結界師の一輪華感想ネタバレ全話結末【最終回】までまとめ 華が朔の伴侶になる?

スポンサーリンク
結界師の一輪華



こちらの記事では『結界師の一輪華』の感想ネタバレを第一話から結末までまとめていきます!

結界師の一輪華はコミックシーモアで独占配信中です!コミックシーモアでしか読めません!!初回無料会員登録で70%オフクーポンが必ずもらえます!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

家族に虐げられてきた華が突然次期当主の朔に見初められ運命がどう動きだす???是非本編もお楽しみください!

結界師の一輪華をコミックシーモアで読む

 


作品内容
十八歳の一瀬華は、術者の分家に生まれたが、優秀な双子の姉と比べられ、虐げられてきた。
ある日突然、強大な力に目覚めるも、華は静かな暮らしを望み、力を隠していた。
だが本家の若き新当主・一ノ宮朔に見初められ、強引に結婚を迫られてしまう。                                                      引用元:コミックシーモア




華は術者の分家に生まれましたが、いつも成績優秀な双子の姉妹の葉月に比べられ両親から大切にされずに育ってきましたが、ある日突然力に目覚めもっと早く力に目覚めていたら自分も愛されたかもしれないと葛藤します。
しかしこれまでの関係性からしても家族との修復は難しく、いつか自立するまでその力を隠し通すことを決めたのでした。
同じ子供という立場であからさまに葉月が可愛がられてきたのは見ていてもなんだかなあと思わずにはいられませんが、華は前向きで明るく式神の葵と雅も華に忠誠心を持って過ごしてくれているので救いはたくさんあります!
しかも次期当主となる朔に見初められることによって、華の運命は大きく変わっていくのでその恋愛模様も楽しみです!

スポンサーリンク

結界師の一輪華感想ネタバレ

第八話あらすじ

華との結婚を反対して激怒する朔の弟の望。望は華の学校の同級生であり華より葉月のほうが有能なのにと葉月を馬鹿にした。華は力を出してもいいかと朔に確認すると、朔は笑って暴れてこいと言う。

第八話感想

第七話あらすじ

祝言の日を前に朔の母親は華を絶対に認めない姿勢を崩さないが、朔は華がこれからは女主人だと言い切った。祝言の日、葉月は悔しい気持ちを抑え周りに笑顔を絶やさない。その姿が華には滑稽に見えて仕方なかったのだった。

第七話感想

第六話あらすじ

朔が一瀬家を訪れると朔は華を一瀬家の嫁に迎えると言うと両親は混乱するが、荷物をまとめ華は家を出る。一ノ宮家に向かう車中、朔に結界を守ることだけに集中すればいいと言う華に朔が突然キスをした。

第六話感想

第五話あらすじ

華の前に毎日のように姿を現すと、朔は自分の嫁になれと言い続けるが華はなかなか首を縦には振らなかった。結界を守るためには男女ペアの巨大な力が必要であり、朔は華に伴侶になってほしいのだと説明し契約結婚をもちかける。

第五話感想

 

第四話あらすじ

当主交代により結界が一時的にゆるくなりそれを狙う妖魔が増えるため黒曜学園の生徒たちも妖魔たちとの戦闘に駆り出される。妖魔が現れパニックする生徒たちを守るべく華は仕方なく力を使おうとするが朔が現れ妖魔を討伐した。

第四話感想

第三話あらすじ

朔の襲名披露のため両親が用意した着物に着替えた華だが、葉月の着物と自分の着物では歴然とした差があり、両親はなんとか葉月が朔に見初められるよう必死で自分は引き立て役にされていることに気付いた。

第三話感想

第二話あらすじ

卒業後の進路を聞かれた華は術者とは関係ない生活を送りたいと言う。父親から一宮家の当主が長男の朔に変わるため襲名披露があり、華も参加するように強制される。

第二話感想

第一話あらすじ

昔日本が巨大な5大石柱によって守られていた頃、華はその5大勢力である術者の家に双子の姉妹として生まれた。しかし両親は優秀な華の双子の姉妹の葉月ばかりをかわいがり、華は虐げられて育ってきた。

第一話感想

タイトルとURLをコピーしました