真綿の檻第4話感想 金を盗む聖司を監視する一広と榛花の幸せな生活

スポンサーリンク
真綿の檻
suu
suu

真綿の檻第4話感想です!あらすじも含まれますのでネタバレしたくない方はご注意ください!

真綿の檻を読むならコミックシーモアがおススメです!!無料会員登録で70%オフクーポンが必ずもらえどのサイトよりお得に楽しむことが出来ます!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

時代錯誤な夫婦生活を送る榛花。それを取り巻く家庭環境を描いたストーリーで六話完結です!奴隷生活とまで思われた榛花の生活ですが実は全く違っており、、。ぜひ本編もお楽しみください!!

真綿の檻をコミックシーモアで読む

スポンサーリンク

真綿の檻第4話感想

一広が一番大切な榛花


一広が今日は俺が洗おうか?と聞くが、榛花はここはあたしの領土なのときっぱりと断り、休みながらやりなよと気遣う一広に、全然苦じゃないから大丈夫だよとほほ笑むとむしろ自分だけの台所は嬉しい物なんだと言う。

榛花は自分が望んでキッチンを占領しているようですね!女の領域と思っているようですが母親とは違ってそれが幸せなんですねえ!幸せなのが伝わりました!

昔の台所はとても冷たい場所で母には叱られてばかりだった。
榛花ちゃんお手伝いして偉いわねと言う母の友人に、母はでもこの間この子大事な皿を割ったのよ、洗い物もろくにできなくてと不満を言うと、お母さんかわいそうという聖司に、優しいわねありがとうと全く態度をかえた。
手伝いをする榛花が怒られ何もしない弟がいつも褒められるのが日常だった。

だけど一広は失敗したかもと言って榛花が出した焼うどんをうまいと言って食べるとお変わりある?と聞いた。
榛花の作ったおかずをこれめっちゃおいしいからまた作ってと言ったり、きのこ苦手だけどこれはうまくて食べれると言い、ありがとう榛ちゃんと感謝の気持ちを忘れなかった。
一広と暮らす台所は明るくて自分の城だと思った榛花は、台所仕事は私が全部やるから任せてと宣言したのだった。

一広の反応がめっちゃ優しいですね!榛花に対していつも感謝しているのが伝わってきてほっこりします!でも毎日のことなので普通にいつもコメントできるのってすごいと思うんですよね!


一広は他は全部俺がやるからと、積極的に掃除や荷物を運んだり榛花と協力して暮らしており、榛花はこの暮らしが温かくて一広が誰より大事だった。
離婚なんてするわけがない、誰よりも大事な人だった。

suu
suu

一広は本当に思ったコトを素直に言っているんでしょうが、作ったものをこれはおいしいとか、また作ってほしいと言ったり、キノコが食べられないのにこれは食べられるとか、家事のやりがいを感じる褒め言葉ばかりですよね!これはいままで虐げられてきた榛花からとったらなによりも幸せなことでしょうね!

榛花の父なら考えられないことですよね!絶対に関そうなんて言いッコないですし、、。家族が想像している暮らしと榛花の暮らしがあまりにも違い過ぎてそこに驚きますよね!

聖司を監視していた一広


一広は榛花の実家が苦手だった。
特に弟はこっちの都合おかまいなしにうちにやってきては労いの言葉もなく、体調の悪い榛花に風邪ならうつすなよと言い放つ。
一広は病気じゃないし人の嫁を病気扱いするなと言う。
訪問理由は金だと言うことは分かっている。結婚前からたびたび榛ちゃんにたかっていたらしい。

そりゃ苦手ですよね!!こんな榛花の家族を大好きだと思う人がいたら知りたいです笑 聖司がホントにどうしようもないのが分かるというか、聖司の嫁はそれに気付いてないんですよねきっと。。


一広は俺を悪者にして断っていいよと言うと、榛花はその言葉通り断った。
それから弟が来た日に必ず家から金がなくなるようになった。
それから弟が来るたび聖司を監視するため動けず、家事が手伝えなかったと榛花に謝った。

もう窃盗罪ですよね!人の家に来るとお金を盗んで帰っていくって、、。しかも成人して結婚もした男が怖すぎる、、。

会社で弁当を開くと熊のキャラ弁のようなかわいらしい中身に一広の後輩が先輩の弁当なんすか?と一広の弁当をのぞき込んだ。
後輩たちがからかったため、帰ると榛花に何あの弁当恥ずかしいと言ったのを聖司が聞いていた。
熊に見えなかったのね次はもっと頑張るねという榛花にツッコむ一広。

なんだあの弁当って言ったのはこのことだったんですね笑 この弁当で一広が喜ぶと思っていたなら本当に榛花ってどこか天然ですよね笑 これは一広が突っ込むのは仕方ないです!


後輩が一広を飲みに誘うと、三日連続で風呂掃除をさせてしまっているから今日は帰ると断ると、後輩はあの風貌からは考えられないほどの嫁ラブッぷりだと言う。
お嫁さんもお嫁さんで毎日食卓に3品以上おかずが並ぶらしいと言うと、かといえば焼き魚一匹みたいな日もあるらしくてそこもまた可愛いってと言うと、ラブラブな生活がうかがえた。

suu
suu

なるほど!聖司のことを来るたびソファーでふんぞり返ってと言っていた聖司ですが、一広は聖司に金を盗まれないようにただ単に見張っていたんですね!というか結婚までして姉の金を盗みにくるなんて最低ですし、嫁の紗英はただ単に仲良くて姉を心配していると思っているようですが全然なので真実にたどり着いてほしいです!

自分がかなりまともな弟でお姉さん想いみたいなふりして、こいつは最低な弟ですよね!!榛花よく我慢してると言うか、キレていいとこですよね!!

第3話  ⇔  第5話

タイトルとURLをコピーしました