葬偽人 第2話ネタバレ 雀の葬式に来た美女は誰?標的は愛衣理と河辺

スポンサーリンク
葬偽人
suu
suu

葬偽人 第2話のネタバレと感想です!

葬偽人は【まんが王国】 で独占配信中です!まんが王国でしか読むことができません!!

登録完全無料で、第一話は無料配信中です!!

【まんが王国】は圧倒的なポイント還元がダントツですごいんです!!!
└毎日最大50%ポイント還元!
└期間限定最大80%ポイント還元!など圧倒的なポイント還元でお得に漫画が読めるんです!!まとめ買いもお勧めですね!!

真面目で人のよい雀が、あるサイトに助けられ自分を追い込んだ愛衣理に何かを気付かせようとする姿を楽しんでください!愛衣理が意地悪いんですよね笑

更に今日1/11と1/12の二日間限定で簡単ワンクリックで20%オフクーポンも配られてます!!お得です!!ぜひこの機会にお試しください!

 

葬偽人は【まんが王国】でしか読めませんので是非お試しください!!

スポンサーリンク

葬偽人 第二話

 

雀の死に走る衝撃

 


半月後
雀の会社の社長が朝礼で、「えー大変残念なお知らせです。田乃中雀さんが亡くなりました。自殺だそうです」と言うと社員達はざわつき、愛衣理、京子、河辺はゾッとする。

な、何よ私のせいじゃないからね。
愛衣理は震える京子と河辺を睨む。

三人は会社の外に出ると、愛衣理は「そんな顔しないでよ京子」と言うと、警察手帳をもった刑事が「あのー、田乃中雀さんの事で少しお伺いしたいのですが」と3人を引き止める。

三人は喫茶店に入ると愛衣理は「何も気づかなかったって切り抜けたけど、、」と言うと、河辺は「まさか警察が来るなんて、、」とうつむく。
愛衣理は「あーまじ迷惑。変に疑われても怖いし葬式行くしかないかー」とネイルを見ながらボヤく。
二人はお前行かないつもりだったのか、、と内心思っている。

 

雀の葬儀当日



2日後 田乃中雀の葬儀当日

3人は棺の中の雀を見ると、パンパンに腫れ上がった顔を見て「うっ」「おぇ」と口を押さえる。
愛衣理は「顔パンパンすぎじゃん、怖すぎ」と言うと、京子は「どうやって自殺したんだろう、、」と青ざめる。

斎場の女性スタッフが「お式が始まるまでこちらにどうぞ」と河辺を案内すると、スタッフのスタイルの良さに河辺がニヤニヤジロジロ見ながらついていく。
愛衣理は「死体って初めて見たわ、、ムリだわ」

ムカつく!!とっとと会社辞めれば良かったのに!
汚い顔晒して死ぬとか嫌がらせにも程があるわ!
愛衣理が「香典も出したしもういいよね?」と言うと、斎場スタッフが「もうすぐ始まります」と二人を呼ぶ。

二人が葬式会場の室内から離れようとすると、ヒヤッとした冷気に包まれぞくっとする。
京子が「い、今一瞬冷気が、、」と言うと、愛衣理は「気のせいよ」と強がる。
京子は「ねぇ、戻ろうよ、途中で帰るなんてバチが当たるよ」と青ざめると、愛衣理は呆れ顔で前列しか空いていない空席に座る。

後列で社員達が「信じられない、河辺課長のパワハラが原因かな?京子さんも結構キツく当たってたよね?」「すごくいい子だったのにね、真面目で頑張り屋だった。見て見ぬふりしてた事すごく後悔してる。ごめんね田乃中さん」と涙ぐむ。

河辺もそんな声を聞きながら、隣に座る見知らぬ女性に気づく。


河辺が「君見ない顔だね」と言うと、女性は「今日から派遣で働くことになっていたのですが、皆さんここにいらっしゃると聞いて」と答える。
河辺が「あぁそう、聞いてなかったなぁ」と言うと、女性は「田乃中くんの後任かな?じゃ私の部下になるんだね?君可愛いね、今日からは私のそばに居てわからないことは何でも聞きなさい」と言うと、女性は「ありがとうございます」と答える。

その様子を愛衣理がチラッとみていた。
その時「うわぁぁぁぁぁああ」と泣き叫ぶ声が聞こえてくると、愛衣理の祖母が「孫のこんな姿見ていられない!!」と外に飛び出していく。
会場はざわつき「田乃中さんのおばあさん、、確か両親はいないって言ってたよね、、」と口々にする。

 

 

葬儀で起こる怪奇現象



青ざめる京子は、棺がガタガタ言い出し、ガタ!ゴッ!と音が聞こえてくると「ひ、ぎゃぁぁぁ!い、今棺が動いた!化け物が出てくる!」と愛衣理の肩を掴み取り乱すと、愛衣理は「何言ってんのよ京子、一旦外出て落ち着こう」と外に連れ出す。
スタッフが「大丈夫ですか?よろしければどうぞ」とお茶を運ぶと、愛衣理は「ありがとう。ほらこれ飲んで落ち着いて、もうこれ以上余計なこと言わないでよ」と釘を刺す。

