真綿の檻ネタバレ全話結末までまとめ 榛花の夫一広や家族との関係は?

スポンサーリンク
真綿の檻



こちらのページでは真綿の檻の第一話から結末までをまとめています!
全6話完結となっており短いながらも味の深い話となっており話題沸騰中です!

真綿の檻を読むならコミックシーモアがおススメです!!無料会員登録で70%オフクーポンが必ずもらえどのサイトよりお得に楽しむことが出来ます!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

時代錯誤な夫婦生活を送る榛花。それを取り巻く家庭環境を描いたストーリーで六話完結です!奴隷生活とまで思われた榛花の生活ですが実は全く違っており、、。ぜひ本編もお楽しみください!!

真綿の檻をコミックシーモアで読む

 


あらすじ
古風な家で娘として親に尽くし、結婚すれば妻として夫に尽くす。「家」は女の牢獄なのかーー? 地味で、人に尽くしてばかりに見える榛花の、本当の人生とは…!?



一見時代錯誤な環境で育った榛花がまた同じような結末になってしまいそうな旦那を選んだのかと思うようなスタートを切るのですが、全然違うんですよね!榛花を慕い、心配しているように見えていた弟の聖司もとんでもないクズだったりしてですね、、。短い話で完結するのでどうなるかと思いましたが、読み終えるとすっきりし後味の良いお話でした!ぜひ本編もお楽しみください!

スポンサーリンク

真綿の檻ネタバレ

第十三・十四話あらすじ

不倫相手であった都農が突然示談金として100万を支払うと言いだしたことに祈里は困惑したが、都農に聞こうとしても怯えた様子で祈里のもとから逃げ去ってしまう。隆裕は東京に行く前謎の女性に祈里がもう会いたくないと言っていると言われていたと告げる。

第十三・十四話感想

第十一話・十二話あらすじ

隆裕はずっと祈里に連絡を取り続けていたし手紙も何回も出したと言うと、受け取っていないと言う祈里の携帯を確認し隆裕の番号が着信拒否設定されていることに気付くが、祈里には思い当たる節がなかった。

第十一話・十二話感想 

第九話・十話あらすじ

隆裕との関係に浮かれている祈里だが周囲はそれを良しとはしてくれず、ある日家の門に無数の二人の写真が張り出され嫌がらせを受けてしまう。父親は祈里が東京の大学に進学したいとう願いを頭ごなしに反対した。

第九話・十話感想

第七・八話あらすじ

24歳で社会人の榛花は同僚の男性が既婚者とは知らず付き合ってしまったため訴えたいと弁護士事務所を訪れると、そこで高校時代の元彼である隆裕と再会する。

第七・八話感想はこちら

第六話あらすじ

自分を慕い尽くしてくれた榛花を消してしまったのは自分だと涙を流す母。榛花は母のことが大好きだったし、教えてくれたことは純粋に感謝しているし、お母さんもこれからは自分の人生を生きればいいと言う。

第六話ネタバレはこちら

第五話あらすじ

嫁として義実家に仕えてきた母の泰枝はむかしから不器用で自分をいらだたせる榛花が苦手でよく手伝う娘に怒鳴り散らしてきた。何もしなかったが弟の聖司だけが自分の心の癒しの存在だった。

第五話ネタバレはこちら

第四話あらすじ

家族の想いとは裏腹に実は一広はとても榛花と協力して暮らしており誰より榛花のことを大切にしていた。聖司の前でいつもソファーに座ってうごかなかったのは聖司のある行動が原因だったのだ。

第四話ネタバレはこちら

第三話あらすじ

父が激高し、聖司も榛花に離婚するチャンスじゃんと言うが榛花は突然誰がこんな家に帰るかバーカと叫び皆を驚かせた。母も離婚すらできなくて可哀想というが、私はあなたと違って離婚できないのではなく離婚できてもしないだけ、必要がないからと言い切った。


第三話ネタバレはこちら

第二話あらすじ

榛花の母の泰枝が骨折すると聖司は自分は仕事で忙しいし嫁は他人だから、ねーちゃんが世話をしろと言いだす。決定しかけた時、一広は一か月間ボクの飯はどうするんですか?と言ってその場から榛花を連れ出そうとすると、父がそんな男とは離婚しろと叫んだ。

第二話ネタバレはこちら

第一話あらすじ

聖司が姉の榛花の家に遊びに行き、体調不良を訴える姉を聖司の妻が気遣うと、榛花の夫の一広は生理痛は病気じゃなく人の妻を病気扱いするなと言い山積みになった洗い物も体調がよくなってからやればいいと言う。


第一話ネタバレはこちら

タイトルとURLをコピーしました