結界師の一輪華第8話ネタバレ 朔の弟の望と華が対決し母親が華の能力を認める

スポンサーリンク
結界師の一輪華
suu
suu

結界師の一輪華第8話ネタバレと感想です!あらすじも含まれますのでネタバレしたくない方はご注意ください!

結界師の一輪華はコミックシーモアで独占配信中です!コミックシーモアでしか読めません!!初回無料会員登録で70%オフクーポンが必ずもらえます!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

家族に虐げられてきた華が突然次期当主の朔に見初められ運命がどう動きだす???是非本編もお楽しみください!

結界師の一輪華をコミックシーモアで読む

スポンサーリンク

結界師の一輪華第8話ネタバレ

 

夫婦の夜を迎える華と朔



並んで敷かれた二組の布団を見て華はなにこれと戸惑うが、朔は夫婦なんだから当たり前だと平然と答えた。
聞いていないとうろたえる華を朔が押し倒すと、葵が許さないぞエロじじいと口悪く朔の頭を蹴った。
更に雅も華の布団にどっさりと枕を敷き詰め朔を妨害した。

翌朝華は朔に抱きしめられた状態で目を覚ます。朔は華の頬にキスすると唇のほうがよかったかと笑った。
朔は寝ている間も結界を張り続け雅たちが入ってこれないようにしていたのだ。

雅たちが華の安否を確認すると、朔は椿に恋人がいるぞと言う。
朔の式神の椿は朝から葵に会えた喜びを爆発させた。

 

suu
suu

なんとも賑やかなご一行ですね笑

夫婦として初夜を迎えた朔と華ですが、偽装の契約夫婦であるためまさか同じ部屋で寝たりここまでしないといけないの??と言った感じですよね!!

朔は平然としていますが、寝ている間も結界を張り続けるなんてすごく力を使うことなので朔の能力の高さも分かりますし、そこまでして二人で居たいのだなという気持ちがかわいらしかったりします!

朔の弟の望が華に激怒

 

しばらく朔は家を留守にしていたが分家の人たちに華のことを理解するようにと言って回っていたようだ。
華が食事を一人で取っていたため、家族で食事しようと朝食に誘った。

雅は華を心配するが、たとえ他に家族ができても契約だし雅たちをないがしろにすることなんかないと諭したが、雅は一時的で終わればいいがとつぶやいた。

朔の華に対する思いやりは強いと思いませんか??とにかくどの分家も大反対だと思うので、、。

朔の使用人である十和が坊ちゃんと朔に声をかける。
朔が家族がいるのに一人で食事させて悪かったと言うと、華はいつも一人だったから慣れていると返答する。
母親は相変わらず華を無視し、突然朔の弟の望がなんでこの女がいるんだと華に激怒しながら部屋に入ってくる。

望は華と同じ黒曜学校の三年生の同級生であり華を落ちこぼれと罵った。
朔は華は花嫁で口の利き方に注意するよう母親と望に注意するが、望は尚も葉月のほうがふさわしかったと言う。

 

suu
suu

朔の家族はとにかく華が嫁になるなて大反対なわけなんですよね!しかも朔の弟が同級生とは初めて知りましたが、同級生だから万年成績の悪い華なんてと言いたくもなるでしょうね。しかしそれは偽りの姿なんだよなああ。能力のある朔なら気づくことができるのですが、朔の弟といえども華の力に気づかないということは望の力はあまり強くないんだろうなと推測します。兄弟といえど能力は違うものですよね。

朔の母親が華を認める

 


望は華の式神あずはをこんな蝶しか作れないくせにと言うと、華はあずはのことは朔はすぐ気づいたのにあなたは気づきもせず能力なんかないのだと言い切った。
華は朔に力がばれてもいいのよね?と確認すると、朔はいい機会であり暴れてこいと笑った。

望は式神で鷲の紅蓮を呼び出すと、最弱の虫の式神が勝てるわけないと言う。
華があずはにもう力を抑えなくていいと声をかけると、幻惑と声をかけあずはの発した光に紅蓮は目をくらませ倒れてしまう。

あずはは蝶の姿のままですが、めちゃ強!!さすがは華の式神ですよね!!

華は私の勝ちねと笑うが、口答えした望を力で吹き飛ばす。
朔の母は華の力に驚きながら、更に華が人型の式神を二人もつれているのに驚愕している。
母はなぜそのような強力な力を隠していたのかと言うと、華は言うのが面倒だったが朔がいたから言えたのだと言う。


朔の笑顔を見た母親はいつも無表情な朔が笑うなんてあなたが朔を変えたのねと言うと、十和にこれから奥様と言う言葉は華に使ってと言うのだった。
その夜望が悪かったという朔に、望は朔に比べると力が弱くできのいい兄と比べられて卑屈になるのだと理解を示した。
どうして人と比べるのかと言った華の背中が悲しそうに見え、朔は華を抱きしめた。

警察官たちが公園で惨殺された何匹もの犬の死骸を見ている。
誰の仕業かと頭を悩ませていたのだった。

 

suu
suu

とりあえずこの一軒で朔の母親は華の力を認めてくれたようですね!母親だからこそいつもの朔と違うのが分かるでしょうし、華を大切にしている朔の気持ちが分かるんでしょうね。やはり母は強しで朔の変化をしっかりと感じ取りいろいろ言ってみたものの華の能力を認め受け入れてくれたようです。やれやれ、、。

それにしても犬の死骸が痛々しくて、、。一体誰の仕業なのか??

第7話  ⇔  第9話

\ 初回無料会員登録で70%オフクーポンが必ずもらえる /

結界師の一輪華をコミックシーモアで読む

タイトルとURLをコピーしました