部屋に戻ると河辺が「お葬式は初めて?疲れたら言いなさい。なんなら私にもたれてもいいよ?」と女性の背中に手をかけているのを見て、愛衣理は誰よあの女!とイラつく。

河辺がご焼香をすると、パチパチ、バチッと電気が走る。
河辺が?と思い、次に京子がご焼香するとまたもパチパチと電気が走る。
席についている社員達はざわつき「何この電気?人選んでない?」と言っている。
そして愛衣理がご焼香をすると、またもパチパチと音がする。
雀の遺影に目をやるとまるで愛衣理を睨みつけるかのような顔になっている。


愛衣理は「しゃ、写真あんなだっけ?睨んでるみたい」とよろけると、後ろの方から「祟りだ!!」と誰かが叫ぶ。

河辺は「誰だ!今祟りと言ったやつは!」と青ざめると雀を押し倒したことを思い出し足がガタガタ震える。
祖母が「あんたらのだれこがあんたらの誰かが孫に祟られるような事をしたんか!?ちゃんと調べてくんろ」と刑事の背広を掴むと、刑事は冷ややかに3人を睨む。

京子が「な、、何を調べるんだろ、、私お腹が、、もう無理」と走り去る。
祖母が「す、、雀、、雀、なしでこの子が、、」とよろよろと棺にもたれかかると、棺の扉をあけ「雀?雀、、どこさ行った?空っぽだ!!」と言うと会場は悲鳴に包まれる。

刑事が「みなさん落ち着いて、誰もここから出ないでください」と逃げ出そうとする社員達を足止めする。
京子はトイレのドアを「まだですか?」とノックすると、激痛の走るお腹を抱え「そうだ、向にコンビニがあったはず」と足を進めるが、お向かいのコンビニのトイレは故障中という張り紙に「嘘でしょ」と絶句する。
ああ、もう戻るしか、、とトイレに戻るも、あぁもうだめ、、と、ビチビチ、、とその場で漏らしてしまう。

用具入れに隠れて泣く京子は、無理こんな姿見られたら生きていけない。。
私雀におなじことしたんだ、、。と座り込む。

 

 

女性の正体は誰?



パニックを起こす河辺は「お、俺は帰るぞ!君も行こう!」と女性の手を引くと、愛衣理は「ちょっとあんた手ェ離しなさいよ!アタシの彼氏なのよ!河辺さんもなにデレデレしてるのよ!」と女性の肩を掴むと、河辺が「違うんだ愛衣理!」と言い訳しようとする。
河辺の妻が「誰の彼女ですって?」と言うと、河辺が「お、、お前!」と青ざめる。

河辺の妻は「やっぱりまだその女と続いていたのね!」と言うと、愛衣理が「奥様!」と青ざめる。
河辺の妻が「さっき田乃中雀さんと言う方から電話があって是非来てくれって言うから飛んできたの!」と言うと、河辺が「嘘だ!」と言う。
河辺の妻は「嘘つきはお前だろが!二人ともお父様にいってクビにしたろか!」というと、河辺の連れていた女性が「奥様の仰る通りです。私が電話しました」と突然言い出す。

愛衣理が「誰よ」と言うと、女性は「えっとあの、、私です。田乃中雀です」と眼鏡をかけてみせる。


「ええええええ!」と驚きの声が上がると、河辺は「死んでたよね?確か」と言うと、愛衣理はじっと雀を見て「騙しやがったな!雀のくせにこんな大掛かりな嘘ついて何がしたいんだよ!!黙ってないで説明しなさいよ!」と怒鳴りつける。

祭壇の前にたった雀は、「すみませんでした、会場に来てくださったみなさん。こんな事をした理由はきちんと後からお話します。でもみんなに嫌われてたわけじゃなかったと本当に嬉しいです。タダで済むとは思っていません。辞表は郵送しました。でも課長!ブスっていうのも可愛いって言うのもセクハラだと思います!」と涙ながらに訴えると、「そうだそうだ!嘘でよかった。あの遺体はどうしたの?」と社員達が話しかける。

愛衣理は「ふざけんなこのクソ女!みんなが許しても私はゆるさねぇぞ!この大嘘つき女!!」と雀の胸ぐらを掴む。

刑事が「おっと、大切な依頼人に乱暴はやめてください!彼女は嘘などついていませんよ。全て僕の書いた台本通り演じてくれていただけさ」と言うと、斎場スタッフが「心霊現象はすべて私の仕掛けです。ご安心を」と言うと、女性スタッフも「いかがでしたか?死体の脱出マジック。特殊メイク。そう騙していたのは私達よ」と雀を3人で囲う。

刑事に扮していたツカサが「そう、メインターゲットはお前だ日野愛衣理!」と指をさす。

 

第1話  ⇔  第3話

 

感想

雀がとりあえず生きていたことに安心派が多数で良かったです!!

愛衣理と河辺はどうみても反省のいろもなかったですし、どうにか思い知らせてやりたいですが、既に雀は生きているとカミングアウトしたのでどうやって復讐していくんでしょうか!?

 

【まんが王国】公式サイトで葬偽人を読む

タイトルとURLをコピーしました