氷の城壁第二話ネタバレ感想 5組のアイドルの安曇美姫と小雪の関係

スポンサーリンク
氷の城壁
suu
suu

氷の城壁第二話感想です!あらすじも含まれますのでネタバレしたくない方はご注意下さい!

氷の城壁はコミックシーモアでお得に読むことが出来ます!初回無料会員登録で必ず70%オフクーポンがもらえますので是非ご利用ください!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

氷の城壁をコミックシーモアで読む

 

 

スポンサーリンク

氷の城壁第二話ネタバレ感想

 

クラスで人気者の安曇美姫

 

5組の二人の男子生徒は遠目で美姫を見ながら天女、女神と話している。
そんなに言うなら話しかけろうというが、自分には見ているしかできないと言うと、美姫が突然二人に期末テストが終わったらみんなでパーティしようと声をかけた。
二人は驚いて部活があるというが、残念そうな美姫の顔を見と顔を出すと約束した。
5組の女子はさすが美姫がさせえばみんな来るとおだてた。

美姫はモテるタイプで活発な美人と言えますが、女子たちが美姫をクラスのアイドルとおだてるのは何か違和感を感じるように否定していますね!でもモテる女子であることに変わりはなく男女とも隔てなく接するタイプの生徒に見えますね!

廊下で美姫は小雪とすれ違い目が合うが、小雪は冷たい目線だ。
小雪はクラスに入ると自分の椅子に女子生徒が座っており、じっと見ていると女子生徒が慌てて謝った。

すれ違いザマの小雪の冷ややかな目線、、。美姫と小雪では交わり様のなさそうな感じが伝わりましたが、、。

下校しようとした小雪の元にもう帰った?とLINEが来ると、小雪はまだ下駄箱と返信しあと10秒で帰るとカウントダウンを始めると、息を切らし現れた美姫を見て吹き出す。

 

suu
suu

誰とも関わっていないようなそぶりの小雪でしたがまさか小雪と美姫が友達だなんて意外でしたね!ここにきてようやく小雪の笑顔を見ましたが笑うとめちゃくちゃ可愛い普通の女の子です!二人は何故友達なんでしょうか??

 

第一話  ⇔  第三話

 

当サイトの記事では完全なネタバレはしておらず、感想をメインとし一ファンとして漫画を一緒に楽しむことを目標としております!完全に内容が知りたい方は購入してお読みいただけたらと思います!
タイトルとURLをコピーしました