いつわりの愛契約婚の旦那さまは甘すぎる第17話感想 ドレスが派手と躊躇する

スポンサーリンク
いつわりの愛
suu
suu

いつわりの愛契約婚の旦那さまは甘すぎる第17話感想です!あらすじも含まれますのでネタバレしたくない方はご注意ください!

スポンサーリンク

いつわりの愛契約婚の旦那さまは甘すぎる第17話感想

理人がそろそろ大和建設のパーティーの準備を始めたいと切り出すと、大手ゼネコンであらゆる企業や取引先が参加する中で結婚を周知させたいと理人は考えており当初の契約でもパーティーの参加は絶対条件でした。

ついにパーティーが開かれるんですね!ここで自分は既婚者だと周りに知らせることによって面倒な見合いの話などを排除してしまいたいというのが理人の思惑でしたからね!

当日のドレスアップは姉としてほしいと言うと、明日ドレスを見に行こうと言われる。
しかもレンタルではなく購入する様で恐縮する遥菜に結婚式もできないせめてものお詫びだと言う。

お詫びといわれてもそもそも一年で離婚する二人に結婚式こそいらないですよね!それこそどんな感情で式を挙げていいのやらですからね。

こんな時の自分の事を考えてくれる理人の優しさに、理人の本当の妻になる人は幸せだろうと遥菜は思っていた。

ドレスに身を包んだ遥菜

翌日ドレスを見に来た遥菜たちはいわゆるVIPルームに通され値札のついていないドレスに気が引けていた。
一着試着した遥菜だが自分には派手すぎるとなかなか試着しつから出られず、背中の部分は大きく開いていた。

いかほどするんでしょうね、この買取ドレス、、。レンタルだってめちゃ高いですからね、、。

確かに遥菜のイメージにこの濃い感じの赤は浮かばないですよね!背中もざっくり空いてますから恋人でもない理人にいきなり見せるのは気が引けるし、大勢の前となったらより気が引けますよね!

理人はカーテンを開け遥菜の姿をじっと見つめると、自分にはもっと地味なものがという遥菜にこれを着けてみてくれないかとある物を取り出した。

何かを取りだそうとはしてますが、何なんでしょう?気になりますね!

感想

ついにお披露目パーティーが開かれるんですね!お披露目パーティといっても知っているのは本人たちだけですから、来場した人たちはかなりざわつくでしょうね。当然のことながら独身イケメンの御曹司と結婚すべく理人を狙っていた人達からは遥菜はかなりやっかまれるでしょうし。

それよりも気になるのが、遥菜に未練たらたらの清貴の反応と、人の物だから興味があったとしか思えないような反応だった香里たちですよね!この二人こそ遥菜と理人の結婚を一番快く思わないでしょうし、嫉妬に狂うでしょうね!当初はこの二人に見せつけてやりたいみたいなところがありましたが、今となってはこんな低次元なやつらどうでもいいとしか思えませんけど!それでもやっぱりぎゃふんという顔は見たいもんですね!

ドレスが派手だと躊躇している遥菜に理人は何を用意しているんでしょうね?手渡すものによってはかなり萌えポイントであること間違いなしです!そんなことをナチュラルにしているから、今後の展開でも遥菜はどんどん理人に惹かれていってしまいそうですよね!

第16話  ⇔  第18話

タイトルとURLをコピーしました