御社の不倫の件 第二話ネタバレ 梨々香の体目的のゲスな槙原に近づく玲

スポンサーリンク
御社の不倫の件
suu
suu

御社の不倫の件~絶対に別れさせます~ 第二話のネタバレと感想です!

 

御社の不倫の件~絶対に別れさせます~コミックシーモアでお得に読むことが出来ます!70%オフクーポンが初回無料登録で必ずもらえます!

御社の不倫の件~絶対に別れさせます~コミックシーモアで読めますので本編もぜひお楽しみください!御社の不倫の件~絶対に別れさせます~をコミックシーモアで読む

スポンサーリンク

御社の不倫の件 第二話

繰り返される日常

彼氏との記念日デートを上司と後輩の不倫旅行につぶされた。それでもまた朝は来て日常は繰り返す。

梨々香が一昨日はご迷惑かけちゃってすみませんでしたー寝込んでて電話にも出られなくてとうつむくと、さつきは安西さん、バレバレの嘘はやめてもらえます?そのとき課長と不倫旅行してたんだよね?って言えたらな、、と思いながら大変だったねと言うと、梨々香がほんとすみません、りりすぐお熱出ちゃうタイプでと言う。
玲が安西さん、嘘をつくと閻魔様に舌を引っこ抜かれるって教わりませんでした?と聞くと、梨々香がお気遣いなく、りりの舌は二枚あるので大丈夫なんです。三枝さんこそいいんですか?派遣の雇止めなんて上司の評価でどうにでもなるんですから。それじゃ失礼しまーすと笑う。

さつきが三枝さん私のことならいいから!安西さん本当に課長に何か言って三枝さんのことを、と慌てると、玲がご心配なく波風立てようと思ってやってる事なのでと笑う。


その夜仕事終わりにトイレで梨々香が化粧を直すと「ぴろたん」と槙原と合流してデパートに入ったところを男が尾行して写真を撮る。

若い女にブランドのバック買ってやって食事してホテル行って大手イベント会社の課長って潤ってんだなあ。。おっと、、あれ?また一人でどっか行くよ。ん?おいおい質屋?男にブランド品貢がせておいてそっこー換金するって女の方も相当だな、、。と梨々香の行動に唖然とする。

その足で向かうのは、、キターーー!ホストクラブ!バイタリティーはんぱねえ!まこっちには好都合だな!!
男はあ今いっスか?マルタイへの接触方法みつけましたと電話する。

 

玲を潰したい梨々香

翌日
梨々香は槙原にぴろたんー派遣の三枝さんがりりにいじわるするのたすけてとLINEすると、槙原は女同士の小競り合いか面倒だなと思う。
玲が「よければどうぞ」と槙原にコーヒーを渡すと一緒にメモを置いていく。
「ゆっくりお話できませんか?バーcinema pm9:00」
と書かれたメモを読むと、槙原は驚いて玲の後ろ姿を見る。

へえ。良く見たら地味な恰好してるけど、、と玲のスタイルの良さをまじまじと見る。
槙原は指定されたバーで「ハイボールを」と頼むと、玲が「私も同じものを」と頼む。

槙原はやべーもろ好みと顔を真っ赤にする。

玲が来てくれてありがとうございます。一度課長とお話したくてと言うと、槙原がえ?あ、、は?もしかしてと動揺すると、玲が「三枝です」と答える。
槙原はまじかよ、、と思いながら、いや今日はちょうど空いてたから、いつもあんなメモ使うの?メールがあるのにと言うと、玲はメールは嫌いなんですすぐに繋がれてつまらないじゃないですかと言うと、槙原がふうん。じゃあ繋がれるまでの過程を楽しもうかとグラスを合わせる。

ホストクラブのボーイがすみません安西さま、ただ今ケイが接客中でと謝ると、梨々香がえ?ケイくんまた?前も接客中だったじゃない!いいわよもう別の店行くからと言うと、あらたが安西さま、アラタです。俺にお相手させていただけないでしょうか?と引き留める。

アラタがえーイベント会社どおりで美人だと思った!と言うと、梨々香が「バイトで入ったんだけど上司のおじさんに取り入って社員になったんだあと言うが、でも最近ダレてきちゃってさ。芸能人に会えるのかと思ったのに全然だしはけんのおばさんにはいじめられるしとため息をつく。
アラタがそりゃ仕方ないって。りりちゃんこんなにかわいいんだもん。嫉妬されちゃってるんだよと笑うと、梨々香が私アラタくんの顔好きだな。次もヘルプに入ってもらおうかなと上機嫌になる。

そのとき梨々香の携帯が鳴ると「あちょっと」と席をはずす。」
アラタはこっそり梨々香の後をつけると、梨々香は「わり今まだ会社、忙しくしてあんべわりくて、ん、愛すてるよ」と話すとアラタは方言?と不思議に思っている。

