は自分のクラスにはないノリで疲れていた。

小雪のクラスである2組は休み時間もかなり静かです笑 教師が驚くほどの静けさですが、小雪は2組に入れて本当に命拾いしたと言えそうです!


はやとが滑ってたけどあの顔何?と聞くと、ミナトはあの子と俺の秘密の顔と言う。
ミナトが気持ち悪がるはやとのマネをすると、クラスは盛り上がり中心にいることをミナトは楽しんでいるが、小雪の反応の薄さに思ったより難しかったと思っていた。

ミナトはだいぶ前に廊下で仏頂面の小雪を見た時から気になっていたのだった。

suu
suu

ミナトはグループの中心的存在であり典型的なみんなの人気者タイプですよね!要は小雪の嫌いな五十嵐タイプといえますが、小雪に意地悪をしそうなタイプではありませんけどね!案外計算高そうなミナトですが、小雪のことを以前見かけて以来気になっていたというのは意外です!人気者タイプはあまり笑わない人が気になるようになっているんでしょうか??

第5話  ⇔      第7話

当サイトの記事では完全なネタバレはしておらず、感想をメインとし一ファンとして漫画を一緒に楽しむことを目標としております!完全に内容が知りたい方は購入してお読みいただけたらと思います!
タイトルとURLをコピーしました