鬼の花嫁第7話感想ネタバレ 猫田家は柚子を見てパニックになる

スポンサーリンク
nicomi鬼の花嫁
suu
suu

鬼の花嫁第7話感想です!あらすじも含まれますのでネタバレしたくない方はご注意ください!

noicomi鬼の花嫁はコミックシーモアで独占配信中です!!コミックシーモアでしか読めません!!現在ランキング一位で大注目作品です!!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り

家族から虐げられた柚子がある日最高ランクのイケメンあやかしの玲夜から見初められる羨ましい限りの和製シンデレラストーリーとなっています!!

国内最大級の漫画サイトコミックシーモアでは、初回無料会員登録で70%クーポンがもらえてとってもお得です!鬼の花嫁は第一話が無料で読めますので是非本編もお楽しみください!!

スポンサーリンク

鬼の花嫁第7話感想ネタバレ

 

花嫁として鬼龍院家で紹介される柚子



玲夜が柚子を改めて花嫁だと宣言すると、部屋に集められた大勢の使用人たちが頭を下げる。
頭を下げた柚子を玲夜が止めると、女主である柚子は頭を下げる必要はないと注意する。

さすがの鬼龍院家は集められた使用人の数もハンパじゃありません、、。大人しく真面目な柚子は当然頭をさげお願いしますと言うものの、女主としてそのようなふるまいは正しくないようですが、なかなか凡人として生きてきてそのような振る舞いって難しいですよね!


使用人たちが次々と挨拶する中、最初に柚子を迎えてくれたあやかしの雪乃が部屋を整えたと言う。
本家から花嫁について聞きたいと呼び出しのかかった玲夜は柚子と別れるのを惜しみながら渋々出かけていった。

ここは本家ではないというのもまた恐ろしい。本家とはどのような大きさなんでしょうねえ、、。花嫁についていろいろと聞かれるようですが、反対されたりはしないんでしょうか?


柚子は雪乃に部屋を案内されるがまるで高級ホテルのような部屋に圧倒され、凡人の自分がなぜ玲夜の花嫁となりここにいるのか、いつか玲夜にもいらないと言われるのかと不安になった。

 

suu
suu

柚子の部屋すごすぎです!!まるで高級ホテルのスイートルームみたいで、その横には高級ブティックが併設しているかのような夢の様な部屋です。これは女子としてきゅんとしない人はいないんではないでしょうか??一体いくらかかったんだろうと思ってしまう作りですが、中に入るだけで恐縮してしまいそうな部屋ですよね!!

今は玲夜の気持ちが熱くなっているからいいものの、突然単なる凡人の柚子が花嫁として鬼龍院家に気て夢のような暮らしをしたのちに、やっぱりいらないと言われるのは恐怖意外の何者でもないはず。柚子の家族がそうだったように、玲夜にまたそれをされたら相当傷つきますよね、、。

 

透子からの連絡



柚子ははっとし使用人たちの静止を振り切り、バイト先に向かうと柚子の両親から連絡がバイトを辞めさせたいと連絡した様でバイトをクビになってしまう。

突然どうしたのかと思ったらずっと頑張っていたバイト先に柚子は向かいましたね!両親先手を打ってバイトを辞めるように話をつけていた、、。まだ柚子を取り戻すことは諦めていないようですね、、。


両親と縁を切った以上学費は自分で稼がなくてはと新しいバイトを探すため携帯を開くと、透子から何度も何度も着信があったことに気付いた。
柚子は透子に電話をすると、溢れる涙を止められず透子が暮らす東吉の家である猫田家にすぐ向かった。

突然いろいろなことが起こりすぎてすっかり携帯すら見れていなかった様子の柚子ですが、親友の透子は柚子を物凄く心配してくれているのが伝わりますね!柚子にとっても突然いろいろなことが起こりすぎて気持ちも頭も追いつかず、整理できないですよね!!

猫田家も大変な資産家で大きな屋敷の門を開けるのは緊張したが、柚子が足を踏み入れるとなぜか使用人たちがパニックしだす。
東吉が慌てて柚子の元にかけ寄り、お前と言いながら柚子の肩を掴んだ。

 

suu
suu

玲夜の花嫁となった後も尚自分の学費は自分で稼がなければいけないと考えている柚子って素晴らしいですよね!ここにも両親の手が伸びてしまってはいましたが、、。

でも逆に玲夜は柚子がバイトしているなんて知ったら即刻辞めさせるんじゃないかと思ったんですが、柚子の気持ちを尊重するとかそういうことであればバイトも認めてくれるのか気になります!

猫田家の使用人たちはずいぶんとパニックしていましたが、それは柚子のせいなんでしょうか?東吉も柚子を見て慌てた様子でしたが、、。

柚子が玲夜の花嫁になったことが関係しているんでしょうか??

 

第6話  ⇔  第8話

当サイトの記事では完全なネタバレはしておらず、感想をメインとし一ファンとして漫画を一緒に楽しむことを目標としております!完全に内容が知りたい方は購入してお読みいただけたらと思います!
タイトルとURLをコピーしました