梨々香のミス

玲はため息をつくさつきに彼氏さんとまたギクシャクしてるんですか?と聞くと、さつきがんー電話して事情は話したんだけど結局それから会えてなくて。あ、それより三枝さんは大丈夫?安西さんの件と心配すると、玲はああ、あれは間違いなく大丈夫ですよと言う。

槙原が三枝くん、B社の資料できてる?と聞くと、玲はもちろんと答えるとじゃとさつきに挨拶する。

外出する二人を偶然見つけた梨々香は、課長!どこいくんですか?とかけよると、槙原がどこって打ち合わせだよ、打ち合わせってB社の!?あそこは私を同行するっていったじゃないですか!おいしいフレンチが近くにあるってと言うと、槙原はあのなー安西。今回プレゼンしたいからサポートがいるんだよ、おまえパワポさわれないだろ?だから三枝君に来てもらうことになったんだと言う。

何よむかつく。はけんのババアいつの間に課長に取り入ったのよ。

社員が梨々香にあのー安西さん、、今f社から展示会のポスターのオッケーもらったんで印刷に回してほしいんですが、担当って安西さんですよね?高橋さんに確認取った方がいいですか?と聞くと、梨々香は「印刷くらいわたしにもできますから」と、どいつもこいつもむかつくとイライラしながら印刷をかける。

さつきはえ?三枝さん今回も課長に同行ですか?と言うと、三枝さん、、まさかとは思うけど、、と心配する。

社員が高橋さんちょっといいですか?と声をかけると、大量のポスターを前にさつきが「え?これなんですか?」と驚く。
高橋さんf社から電話です!f社にも温泉まんじゅうのポスターが届いてるって10万枚」と慌てると、梨々香が「f社の展示会のポスター違うファイル印刷に出しちゃったかも、、と青ざめる。

さつきがデータもう一度確認して!f社には私が折り返すのでと慌てて確認する。

責められるさつき

槙原が一言でいうと最悪のミスだな。ポスター10万枚の廃棄と再発注はまあいい。問題なのは会社の信用を傷つけたことだよと言うと、梨々香が泣き出す。
あーもうとにかく!高橋!こないだの企画の出し忘れと言いおまえ最近たるんでるぞと言うと、さつきがそれは私じゃなくてと言うが、この期に及んで言い逃れするきか?安西のミスはお前の監督責任だろ?上にも報告するから覚悟しとけよ!と言われると、さつきはぎゅっと手を握りもうこんな人たちと働きたくないとうつむく。

さつきのアパートのインターホンが鳴ると、さつきは「あ、三枝さん」と訪ねてきた玲を家に上げる。
玲がすみませんお休みしてるところを、f社の件が気になってと言うと、さつきがすみません。なんかいっぱいいっぱいになっちゃって。もう会社辞めて結婚しちゃおうかなとかと言うと逃げの結婚は失敗する可能性大ですよ。現時点で彼氏さんと結婚できる保証はないですし結婚しても共働きと専業主婦では世帯年収に差が出てきます、こちらの会社は産休育休制度も充実していますし、、と言うと、さつきが「的確なアドバイスありがとうございます、後、、関係ないのですが三枝さん最近課長とすごく距離が近い気がするんですが、さ三枝さんに限ってそんなこととは思ってるんです、、でもその」と言うと、玲が「ご想像にお任せします、それじゃ失礼しますね」と部屋を去っていく。

三枝さんのこと何も知らないのに勝手に友達みたいに思っちゃって勝手に裏切られた気分になっっちゃってなんだかもうなあ、、。

槙原が「今日は帰したくないな」と言うと、玲が「私も」と言いながら寸前のところで槙原のキスを止める。
でも課長安西さんともお付き合いされてますよね?と聞くと、そういうこときにするタイプと思わなかったがと言うと、さすがに同じ部内はいやですよ。これ以上の関係に進むなら彼女と別れてくださいと言うと、槙原はうーんと考え込む。

安西はわがままだし金もかかるし面倒な時がある。でもあの若い体を手放すのは惜しい。。

玲は槙原の太ももに手を置くと私を選んでくれるなら絶対後悔させませんけどねと密着して耳打ちする。

 

第1話  ⇔  第3話

 

感想

社内に不倫はあるは、パワハラはうけるわ、、そりゃあ病んでしまいますよね、、。それにしても槙原ってげすですよね!!女の敵です!!ぎゃふんと言わせたいですよね!

リリも方言で話て何かと訳ありのようですが、、。ホストに行ったり何が目的なのかよくわかりませんがとにかくちやほやされたいのは間違いなさそうですよね!

タイトルとURLをコピーしました